土星の環に巨大UFO、地球直径の約4倍! NASA科学者が発見!

土星の環の中には、巨大なUFOが潜んでいる!」という、トンデモない話を聞いたことがありませんか?

そのUFOの大きさは最大で、地球の直径の約4倍!というのですから、さらに驚きです。普通に聞けば、あり得ない話なのですが、そもそも、なぜこのようなことが、言われているのでしょうか?

NASAの科学者が、土星の環に巨大UFOを発見!

この話は、都市伝説のような根拠のないウワサ話ではありません。アメリカの航空宇宙工学の科学者、ノーマン・バーグラン博士が正式に発表しています。

下の図はバーグラン博士(Norman Bergrun)が作成したものです。土星の環の中に、3機の巨大UFOが潜んでいる状況を説明しています。

土星の環に潜む3機の巨大UFOの図

描かれているのは葉巻型の母船UFOですが、最大のものは億単位の宇宙人が生活できるような超巨大宇宙ステーションなのです。

科学も最大限に進歩すると、ふるさとの母星を捨てて、宇宙空間を自由に移動できる生活を始めるようになるのでしょうか?

地球の直径の約4倍の巨大UFO

ノーマン・バーグラン博士(Norman Bergrun)

バーグラン博士(上写真)は、NASAの宇宙計画の科学探査チームで、惑星探査機からのデータを分析していた一流の科学者です。

博士は、1980年に土星を通過したボイジャー1号と2号から送られたきた写真をコンピュータで分析した結果、土星のリングの中に巨大なUFOが写っている!という、驚くべき発見をしたのです。

それは長さが5万kmもある金属製UFOでした。なんと地球の直径の約4倍の長さです!

ボイジャー1号と2号が撮影した巨大UFO

地球の直径の約4倍の巨大UFO

土星リング人工建造物説

土星リング人工建造物説を唱えるノーマン・バーグラン博士

バーグラン博士は1986年に、『Ring-makers of Saturn(土星リング人工建造物説)』という著書を発表しています。

それは、「リングのあちこちに地球の直径ないし、それ以上のとてつもないサイズの超巨大な葉巻型の物体が、停泊したり、発着したりしている」という、驚くべき内容でした。

ちなみにバーグラン博士の本は、Amazonで目を疑いたくなるような高額な値段が付けられています。一冊の本が、こんな値段になるんですね! 今ではなかなか手に入らない貴重な本になっています。

電磁力推進原理を使う巨大なEMV(宇宙船)

電磁力推進原理を使うEMVのイメージ

バーグラン博士は、この超巨大な宇宙船を「EMV(電磁力式輸送機)」と名づけ、高度に進化した電磁力推進原理を使って、広大な宇宙を自在に行き来している宇宙船の一種だろうと推測しています。

土星の環は、この巨大な宇宙船が人工的に作っているというのが博士の主張です。

ここまで聞くと、れっきとした科学者なのに、「何を血迷ったのか?」と疑いたくもなりますね。

しかしバーグラン博士は、実際にNASAの科学探査チームの一員であり、NASAの膨大なデータを自由に解析できる立場にあったことを考えると、全くのトンデモ話とも言えないのです。

ハッブル宇宙望遠鏡も巨大UFOを捉えていた?

トンデモ話でもないという根拠としては、別のデータも挙げられます。

1996年4月、ハッブル宇宙望遠鏡が土星リングの連続赤外線撮影を行ったところ、バーグラン博士が述べていた超巨大な宇宙船らしき物体が、リング沿いに移動している写真が捉えられていたのです。

連続して撮影された複数の画像に、物体が移動している様子が写っているため、少なくともノイズの可能性は除外できるでしょう。

博士が指摘しているように、かなりの巨大物体であることが分かります。

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた土星リングの巨大UFO

土星探査機カッシーニも巨大UFOを撮影していた?

さらに2007年の夏には、フランスの大衆新聞「ラクチュアリテ・インソリト」に驚くべき内容が発表されました。

紙面には、土星探査機カッシーニが撮影したという、3機の巨大な葉巻型UFOが掲載されています。

フランスの新聞に掲載された土星のUFO

フランスの新聞に掲載された土星の巨大宇宙船

NASAが、これらの写真をひた隠しにしているらしいのですが、この写真の存在については当のNASAが沈黙しており、UFO研究者の間でも真偽を巡って論争が続いています。

否定派の見解としては、「撮影の露出時間が長かったため、移動する巨大な岩塊(無名の衛星)が画面上で長く引き延ばされて写っただけだ」という意見もあります。

でも、私はそれはないと思います。巨大な岩塊程度の大きさならば、そもそも、ここまで大きくは写らないでしょう。

仮に、これがタイタンなどの大きな衛星であったとしても、衛星はリング沿いに回っていますから、このようにリングを横断するような動きはしないと考えられます。

この写真だけで、このような巨大物体が同時に3つも写っているという点も、衛星では説明が難しいと思います(実は、暗い背景の中にも、さらにUFOが写っているとも言われています)。

有り得るとすれば、加工された捏造写真ということになりますが、その点については、画像解析のプロの見解を聞いてみたいものです。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

土星の環に巨大UFO、地球直径の約4倍! NASA科学者が発見!
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。