南米版ネッシー、ナウエリート! アルゼンチンの元祖レイクモンスター

水棲UMAと言えばネッシーですが、実は南米アルゼンチンにも「ナウエリート(Nahuelito)」と呼ばれる巨大な未確認生物がいます。

日本では馴染みがありませんが、アルゼンチンでは古くから目撃されている有名なレイクモンスター(湖沼怪獣)です。

冒頭の動画は、そのナウエリートを撮影したものと言われています。何か巨大生物が水中でうごめいていることは確認できるのですが、本物のナウエリートでしょうか?

他にも、物議になった有名なナウエリートの写真などもご紹介します。

南米版ネッシー、ナウエリートとは?

ナウエリートは、南米版ネッシーとして紹介されることが多いUMAです。実際にナウエリートの姿は、ほぼネッシーと同じです。

しかし、ネッシーが有名になるよりも以前に、地元のアルゼンチンでは本格的に探査活動が行われています。実はナウエリートのほうが、元祖レイクモンスターなのです。

元祖レイクモンスター、ナウエリートの姿

ナウエリートのイメージ写真

ナウエリートのオブジェ

ナウエリートのイラスト

ナウエリートには長い首に小さな頭があり、背中にはコブ、足にはヒレ状のものがあると言われています。

体長は約5~40mと言われていますが、かなり幅広い数字ですね。

ちなみに、古代も含めて最大の生き物とされるシロナガスクジラでさえ、最大記録は34mですから、「湖に40mにもなる生き物がいるだろうか?」と突っ込みたくはなります。

紙幣にもなった人気の未確認生物

アルゼンチンの旧1ペソ紙幣には、湖面から首を突き出すナウエリートが印刷されています。未確認生物で紙幣になっているのは、このナウエリートだけではないでしょうか?

それだけアルゼンチンでは知名度が高いUMAであることが覗われますね。

旧1ペソ紙幣

ただ、その1ペソ紙幣の写真を見ると、湖は確認できるのですが、どこにナウエリートがいるのか不明です。分かる人は教えてください(笑)

ナウエリートの棲息地は、ナウエルウアピ湖

ナウエルウアピ湖

ナウエリートは、アルゼンチンのパタゴニア地方にあるナウエルウアピ湖に棲息していると言われています。

ナウエルウアピ湖は、チリとの国境に近いアンデス山中の湖です。調べてみると、面積は約550km2、湖面標高765m、最大水深454mとなっています。

ちなみに、ネッシーの棲息地ネス湖の面積は56.4km2ですから、ネス湖の10倍近くもある大きな湖です。

また、ネス湖の最大水深は約230mで、ネス湖もかなり深い湖なのですが、ナウエルウアピ湖はその倍近くの454mもあります。データを見ると、十分に巨大生物が棲める大きさの湖と言えます。

但し、これはネス湖にも言えることですが、「寒冷地にあるため、巨大生物が生きていけるだけの十分な餌を確保できるのだろうか?」という疑問もあり、ナウエリートの存在に懐疑的な意見もあります。

ナウエリートの過去の目撃報告

ナウエリートは、古くは現地で伝承されているマプチェ族の神話の中にも登場しているようです。

記録に残っている目撃報告としては、1910年に会社経営者のジョージ・ギャレット氏が、湖畔から数百メートル離れた湖面から顔を出している巨大生物を目撃したそうです。

体長は約5~7mあり、水面から首を2mほど出していたと言われています。

この話を信じたブエノスアイレス動物園長のクレメンテ・オネッリ博士が、プレシオサウルス生き残り説を発表しています。

博士は発表だけに留まらず、民間から寄付を集め、1922年にUMAハンターとしてナウエルウアピ湖に乗り込み、大規模なナウエリート探査まで実施しました。

この時の結果は出せなかったのですが、これが欧米に知れ渡って、ナウエリートが世界的に知られるきっかけになりました。ところが、1933年にネス湖のネッシーが注目を浴びて、一気に話題をさらわれてしまったようです。

世界的に有名なレイクモンスターとしては、実はナウエリートのほうが元祖であり、ネッシーはいわばスコットランド版ナウエリートなのですが、やはり英語圏のほうが世界的に広まりやすいのかもしれませんね。

次は、世界で論議されたナウエリートの写真を見てみましょう!

スポンサーリンク
タイガーアイ(虎目石)は、お金が貯まる石! 神の目で全てを見通す!

タイガーアイ(虎目石)のパワーストーンは、ズバリ、「お金が貯まる石」として有名です。ビジネスの運気を上げたい人や、会社の経営者、投資家が身に付けると、効…

シェアして頂けると嬉しいです!

南米版ネッシー、ナウエリート! アルゼンチンの元祖レイクモンスター
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。