UFO大編隊が出現したワシントン事件。核兵器を開発する人類への警告か?

米国ワシントンD.C.の連邦議会議事堂の上空に、UFOの大編隊が現れて大騒ぎになった事件があります。

これはワシントン事件と呼ばれており、アメリカの最重要エリアにUFOが現れて、戦闘機まで出動しているのですから、これは大事件です。

本やネットでも、よく紹介されているUFO事件なので、ご存知の人も多いでしょう。

但し、なぜワシントンD.C.の上空にUFOが現れたのか?については、あまり考察されていないように思います。

ワシントン事件は1952年という、今から65年も前に起きたUFO事件なのですが、今、改めて振り返ってみると、非常に興味深い事実が浮かび上がってきます。

UFO大編隊が出現したワシントン事件とは?

ワシントン事件

通常、UFOは姿を見せないようにしています。

ところが、このワシントン事件では、アメリカの中枢となる重要拠点の上空に、堂々とUFOの大編隊を組んで姿を現しているのです。

明らかに、「故意に姿を見せている」としか思えない不可解な行動を取っています。

宇宙人たちが、アメリカ政府および人類に対して、何かしらのメッセージを込めた行動ではないか?と思えて来るのですが、その意味を考えてみたいと思います。

(※ちなみに、冒頭の動画は、ちょっとUFOの動きが不自然なので、1952年の事件という時代を考えると、後から作られた再現映像かもしれません)

そもそもワシントン事件とは?

アメリカのUFO事件の中でも、ワシントン事件は広く知られていますが、どのような事件であったのか、以下にポイントを要約してみます。

突然、レーダーに怪光が現れた!

レーダーが検知したUFO

1952年7月19日の午後11時40分、ワシントン国際空港の航空管制センターのレーダースコープ上に突然、7つの怪光が出現します。

常識では、レーダーの中心域に、突如として飛行物体が現れることは考えられません。どこからともなく現れるのは幽霊くらいなものです。

このため、最初に発見した管制官は、機械の故障と考えました。

機械の故障ではなかった

レーダーを注視する管制官

現れた怪光のうち、2つはいきなり消滅し、残る5つは凄まじいスピードで飛び去ったかと思うと、再びレーダーの中心に現れるなどして、有り得ない動きをしています。

しかし、これは機械の故障ではありませんでした。ワシントン国際空港だけでなく、ワシントン郊外にあるアンドルーズ空軍基地のレーダーでも、同じ怪光が捉えられていたのです。

この時、基地要員のアンドリュース氏は、謎の怪光が現れた空域を見上げ、3つの何かが猛スピードで飛行している様子も目撃しています。

旅客機の機長と乗員も飛行物体を目撃

実は、謎の怪光が現れた空域の付近を、キャピタル航空の旅客機が飛んでいました。謎の怪光は、その旅客機を追いかけるような素振りも見せています。

機長のピアマン氏は、管制官からの報告を受け、危険回避のために進路を変更しています。

この時、ピアマン氏は、ライトを付けた謎の物体が飛んで行く姿を目撃しており、同じく、他の搭乗員や乗客も目撃しています。

F-94戦闘機が出撃

出撃する戦闘機

翌午前3時、米空軍は、F-94戦闘機を2機出撃させます。しかし、戦闘機が到着する前に、飛行物体は姿を消してしまいました。

午前5時30分に、F-94は捜索を打ち切ります。すると、再び怪光が出現しました。

謎の怪光は、戦闘機をあざ笑うかのように、追いかけると消えるというイタチごっこを幾度か繰り返した後、どこかへ飛び去ってしまいました。

時速1万1,700kmのスピード?

米空軍はこの事態を受けて、怪光の動きから、飛行物体の速度を割り出しています。

それによると、当初は時速200km前後で飛行していましたが、一瞬にして時速1万1,700kmまで加速しているというのです。

これは現在までに開発された戦闘機の最高速度(MiG-25の実測マッハ2.83:時速3,400km程度)も、軽く超えています。宇宙に打ち上げるロケットでもない限り、この速度は出せません。

ましてや、テレポーテーションするかのように突然現れたり、消えたりできる飛行物体など、地球上に存在していないことになっています。

翌朝にはアメリカ全土でUFO騒動に

ワシントン事件を伝える新聞記事

市民からの目撃通報もあり、翌朝にはマスコミに知られて、アメリカ全土を巻き込むUFO騒動となりました。

しかし、米空軍情報部は説明を拒否したため、情報の公開を巡って激しい論議が続いたとのことです。

政府としては、ダンマリを決め込むことで沈静化を狙ったのかもしれません。が、ワシントン事件はこれで終わりではなかったのです。

ワシントンDCの上空に、UFOが再来!

7月26日、ワシントンD.C.の上空に、再びUFOらしき怪光が現れます。

当時のトルーマン大統領は、自ら物理学者のアルバート・アインシュタイン博士に電話で助言を求めたというのですから、その慌て振りが分かるというものです。

トルーマン大統領は午前2時40分、またもやF-94戦闘機を出撃させます。

この時にも、謎の怪光はF-94戦闘機をあざ笑うかのような挑発行為を繰り返した後、レーダー上から完全に消えてしまいました。

F-94戦闘機のパイロットの一人、ウィリアム・パターソン中尉は、「突然、目も眩むほどの青白い光が輪となって機体を取り囲んだ」と、出撃した際の状況を述べています。

ワシントン事件は、特異なUFO事件

ワシントン事件

以上が、ワシントン事件の一連の騒動ですが、アメリカの中枢であるホワイトハウスや連邦議会議事堂の上空にUFO編隊が侵入し、実際にF-94戦闘機が出撃しています。

さらには、管制官やパイロットたちの証言にあるように、戦闘機を挑発するような行為を何度も繰り返したという点で、非常に特異なUFO事件です。

単に、UFOの大編隊が目撃された、というだけでは済まない事件なのです。

当時は冷戦の最中にあった

ワシントン事件は1952年に起きており、当時のアメリカは旧ソ連との冷戦の最中にありました。

アメリカ国民の多くは、UFOというよりも、「ソ連の新型戦闘機が攻めてきたのか?」という、もっと現実的な空の脅威として感じ取ったのではないでしょうか。

ソ連との衝突は、当時のアメリカ国民の最大の関心事でしょうから、謎の怪光を巡って、政府に情報開示を激しくせまったのも頷けますね。

では、その米政府は、どのような見解を発表したのでしょうか?

スポンサーリンク

Amazonプライムビデオ30日間無料

シェアして頂けると嬉しいです!

UFO大編隊が出現したワシントン事件。核兵器を開発する人類への警告か?
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。