天使のように空飛ぶ人間のUMA動画は、本物か? フェイクか?

白い羽を生やした天使のような人間が、大空を飛んでいます!
新種の未確認生物か?と思われる動画ですが、本物なのでしょうか?

なんと、天使のように羽を生やした人間が、雲を縫うようにして戯れながら空を飛んでいます!

これは2014年2月15日、ブラジルのロライマ州に現れたとされています。テレビでも驚異のUMA動画として放映されていたので、ご覧になられた方も多いと思います。

撮影者は、空を飛ぶ大きな二羽の鳥のようなものを空に発見し、カメラを回したとのことです。しかし、それは鳥ではなく、羽の生えた人間、まさに本物の天使のような姿をしていました。

二体は戯れるようにして、悠然と大空を舞っています。雲を縫うようにして飛んだ後、天空の彼方へと消え去りました。

天使が空を飛んでいるなんて、とてもロマンチックで荘厳な映像ですね! 慌ただしい日常を忘れさせてくれるようなシーンを見せてくれています。

スポンサーリンク

謎の天使の姿を、写真で確認してみましょう!

空を飛ぶ天使のような鳥人1

▲雲の切れ間から、羽を生やした謎の未確認生物(?)が出現します。

空を飛ぶ天使のような鳥人2

▲しかし、鳥ではありません。人間のように足が二本あります。

空を飛ぶ天使のような鳥人3

▲真っ白な羽を背中から生やし、体は裸体です。フライング・ヒューマノイドというよりも、西洋の絵画に描かれている天使そのものの姿です。

以上の説明は、テレビで放映されていたナレーションに基づいて書いていますが、ここまで読まれた方は、次の映像も併せてご覧ください。

果たして、空飛ぶ天使の正体は…?

もうお分かりだと思いますが、羽の生えた天使のような人間の正体は、CGによる合成ですね。私も調べているうちに分かりました。

作者まで辿り着けば判明することもありますが、複製された映像がインターネットで多く出回るうちに、「謎のUMA映像」となって広まってしまいます。

作者に悪意はなく、作品として発表しているのだとしても、あとでフェイクであったことが分かると、「やっぱり、こういう映像は、みんなインチキなんだ」という認識までもが、一緒に広まってしまいます。

ただ、最初のビデオは、本当に撮影したかのように日付やタイムラインまで入れてあります。悪意がなかったとも言えませんね…。

本物があれば、ニセモノが出回るのも世の常

テレビで放映されると、信憑性が高い映像なのだろうと思いがちですが、そうとも限りません。

現場のスタッフは、限られた人数と時間で番組を制作しています。映像が本物かどうかの検証までは、十分に出来ていないのが現状だと思います。

オカルトの映像は、限りなく信憑性が高くても「本物」だとは言い切れないので、良くても「正体不明」というのが最終結論になります。なので、完全にシロクロの判定ができないのは、無理もない話だとは思います。

また、番組によっては、映像さえ面白ければ、フェイク映像と知っていても放送している場合も多いように思います。

最後はこんなオチになってしまい、ちょっと残念な気持ちにさせてしまったかもしれません。

でも、本物の価値が高ければ高いほど、ニセモノが多く出回るのは世の常です。

ニセモノが見つかったからと言って、残りの全てもニセモノだとは言えませんね。オカルトを追究するならば、そのような認識を持って取り組む必要があるのだと思います。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

天使のように空飛ぶ人間のUMA動画は、本物か? フェイクか?
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。