フラットウッズ・モンスター(3メートルの宇宙人)の正体と、事件の真相!

フラットウッズ・モンスター(3メートルの宇宙人)

フラットウッズ・モンスター(通称:3メートルの宇宙人)という、怪物のような宇宙人をご存知でしょうか?

よくは知らなくとも、上の写真を一度は見たことがあると思います。昭和のオカルトブームの時代を過ごした子どもたちが、度肝を抜かれて、トラウマになったという驚愕の写真です。

実は、これは本物を撮影した写真ではなく、目撃証言をもとに再現したイラストをハメ込んだ写真なのですが、この奇怪極まる姿は、一度見ると目に焼き付いて離れませんね。

未だに正体は謎とされていますが、懐疑的な見解では、森に棲むメンフクロウを誤認した集団ヒステリーと言われています。

但し、集団ヒステリーで片付けてしまうのには無理がある、と考えている人たちも、少なくないのではないでしょうか?

この事件が起きてから、12017年9月12日で65周年を迎えました。現地ではイベントも催されているので、改めてこの事件を振り返ってみたいと思います。

フラットウッズ・モンスターの正体は、宇宙人のロボット、もしくは金属製のパワードスーツを着用した宇宙人ではないか?と個人的には考えていますが、その点についても考察してみます。

フラットウッズ・モンスター事件とは?

フラットウッズ・モンスター事件が起きたのは、1952年9月12日、米国ウエストバージニア州ブラクストン郡にある町、フラットウッズ(Flatwoods)です。

人口300人ほどの小さな町ですが、ここで起きた宇宙人遭遇事件が、全米をパニックに巻き込むほどの大事件となります。

実は、少しさかのぼった同年の7月19日から27日にかけても、有名なUFO事件がアメリカで起きています。

ワシントンD.C.上空にUFO編隊が出現し、戦闘機も出撃したという「ワシントンUFO乱舞事件」です。

そのすぐ後に、今度はフラットウッズで奇妙な事件が起きたので、当時のマスコミも大きく取り上げたのです。

普通ならば、田舎町で起きたヨタ話で終わったのかもしれませんが、1952年という年は、UFOや宇宙人の存在が広く認知され始めた重大な節目になっています。

では、フラットウッズ・モンスター事件の出来事を、以下、分かりやすくまとめてみます。

UFOや宇宙人なんて、自分には無関係の話だと思っていても、ある日突然、こんな奇怪な事件に巻き込まれてしまうこともあるのですね。

フラットウッズ・モンスター事件の概要

フラットウッズ事件で飛来するUFO

1952年9月12日の夕暮れの7時15分頃、フラットウッズの町で、6人の子どもたち(ニール・ナンレイ、ロニー・シェーバー、トミー・ハイヤー、エドワード・メイとフレッド・メイの兄妹)が、学校のフットボール場で遊んでいました。

すると、真っ赤に輝く平べったい発光体が飛んで来て、近所にあるベイリー・フィッシャー氏の農場の丘に着陸するのを目撃します。

子どもたちは、最初は飛行機か流れ星だと思いましたが、それは丘の上でいつまでも赤く光っています。

不思議に思い、メイ兄弟の母キャサリン・メイ夫人も呼んで、何が落ちたのかをみんなで確かめに行くことにしました。

霧の中に直径7~8メートルの物体

現場に向かう途中、同じく異様な光景を目撃していた美容師と、州兵隊員ユージン・レモン(当時17歳)らも加わり、総勢10人で現場の丘に登ることになります。

落下した現場に辿り着くと、そこには深い霧のようなものが立ちこめています。

霧の中には15メートルほど先に、直径7~8メートル、高さ2メートル程度の火の玉のようなものが、唸るような音を鳴らし、赤い光を点滅させています。

しかし、異様な光景は、それだけではありませんでした。

先頭を歩いていたニール・ナンレイ(当時14歳の少年)が、大きな樫の木の下にも、別の何かが潜んでいるのを発見したのです。

出た! 3メートルの宇宙人!

出現したフラットウッズ・モンスター

懐中電灯を向けると、そこには体長3メートルほどもある怪物のような宇宙人が潜んでいました。

その宇宙人は、赤い顔にオレンジ色の大きな瞳を光らせて、トランプのスペードのような形の透明ヘルメットを被っています。

体には、緑色をしたローブを着ており、そこから先端が鈎爪状になった細い腕が見えています。その姿は、まるで修道女のようだったと言います。

宇宙人が異臭ガスを噴射!

不気味なのは、その姿だけではありませんでした。宇宙人は、なんと宙にフワフワと浮遊したのです。

その場にいた者たちが恐怖で硬直していると、宇宙人が「シューッ」という怪音を発しました。

すると、たちまち辺りにはガスが立ちこめて、金属が焼けたような異臭が漂い始めました。

宇宙人は滑るようにして向かって来ます。一行は慌てて、一目散に丘を駆け下りて逃げ出しました。

もう一度、目撃場所に戻ってみると…

逃げ出した一行はメイ夫人の家に戻り、急いで地元紙ブラクストン・デモクラットの記者リー・スチュワートと、郡保安官のロバート・カーに電話をします。

先に駆け付けた記者のスチュワートは、少年たちが丘で何を見たのか、詳しい状況を聞き出します。

その後、夜遅くになって、一行の中で年長者であった州兵隊員レモンとともに、3メートルの宇宙人を見たという丘へ確認に向かいます。

行ってみると、そこには着陸したという光る物体も宇宙人の姿も、すでにありませんでした。しかし、スチュワートは、「胸の悪くなるような金属の臭いが、まだ立ち込めていた」と報じています。

スチュアートは、もう一度、明るくなった翌朝に現場の丘へ向かいました。その時には、UFOの着陸跡を発見したと報じましたが、後日、これは車の車輪の跡であったことが判明しています。

また、郡保安官のロバート・カーが、少し遅れて現場に駆け付けた時にも、辺り一帯を捜索しましたが、そこには何もなかったと報告しています。

しかし、この事件はこれで終わりにはなりませんでした。

フラットウッズ・モンスター事件のポイント

少年たちが描いたフラットウッズ・モンスターのイラスト

目撃した少年たちが描いたフラットウッズ・モンスターの当時のイラスト

よく紹介されているフラットウッズ・モンスター事件の概要(※書物によって細かな点で相違アリ)を紹介しましたが、以下に大筋のポイントを整理してみます。

何かが着陸したのは間違いない

まずは特徴的な点として、現場に向かった目撃者が10人という大人数であった点です。これは子ども含めての人数ですが、口裏を合わせて嘘を吐いているとは思えない人数です。

また、現場に向かう途中、赤く光る発光体を見て駆け付けたという別の人物が加わっています。

これが何を意味しているかというと、少年たちの他にも、赤く光る物体が丘に着陸したのを目撃している人物がいるということです。

さらに他の地元住民たちも、赤く光る物体を目撃していることが分かっています。

実は、メイ夫人が助けを求めて郡保安官に電話した時、保安官は留守だったのですが、先に他の目撃者から「飛行機が落ちたかもしれない」という電話が入ったため、その時には別の場所を捜索していたのです。

別々に複数の目撃者がいるため、実際に「何か」が飛来して着陸した(あるいは落下した)ことは間違いありませんね。

フラットウッズ・モンスターの目撃者たち

フラットウッズ・モンスター事件の目撃者である少年たちと、メイ兄弟の母キャサリン夫人

何かの見間違えでは片付けられない

一行は、赤く光る物体と、3メートルもある怪物のようなものを目撃しています。他にも、金属が焼けたような異臭がしたという証言もしています。

異臭については、後で現場を確認しに行ったスチュワートも、「胸の悪くなるような金属の臭いがした」と報告しています。

見ただけではなく、異臭がしたというのは大事なポイントですね。何かを見間違えただけ、というだけでは片付けられなくなるからです。

では、目撃された赤く光る物体と、怪物のようなものは何だったのでしょうか?

次ページでは、フラットウッズ・モンスターの正体について考察してみます。