準惑星ケレスの地表に、「謎の光」が発見される! 宇宙人の基地か?

NASAの探査機ドーンが準惑星ケレス撮影した画像に、「謎の光」が発見されています。
UFO愛好家の間では「宇宙人の基地か?」と話題になっていますが、今後の発表が待たれます。

これは2015年3月より、準惑星ケレスを周回する探査機ドーンが撮影した画像を元に作成された、ケレス表面の動画です。

ぐるぐると回るケレスの表面に、よく見ると、謎の光点を発見できます。
ぜひ確認しみてください!

スポンサーリンク

謎の光点を、写真で確認してみると…

ケレス表面の光

▲クレーターの中に見つかった光点

一番大きな光源は、約90kmもの広範囲に渡っているそうです。

個々の光源が集積しているものとなると、やはりUFOファンとしては、宇宙人の基地、もしくは地表に建造された都市が放っている光ではないか?と期待してしまいますね。
実際に、そのような話題で盛り上がっているようです。

その一方で、この光点の正体として考えられるものには、「氷や鉱物の塊による光の反射」や「火山活動」などの見方があります。

ただ、氷などの場合は、塵に覆われたり、昇華したりして徐々に消えてしまうので、比較的、新しいものでなければなりません。

NASAのジェット推進研究所によると、光は個々の光源が多く集まったものであり、「このような光の集積はケレス特有のもので、太陽系の他の場所では見られない」とのことです。

この謎の光は、ケレス表面の複数の場所に発見できます。その多くがクレーターの中に見られます。

写真の解像度が低いために、今のところ光の正体は解明されていませんが、NASAの発表によると、2015年8月上旬には、さらに近距離から再び撮影を試みるそうです。正体が何であれ、楽しみにして待ちたいですね。

そもそも、準惑星ケレスとは?

準惑星ケレス

ケレス(セレスとも呼ばれる)は、火星と木星の間にある小惑星帯の中で、一番大きいと言われている準惑星です。

準惑星とは、太陽の周囲を公転する惑星以外の天体のうち、「それ自身の重力によって、球形になれるだけの質量を有するもの」を指します。

ケレスの直径は約950kmあります。月の直径は3,474kmですから、月の1/3弱の大きさに相当します。太陽光によって温められていることから、ケレスには、ごくわずかな大気と霜が存在すると考えられています。

ちなみに1801年1月1日に、シチリア島にあるパレルモ天文台の台長ジュゼッペ・ピアッツィによって発見され、ローマ神話の女神ケレスから命名されています。

NASAのページはこちら
http://www.jpl.nasa.gov/video/details.php?id=1380

こちらの記事も併せてお読みください!
準惑星ケレスの最新映像! 「謎の光点」と「ピラミッド」の正体も解明された?

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

準惑星ケレスの地表に、「謎の光」が発見される! 宇宙人の基地か?
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。

『準惑星ケレスの地表に、「謎の光」が発見される! 宇宙人の基地か?』へのコメント

  1. […] ▲準惑星ケレス表面の「謎の光」の正体は、宇宙人の基地か!? こちらもあわせてお読みください。 ⇒ http://machiukezoo.biz/archives/1399 […]