英国ウィンダミア湖のボウネッシー! ネッシーのような怪物が出現

2014年9月11日の英ミラー紙の報道によると、英国ウィンダミア湖で、ネッシーのような生き物が写真が撮影されたとのことです。

写真家のエリー・ウィリアムズさん(24歳)は、湖畔に三脚を立ててカメラを設置し、自動で撮影していました。
撮影後、写真をチェックしている時に、ネッシーのような怪物が映っていることに気付いたそうです。

ウィンダミア湖のボウネッシーを捉えた写真か?

ウィンダミア湖ボウネッシー1

ウィンダミア湖ボウネッシー拡大

ボウネッシーは、細長い大蛇やシーサーペントのような細長い水獣であると想像されていますが、この写真では、首長竜タイプのネッシーに近い姿をしていますね。

ちなみに首長竜は、首の骨格の構造からして、このように垂直に首を立てることが出来ないのだそうです。この写真は、思い切り垂直ですね。背中のコブも、体とアンバランスな感じがします。

捏造と判定された有名なネッシーの写真(下)も、同じく垂直に首が立っています。今回のボウネッシーの写真に限って言うと、ネッシーの捏造写真に触発されたフェイク画像ではないかと思いますが、判断はお任せします。

外科医が撮影したとされるネッシーの捏造写真

ボウネッシーの目撃報告と写真

ボウネッシーの目撃は、2006年、湖に潜って泳いでいた水泳選手が、目の前を巨大な生き物が横切り、強い波を受けたと話したことから始まります。

ネス湖のネッシーに比べると、歴史は浅いですが、その後も10件以上の目撃例が報告されています。

2010年9月には、霊能者のディーン・メイナード率いる調査隊が、本格的に現地調査を行いました。この時には、湖底に20mを越す巨大な影が、ソナーで確認されたとのことです。

2007年、初めて撮影されたボウネッシー

2007年撮影ボウネッシー

2007年2月23日、初めて撮影されたウィンダミア湖のボウネッシーです。写真家のリンデン・アダムス氏が撮影しました。体長約15メートルと推測されています。

ボウネッシーの背中のコブの写真

2011年撮影ボウネッシー

2011年2月、ウィンダミア湖で撮影されたボウネッシーです。湖面をカヤックで遊んでいたトム・ピクルス氏とサラ・ハリントン氏が、コブ状の背中を有したボウネッシーの撮影に成功しています。

背中のコブが明確に映っており、シーサーペントのような細長い生き物であると推測されます。

ウィンダミア湖北側で撮影されたボウネッシー

2014年撮影ボウネッシー

2014年1月12日、ウィンダミア湖の北側で撮影されたボウネッシーです。

撮影者のマット・ベネフィールドさんは「ボウネッシーについての話はあまり知らなったが、写真を見た瞬間に、これかもしれないと思ったんだ」と述べています。

ウィダミア湖に巨大生物は棲めるのか?

ウィンダミア湖1

ウィンダミア湖2

ウィンダミア湖はネス湖と同じく、山間地帯にある細長い湖です。湖の雰囲気を見ると、ボウネッシーのような巨大生物が生息していても、不思議ではない感じはしますね。

ネス湖とウィンダミア湖の位置関係

ネス湖とウィンダミア湖の位置関係

ウィンダミア湖周辺の拡大地図

ウィンダミア湖の地図

ネス湖とウィンダミア湖の比較

    ウィンダミア湖

  • 表面積:14.73 km2
  • 最大の長さ:18.08 km
  • 最大の幅:1.49 km
  • 最大水深:66.76 m
    ネス湖

  • 表面積:56.4 km2
  • 最大の長さ:約35 km
  • 最大の幅:約2 km
  • 最大水深:226.96 m

ウィンダミア湖は、ネス湖を小さくしたような湖ですが、緯度はネス湖よりも下に位置しているので、その分、水温は暖かいのではないでしょうか?

また、小さいと言っても、イッシーが棲むと言われる池田湖(11km2)よりも、ウィンダミア湖(14.73km2)のほうが広いですから、巨大生物が棲めないことはないと思います。

ちなみに、ネス湖の最大水深226.96 mは、とても深いです。透明度も非常に悪いので、潜り込まれたら見つかりませんね。なかなかネッシーが探索できないのも頷けます。

ネッシー最新写真! ネス湖の未確認生物の正体と、有名な画像・映像
ネス湖のネッシーと言えば、知らない人はいないほど有名なUMA(未確認生物)です。1933年に初めてネッシーが撮影されて以来、現在も目撃情報が絶えません。...