殺人ミミズ、モンゴリアンデスワームの正体。実在するUMAか、ミミズトカゲの変種か?

モンゴリアンデスワーム(Mongolian Death Worm)は、ゴビ砂漠の地下に生息すると言われています。

果たして、モンゴリアンデスワームは、本当に実在するUMAなのでしょうか?

それとも、既存する生物の見間違えか、あるいはその変種や亜種なのでしょうか?

ゴビ砂漠のUMAモンゴリアンデスワームとは?

モンゴリアンデスワームは、ゴビ砂漠の周辺に生息すると言われています。

現地での目撃証言は多く残されているものの、存在は確認されておらず、その恐ろしい姿から「恐怖の巨大な殺人ミミズ」という伝説のUMAというイメージがあります。

しかし、2005年には、イギリスの科学者たちが研究チームを組んで調査に入っており、実在するUMAとして確定されたとまで言われています。

殺人ミミズとも呼ばれるモンゴリアンデスワームのイメージ

モンゴリアンデスワームのイメージ

なんと、猛毒の犠牲になった人間の頭蓋骨に、体を巻き付けています! まさに殺人ミミズのイメージです。

地中にいるので超巨大ミミズと考えられていますが、モンゴルの遊牧民や原住民たちの間では、牛の大腸のような姿に似ていることから、オルゴイコルコイ(腸虫)と呼ばれて恐れられています。

モンゴリアンデスワームの特徴

多くの目撃報告によると、モンゴリアンデスワームには以下のような特徴があります。

  • ゴビ砂漠の周辺に生息すると言われている。
  • 体長は50~150cm(最大で3.5m)。
  • 人間の腕くらいの太さがあり、赤や茶褐色の色をしている。
  • 目や鼻はなく、頭がどちらなのかも分からない。
  • 体の両端にスパイクのような突起を持ち、胴体に暗い斑点やしみがある。
  • 黄色い毒液を吐いて攻撃し、相手を死に至らしめる。
  • 発光していたという目撃談もある。
  • モンゴリアンデスワームは年間通じて、砂の中にいる方が圧倒的に多いが、6~7月の短い雨期の間に地上に出てくる。

モンゴリアンデスワームは実在の可能性が高いUMAか?

モンゴリアンデスワームは毒を吐くだけではなく、プラズマの電撃を与えたり、火炎を吐いたりするとも言われています。未確認生物と言うよりも、まるで怪獣のような扱いになっています。

さすがに火炎や電撃は、誇張された噂である可能性が高いと思いますが、砂漠の地下に、こんな巨大生物が生息していること自体が信じがたい話です。

最大で3.5mにもなると言われているわけですから、生きていくためには大量の獲物が必要と思われます。しかし、ほとんど砂の中に潜って生活しているわけですから、どのようにして餌を捕獲しているのでしょうか?

モンゴリアンデスワームの目撃例は非常に多い!

モンゴリアンデスワームは伝説の怪物のようなイメージが強いのですが、その一方で、目撃例は非常に多い!という点が注目されています。

現地では、これまでに数百人もの人々が、その毒によって殺されたとも言われているのです。

現地で聞き込み調査をすると、あまりにも目撃証言が多いので、実在の可能性が高いUMA(未確認生物)と考えられるようになったわけです。

モンゴリアンデスワームの死骸の写真?

モンゴリアンデスワームの死骸1

モンゴリアンデスワームの死骸2

モンゴリアンデスワームの死骸と思われる2枚の写真ですが、残念ながら詳細は不明です。人間の手と比較してみると、まだ幼体のようです。

印象としては、ウナギや蛇の死骸に細工をしたように見えなくもありませんが、果たして本物なのでしょうか?

こちらの死骸はフェイク写真と判明

モンゴリアンデスワームの死骸3

こちらも一時期、モンゴリアンデスワームの死骸として注目されました。

かなり期待させる写真なのですが、残念ながら現在ではフェイク(偽物)であることが判明しているようです。