実在するUMA? ゴビ砂漠の殺人ミミズ、モンゴリアンデスワームの正体は、ミミズトカゲの変種か?

モンゴリアンデスワーム(Mongolian Death Worm)は、ゴビ砂漠の地下に生息すると言われています。

果たして、モンゴリアンデスワームは、本当に実在するUMAなのでしょうか?

それとも、既存する生物の見間違えか、あるいはその変種や亜種なのでしょうか?

スポンサーリンク

ゴビ砂漠のUMAモンゴリアンデスワームとは?

モンゴリアンデスワームは、ゴビ砂漠の周辺に生息すると言われています。

現地での目撃証言は多く残されているものの、存在は確認されておらず、その恐ろしい姿から「恐怖の巨大な殺人ミミズ」という伝説のUMAというイメージがあります。

しかし、2005年には、イギリスの科学者たちが研究チームを組んで調査に入っており、実在するUMAとして確定されたとまで言われています。

殺人ミミズとも呼ばれるモンゴリアンデスワームのイメージ

モンゴリアンデスワームのイメージ

なんと、猛毒の犠牲になった人間の頭蓋骨に、体を巻き付けています! まさに殺人ミミズのイメージです。

地中にいるので超巨大ミミズと考えられていますが、モンゴルの遊牧民や原住民たちの間では、牛の大腸のような姿に似ていることから、オルゴイコルコイ(腸虫)と呼ばれて恐れられています。

モンゴリアンデスワームの特徴

多くの目撃報告によると、モンゴリアンデスワームには以下のような特徴があります。

  • ゴビ砂漠の周辺に生息すると言われている。
  • 体長は50~150cm(最大で3.5m)。
  • 人間の腕くらいの太さがあり、赤や茶褐色の色をしている。
  • 目や鼻はなく、頭がどちらなのかも分からない。
  • 体の両端にスパイクのような突起を持ち、胴体に暗い斑点やしみがある。
  • 黄色い毒液を吐いて攻撃し、相手を死に至らしめる。
  • 発光していたという目撃談もある。
  • モンゴリアンデスワームは年間通じて、砂の中にいる方が圧倒的に多いが、6~7月の短い雨期の間に地上に出てくる。

モンゴリアンデスワームは実在の可能性が高いUMAか?

モンゴリアンデスワームは毒を吐くだけではなく、プラズマの電撃を与えたり、火炎を吐いたりするとも言われています。未確認生物と言うよりも、まるで怪獣のような扱いになっています。

さすがに火炎や電撃は、誇張された噂である可能性が高いと思いますが、砂漠の地下に、こんな巨大生物が生息していること自体が信じがたい話です。

最大で3.5mにもなると言われているわけですから、生きていくためには大量の獲物が必要と思われます。しかし、ほとんど砂の中に潜って生活しているわけですから、どのようにして餌を捕獲しているのでしょうか?

モンゴリアンデスワームの目撃例は非常に多い!

モンゴリアンデスワームは伝説の怪物のようなイメージが強いのですが、その一方で、目撃例は非常に多い!という点が注目されています。

現地では、これまでに数百人もの人々が、その毒によって殺されたとも言われているのです。

現地で聞き込み調査をすると、あまりにも目撃証言が多いので、実在の可能性が高いUMA(未確認生物)と考えられるようになったわけです。

モンゴリアンデスワームの死骸の写真?

モンゴリアンデスワームの死骸1

モンゴリアンデスワームの死骸2

モンゴリアンデスワームの死骸と思われる2枚の写真ですが、残念ながら詳細は不明です。人間の手と比較してみると、まだ幼体のようです。

印象としては、ウナギや蛇の死骸に細工をしたように見えなくもありませんが、果たして本物なのでしょうか?

こちらの死骸はフェイク写真と判明

モンゴリアンデスワームの死骸3

こちらも一時期、モンゴリアンデスワームの死骸として注目されました。

かなり期待させる写真なのですが、残念ながら現在ではフェイク(偽物)であることが判明しているようです。

チェコの「デスワーム・ハンター」は、生涯に3回探検を実行!

モンゴリアンデスワームの存在は、ロシアの科学者たちの間では1800年代の初めから知られていました。また、アメリカの古生物学者アンドルーズ教授は、1926年に著書で取り上げています。

目撃例では、馬に乗って家畜を追う棒でモンゴリアンデスワームを突いたら、人間と馬の両方とも死んでしまったというほど、その毒性は強いと言われています。

1960年代には、1匹のモンゴリアンデスワームが、ラクダの群れ全体を殺すところを目撃したという報告例もあります。

チェコの「デスワーム・ハンター」イワン・マッケール氏

チェコの「デスワーム・ハンター」、イワン・マッケール

チェコの探検家イワン・マッケール氏(1942~2013年)は、「デスワーム・ハンター」とも呼ばれています。

伝説のモンゴリアンデスワームの正体を探るために、1990年、1992年、2004年、計3回の探検を行っています。
マッケール氏が探検した時の写真はこちら

マッケール氏は、モンゴリアンデスワームについて下記のレポートを残しているそうです。

ソーセージに似た虫で長さは50cm、厚さは男性の腕ほどで牛の腸に似ている。尾は短く断ち切られたようになっている。

その虫ははっきりとした目、鼻や口を持たないため、尾と頭を見分けることは難しい。

しかし、たぶんそれらの器官はもっているのだろう。色は血液やサラミのような濃い赤だ。

探検家の魂を揺さぶるモンゴリアンデスワーム

レポートを読むと、実際にマッケール氏はモンゴリアンデスワームを目撃したのでしょうか? それとも、現地人からの聞き込み調査のレポートでしょうか…?

恐らく発見までには至らなかったのだと思いますが、生涯に3回もの探検を実行するとは、モンゴリアンデスワームには探検家の魂を揺さぶる大きな魅力があるようです。

イワン・マッケール氏、モンゴリアンデスワームの探検時の写真

イワン・マッケール氏が、モンゴリアンデスワームを探検した際の写真です。動物の死骸が写っていますが、モンゴリアンデスワームに襲われて死んだのかどうかは定かではありません。

イギリスの研究チームも、モンゴリアンデスワームの調査に入る!

2005年には、イギリスの動物学者リチャード・フリーマン博士が、現地を調査しています。

研究チームによって本格的に調査が開始されたわけですから、実在するUMAの期待感が否応にも高まりますね。

フリーマン博士は、モンゴリアンデスワームの致死量に達するほどの猛毒は誇張された伝説と考えましたが、「モンゴリアンデスワームのような未確認生物が、実在しているのではないか?」と考えて調査を始めたわけです。

しかし、モンゴリアンデスワームの捕獲を試みたものの、現在に至っても今のところモンゴリアンデスームの捕獲例はなく、100%信頼の置ける映像や写真も存在していません。

だから、実在の可能性が高いと言われながらも、まだUMAの扱いなのですね。

モンゴリアンデスワームの正体は?

モンゴリアンデスワームは、実際に存在しているのだとしても、その生息地が広大なゴビ砂漠ということが捜索を困難にしているのだと思います。

さらに、年間を通じて砂の中に潜っているという生態を持っているため、発見は容易ではありません。

多くの目撃談から推測すると、モンゴリアンデスワームの正体としては、陸地に適応したデンキウナギの進化形、スナボアのような蛇、ミミズトカゲの変種などが考えられています。

モンゴリアンデスワームは、ミミズトカゲの変種か?

ミミズトカゲの写真

写真のミミズトカゲは、地中生活に適応して四肢が退化し、ミミズのような外観を持っています。

確かに、モンゴリアンデスワームに似ていますね! 体長は10~30cm以上で、70cmほどになるものもいるそうです。

モンゴリアンデスワームは、50~150cmと推測されていますが、ミミズトカゲも70cmにもなれば立派なモンゴリアンデスワームに見えます。

但し、ミミズトカゲは南アメリカ、フロリダ、南ヨーロッパ、北アフリカ、熱帯アフリカ、中東に生息し、ゴビ砂漠に生息しているというデータはありません

しかし、まだ発見されていないミミズトカゲの変種や亜種が、ゴビ砂漠にいる可能性はあります。

モンゴリアンデスワームが生息すると言われるゴビ砂漠

ゴビ砂漠の衛星写真

ゴビ砂漠は、中国の内モンゴル自治区からモンゴルにかけて広がっています。

東西約1600km、南北約970km、総面積は約130万km2で、世界で4番目の大きさを誇る砂漠です。

イギリスの研究チームによって、モンゴリアンデスワームの本格的な調査も行われましたが、さすがに生息する範囲がこれだけ広いと、探し切れるものではありませんね。

広いだけでなく、モンゴリアンデスワームが生息すると思われる地帯が、中国との国境沿いのために立ち入り禁止になっている箇所もあるらしく、さらに調査を困難にしています。

具体的な目撃報告が多いだけに、今後も調査の続行に期待したいものです。

新トレマーズ モンゴリアン・デス・ワームの巣窟

ちなみに、こちらは映画「新トレマーズ モンゴリアン・デス・ワームの巣窟(2010年公開)」予告の映像です。

長らく実在しているUMAと言われながら、なかなか発見されないモンゴリアンデスワームなのですが、この映画を観ればその鬱憤晴らしができそうですね!

日本最古のUMA・ツチノコの正体は、オオアオジタトカゲじゃない! ツチノコは遙か昔から目撃されている!
日本の未確認動物といえば、昔からツチノコ(つちのこ)が有名です。 最近になって、その正体が判明した!という話ですが、本当でしょうか? ...