生きている宇宙人のリアル映像! 旧ソ連 KGBが撮影

1942年、旧ソ連(現在のロシア)が初めて宇宙人と接触し、旧ソ連の諜報機関であるKGBが撮影したと言われる映像です。

有名なアメリカのロズウェル事件が1947年で、その時にアメリカが初めて宇宙人と接触したのならば、先にロシア(旧ソ連)のほうが、宇宙人と接触していたことになります。

撮影当時は、第二次世界大戦中であり、その後は米ソの冷戦時代に突入します。宇宙人からの最先端の軍事技術は、両国とも、喉から手が出るほど欲しかったに違いありません。

飛行しているUFOの映像から始まりますが、どうも墜落したようです。生きている宇宙人の映像は、1:30秒過ぎから始まります。

映像に映っている宇宙人は、グレイと呼ばれるタイプです。日本でも、一番馴染みのある宇宙人ですね。

生きているグレイが撮影され、なおかつ、信憑性のあるものは少ないので、古いものではありますが、貴重な映像ではないでしょうか?

宇宙人グレイの正体はアンドロイド! レプティリアンが手下に使っている!
宇宙人と言うと、上記の動画のような「グレイ」と呼ばれている宇宙人をイメージする人が多いと思います。 映画でもグレイタイプの宇宙人が多く登場しますし...