伝説のUMAナワル? チュパカブラ? 線路に謎の生物の死骸

つるりとした肌を持つ謎の生き物の死骸が、線路上で発見されている映像(閲覧注意)です。
メソアメリカ地域に伝わる伝説のUMAナワルではないかと、考えられているようですが…。

これは2013年9月、YouTubeに公開された謎の生き物の死骸の映像です。

場所はメキシコ中部ハリスコ州で、謎の生き物は列車に轢かれてしまったのか、線路上で胴体と手足が分断されています。

死骸には体毛がなく、つるりとしたピンク色の肌が剥き出しになっています。ぎょろりとした目玉があり、口からは鋭い牙が見えています。この謎の生き物の正体は何なのでしょうか…?

スポンサーリンク

写真で確認してみると…

伝説のナワル? チュパカブラ? 線路で発見された謎の生き物の死骸

▲サルのようにも、犬型の哺乳類のようにも見えますが、まるで両眼が昆虫のようですね。こんな生き物がいるのでしょうか?

映像に出てくる人間の靴と比べると、それほど体は大きくないようです。サルか小型犬くらいの体長に見えます。

▲線路上で分断された手足。指は四本のようです。

正体は、伝説のUMA「ナワル」か?

鋭い牙を持っていることから、南米やアメリカの各地で多く目撃されている吸血生物チュパカブラのようにも見えますが、この動画のタイトルでは伝説のUMA「ナワル」とされています。

伝説のUMAナワル

▲伝説上のUMAナワルのイメージ。手足の指が四本であることや、鋭い牙を持っているところが似ています。

ナワルとは、メソアメリカ地域において伝承される鳥獣に変身する能力を持つとされた妖術師や魔女(シャーマン)の変身後の姿なのだそうです。

ということは、妖術を持った人間が、変身した姿ということになりますね…。こうなると、UMA(未確認生物)とは、また違った分類になるのかもしれません。ただ、実際に死骸が発見されており、少なくとも人間ではない何かの生き物であることは確かです。

この映像のように体毛のない謎の生き物の死骸は、他にもよく発見されています。その度に、皮膚病に掛かった何らかの動物の可能性を指摘されることが多いですね。

しっかりと検証すれば正体が分かるかもしれませんが、その後、この死骸が科学的に検証されたのかどうかは不明です。

フェイク映像という可能性もあるのですが、その後、続報があるならば知りたいところです。

ナワルの画像まとめ映像

こちらも、伝説のUMAナワルと思われる画像をまとめた映像です。

これだけ発見されているとなると、実際に南米には、ナワルのようなUMAが存在していても不思議ではないように思えてきます。

ゴラム? UMA? マレーシアに謎の生物出現!!

▲こちらの映像も、併せてご覧ください。
ゴラム? UMA? マレーシアに謎の生物出現!!

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

伝説のUMAナワル? チュパカブラ? 線路に謎の生物の死骸
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。

『伝説のUMAナワル? チュパカブラ? 線路に謎の生物の死骸』へのコメント

  1. […] ▲こちらの動画も併せてご覧ください。 ⇒ 伝説のナワル? チュパカブラ? 線路で発見された謎の生き物の死骸 […]