尋問される宇宙人グレイ! エリア51の流出映像か?

これはアメリカのネバタ州にある「エリア51」から盗み出され、1997年に公開されたと言われる、いわくつきの流出映像です。

撮影された時期は、1996年と推定されており、宇宙人は、小型で細身、大きな黒い目が特長のグレイ(Grey)です。

エリア51で尋問される宇宙人グレイ

尋問される宇宙人グレイ

エリア51流出ビデオ、尋問される宇宙人グレイ1

映像では、机に置かれている医療機器が、点滅を繰り返しています。グレイは光に弱いのか、撮影しているのに部屋は薄暗くしており、最初から怪しげな空気が漂っています。

旧に具合が悪くなる宇宙人

エリア51流出ビデオ、尋問される宇宙人グレイ2

尋問の途中で、宇宙人グレイがひきつけを起こし、医師の手当てを受け始めます。

心筋梗塞を起こして死亡した?

エリア51流出ビデオ、尋問される宇宙人グレイ3

口から唾液(血液?)が垂れて、医師が拭き取っています。その後、この宇宙人は、気道の炎症を患って呼吸困難に陥り、心筋梗塞を起こして死亡したとも言われています。

ちなみに画面の左下に現れている「DNI」は、海軍情報部の頭文字だそうです。

エリア51から持ち出された流出映像?

エリア51から持ち出された流出映像と言われてはいますが、宇宙人の姿があまりにもリアルな映像ですね。

「尋問」という怪しげな状況で撮影されているため、「出来すぎ!」ということで、かえって捏造に見られてしまうかもしれません。

この手の映像は、テレビの番組用に作られた再現映像がネットに拡散されて、本物なのか再現映像なのか分からなくなってしまうこともあります。

見極めのポイントとしては、カメラアングルがあります。

この映像では、カメラが固定されたままでいる点が注目されます。テレビ用の再現映像の場合は、カメラアングルが不自然にコロコロと変わることが多いです。

だからと言って、この映像が本物である証拠にはなりませんが、エリア51内の宇宙人の存在は今さら驚くべき話ではないのかもしれません。

宇宙人グレイの正体はアンドロイド! レプティリアンが手下に使っている!
宇宙人と言うと、上記の動画のような「グレイ」と呼ばれている宇宙人をイメージする人が多いと思います。 映画でもグレイタイプの宇宙人が多く登場しますし...