UMAチュパカブラ(吸血生物)が、家畜と人間を襲う!

チュパカブラという未確認生物がいますが、世界的に有名なUMAではあっても日本では馴染みが薄いかもしれません。

出現場所が南米やアメリカが中心であり、家畜を襲う吸血生物というイメージからして、親近感が持てないという理由もあるのだと思います。

それに加えて、正体が今一つ分からないというモヤモヤ感もありますね。チュパカブラは本当に実在するUMAなのでしょうか?

スポンサーリンク

そもそもUMAチュパカブラとは?

家畜を襲うチュパカブラ

チュパカブラ(Chupacabra)とは、「ヤギの血を吸う」という意味です。

名前が示す通り、1995年にカリブ海のプエルトリコで、家畜が血を吸われて殺されている事件が報告されました。その後はアメリカや南米でも、同様の事件が多数発生しています。

現場では、写真のような奇怪な生き物が、しばしば目撃されており、吸血生物チュパカブラの存在が、恐れられるようになりました。

今までに地球上で確認されている生き物ではない

大きさは約1~1.8メートル程度で小型ですが、鋭い牙を持っていると言われます。家畜だけでなく、人間が襲われた事件も発生しています。

空を飛ぶという報告もされていて、その外見と行動を見る限り、少なくとも、今までに地球上で確認されている生き物ではありません

目撃例によって様々ですが、チュパカブラには、おもに下記のような特徴があります。

チュパカブラの特徴

チュパカブラ、目撃者のスケッチ

▲目撃者によるチュパカブラのスケッチ

  • 目撃場所:プエルトリコ、メキシコ、グアテマラ、チリ、ブラジル、アメリカなど。
  • 身長:約1~1.8メートル程度。二足歩行をし、直立する事が可能。6メートル以上も飛び跳ねた報告もある。但し、1990年代後半ごろからは、四足歩行をするイヌのようなタイプが増えている。
  • 特徴:鋭い爪と牙を持ち、卵形の頭部で、赤い大きな目をしている。背中にトゲ状のものがある。背中のトゲは色が変化するとの報告もある。
  • 行動:ヤギをはじめとする家畜や人間を襲う。30cmもの長い舌を持ち、血を吸い上げる。襲われた家畜の首周辺には、2~4箇所の穴が開いている
  • 正体:推測されている正体は、米軍による遺伝子組み換え生物、エイリアン・アニマル、皮膚病のコヨーテなど。
  • チュパカブラの正体は?

    チュパカブラのイメージ

    チュパカブラの正体については、様々な説がありますが、おもな説を考察してみたいと思います。

    アメリカが極秘に開発した生物兵器説

    チュパカブラの正体として、ネットでよく見られる見解が、アメリカが開発した生物兵器説(ミュータント)説です。

    軍事目的かどうかは置いておくとしても、チュパカブラは遺伝子組み換え生物の実験によって生まれたという説は有り得ます。

    但し、アメリカ単独で実験していると言うよりも、宇宙人たちとの共同実験ではないでしょうか? 個人的には、チュパカブラは爬虫類型エイリアンと人類のハイブリッドである可能性も高いと思います。

    目的は、人類と適合していけるかどうかの実験ではないかと思われます。実験室から逃げ出したチュパカブラが、家畜を襲う事件を起こしているのかもしれません。

    皮膚病で毛の抜けたコヨーテ説

    チュパカブラの死体?

    上記の写真は、2007年に米テキサス州で発見され、「チュパカブラの死体か?」と言われていたものです。

    しかし、ミシガン大学の動物学者バリー・オコーナー教授の解剖の結果、皮膚病で毛の抜けたコヨーテと断定しています。実際に死体で発見されるチュパカブラは、コヨーテと思われるものが多いのも事実です。

    但し、上記の写真は、目撃されているチュパカブラとは特徴が違い過ぎるため、この一件だけで、全てのチュパカブラの正体が特定されたわけではないと思います。

    エイリアン・アニマル説

    チュパカブラ

    チュパカブラカプラには、宇宙人が連れ込んだエイリアン・アニマル説もあります。ひらたく言えば、宇宙人のペットですね。

    家畜が襲われる事件が起きた現場では、UFOの目撃も多く報告されています。人間が猟犬を連れて狩りに出るように、宇宙人もペットのチュパカブラを連れて行くのかもしれません。

    実際には、宇宙人が生物調査のために家畜を殺し、チュパカブラのような得体の知れない生き物の仕業に見せかけている可能性もあります。

    チュパカブラに襲われた米俳優ジョニー・デップ

    UMA好きな米俳優、ジョニーデップ、チャーリーシーン

    アメリカの俳優には、UMAファンが多いようです。アメリカでは、スターの口から冗談で名前が出て来るほど、チュパカブラは有名なUMAなんですね。

    会見キャンセルの理由は、チュパカブラに襲われたせい?

    米俳優のジョニー・デップが、チュパカブラに襲われていたと、2015年1月29日のスポーツ報知が伝えています。

    体調不良を理由にキャンセルした主演映画「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」の会見で、「本当に昨日は申し訳ない」と謝罪。「風邪というか、インフルエンザ(の症状)が残って体調が悪くなりました」と説明。

    しかし、それは本当の理由ではないとして「朝、珍獣チュパカブラに襲われていたんです」と言い出したそうです。

    「何時間か戦ってみたけど、非常に残虐でねちっこいんです。スーツケースに入れて連れてきてしまったんだと思う。23階から投げ落としたからもう会うことはないと思います」

    映画の質問に答えた時も「私を信じないでください。でもチュパカブラだけは本当です」と何度もネタに。

    ネッシー探索に出掛けていたチャーリー・シーン

    ちなみに、米俳優ではチャーリー・シーンも、かなりのUMAファンのようです。

    2013年7月、ネッシーを探しに、プライベートでスコットランドのネス湖に出掛けています(成果はゼロ)。さらに翌年には、アラスカのカワウソ人間(カナダとアラスカの先住民に伝わる伝説のUMA)を探しに行くと述べています。

    今後もチュパカブラの続報に期待!

    今でも「チュパカブラの死体が発見された!」というニュースは、よく飛び込んで来ます。

    ただ、コヨーテなどの見間違えであったり、フェイクの映像や写真も多く、未だに決定的な証拠は見つかっていないのも事実です。

    これだけ目撃例が多いにも拘わらず、今も発見できないのは何故でしょうか?

    個人的には、それはエイリアン・アニマルの可能性が高いからだと思います。あるいは、小型の爬虫類型エイリアンそのものである可能性も考えられます。

    UFOに乗って移動してしまうので、家畜が襲われた現場をくまなく捜しても見つからないのです。また、米政府が絡んでいるならば、発見されてもすぐに隠蔽されてしまうでしょう。

    チュパカブラは世界的にも注目度の高いUMAなので、さらなる今後の続報に期待したいと思います。