月の空洞説は本当? 過去には天文学者が月の人工天体説を発表、実際に月には地下都市を作れる空洞があった!

月の内部は空洞になっているという話を、一度は聞いたことがあること思います。そして実際に、月には巨大な地下空洞が存在する可能性が出てきたのです!

当サイトでも地球空洞説を紹介していますが、こちらの月の空洞説は学会で発表されています。

人類にとって、月はもっとも馴染み深い星なのですが、実際には、月にはまだまだ多くの謎が残されていることが分かります。

スポンサーリンク

月の内部は空洞になっている?

月の空洞・人工天体のイメージ

月の内部が空洞になっているのではないか?と考えられるようになったのは、NASAのアポロ計画から始まります。

最初にアポロ12号(打ち上げは1969年11月14日)が、月着陸船が指令船に戻るとき、月面上空釣65キロから離陸装置を落下させて人工地震を起こし、その震動パターンを調査しました。

すると、設置していた地震計が、なんと55分間も継続する衝撃波を記録したのです。地球であったならば、約2分間の小微動で終わったであろうと考えられています。

しかも、その地震パターンが不可解なものでした。地球での地震の場合には、初期微動に始まり、ピークに達した後は急速に衰えていきます。

ところが月の地震では、小さな波動から次第に大きくなってピークを迎え、そのピークが長く続いた後に徐々に減少していったのです。

この調査データには、さすがに科学者たちも驚きました。ラモント調査研究所のモーリス・アウィング博士は、「誰かが教会の鐘つき堂で、一回鐘を鳴らしたら55分間も鳴り続けたようなものだ」と述べています。

このアポロ計画の調査によって、「月の内部は空洞なのか?」という疑惑が持ち上がったのです。

月の起源は、今も謎に包まれている

月の内部は、本当に空洞になっているのでしょうか?

その謎を検証するためには、月の起源についても触れなくてはなりません。実は、月の起源についても、未だに大きな謎として残されているのです。

月の起源については大きく分けて、下記の諸説があります。

月の起源① 親子説

地球の一部分が分裂して、月になったという説です。地球が親で、月が子どもの親子関係になります。
しかし、月面からは地球の年齢よりも遙かに古い石が採集されており、地球と月の構成物質にも、大きな違いがあることが判明しています。
地球から分裂したと考えるには違いがあり過ぎることから、現在では親子説は否定されています。

月の起源② 兄弟説

月も地球も、同じ時期に同じ場所で、原始塵雲が凝集して生まれたとする説です。この説では、地球と月は兄弟の関係になります。
しかしこの説にも、上記の「親子説」の否定材料が当てはまってしまうので、この兄弟説にも説得力はないと考えられています。

月の起源③ 他人説

宇宙から飛来した遊星が、地球の引力に捉えられて月になったとする説です。地球の魅力で惹き付けて、月を娶ったという夫婦説とも言えるかもしれません。
有力な説の一つではあったのですが、偶然的な要素があまりにも強いために、今では懐疑的が意見が多いようです。

月の起源④ ジャイアントインパクト説(巨大衝突説)

地球ができた時期に、他の惑星が衝突し、惑星と地球の破片から月が生まれたという説です。確かにこの説ならば、地球と月の構成物質に違いがあっても良いわけです。

ジャイアントインパクト説

ジャイアント・インパクトの想像画:NASA作成

現在ではジャイアントインパクト説が有力になっています。しかし、月の起源については、本当のところはまだ解明されていないのです。

月の人工天体説とは?

月の起源について、諸説をご紹介しましたが今のところ、どれも決定打にはなっていません。

そこで、1970年に旧ソ連の科学雑誌「スプートニク」に掲載された、もう一つの説もご紹介します。

それは「月の人工天体説」なのです。内容を読むと、根拠のない都市伝説のように思えてしまうかもしれません。

しかし、この説は著名な二人の天文学者ミハイル・ヴァシン氏と、アレクサンドル・シュシェルバコフ氏が発表している点に注目してください。

以下、その内容をご紹介します。

科学雑誌「スプートニク」に掲載された月の人工天体説

はるかな昔、「月」は我々が現在いる太陽系ではなく、どこか別の太陽系にある星だった。その「別の太陽系」とは、今我々がいる太陽系よりも、はるか昔に生成された太陽系である。

当時、その星(月)には非常に高度な文明を持つ生物が住んでいたが、ある時、彼らの太陽系に異常が生じ、壊滅の危機に瀕した。

そこで彼らは、星の内部をくり抜いて星全体を巨大な宇宙船に改造し、長い宇宙への旅に出た。

相当の年月、宇宙をさまよった結果、現在我々がいる太陽系に到達し、そのうちの地球を見つけ、地球の衛星としてこの場所に定住することにした。

その生命体は現在でも月に生存しており、月の内部に住んでいる。月の裏側にはUFOの発進基地があり、そこからたびたび地球に飛来してきている。

空洞になっている月の構造

彼らが住んでいる月の構造としては、月の内部を囲む殻が二重構造になっていて、外側の第一外郭と、その下には第二外郭が存在する。

第一外郭は天然の岩石で出来ており、厚さは平均で約4.8km、その下の第二外郭は人工的に作られた頑強な金属で、厚さは平均で約32kmもある。この第二外郭こそが船体に相当する部分となる。

そして中心核に当たる部分には、直径約3300kmの別の球体があり、異星人が住んでいるのはこの球体の表面部分である。

この球体と第二外郭までの距離は約43kmあり、これが空に相当する空間となる。

「かぐや」の調査でも、月の地下に層状構造があること判明

いかがでしょうか? 月の内部構造が、かなり具体的に説明されていますね。二人の天文学者の発表であり、全くの想像とは思えません。

ちなみに、月の大きさは地球の約4分の1、重さは地球の81分の1ほどです。大きさの比較に対して、なぜ月はこんなに軽くなるのかと、素人でも不思議に思います。

やはり月の内部には、巨大な空洞があるのではないか?と疑いたくもなりますね。

また、2007年9月に打ち上げられた日本の月周回衛星「かぐや」が、月の起源と進化の解明のための調査を行っています。

実は、このかぐやから送られてくる科学的なデータを分析してみると、月の表側と裏側で重力場に違いがあることや、月の地下構造に層状構造があることが分かったのです。

これはいったい何を意味しているのでしょうか…?

月の地下には巨大空洞があった!

月には地下都市を作れるほど、巨大な地下空洞が存在する可能性がある
出典:purdue.edu

2015年3月、アメリカのパデュー大学の研究チームが「月・惑星科学会議(LPSC)」という学会で、驚くべき内容を発表しています。

それは「月には地下都市を作れるほど、巨大な地下空洞が存在する可能性がある」というものです。

月には、大昔に溶岩が溶けて作られたであろう筋状の地形があり、月の内部には5キロメートル四方にも及ぶ巨大空洞がある可能性を示しているそうです。

これは、かぐやの調査で分かった「月の地下構造に層状構造がある」という内容と一致しているのではないでしょうか?

また、さらに言えば、その層状構造とは「月の人工天体説」で紹介した月の内部構造を指し示しているのかもしれません。

月の地下には、巨大な宇宙人の基地がある

月そのものが人工天体(巨大な宇宙船)というのは、さすがに私も信じがたい話ではあるのですが、月の地下には巨大な宇宙人の基地があるとは思っています。

もともと月の内部に存在していた巨大な空洞に、宇宙人たちが基地を建造し、利用している可能性はあるわけです。

アポロ計画の時から、まことしやかに囁かれていた月空洞説ですが、こうして科学的な裏付けも出てきたとなると、笑い飛ばすことはできませんね。

月の起源すらまだ分かっていないのですから、改めて検証してみる必要があるのではないでしょうか?

こちらも併せてお読みください!

地球空洞説を証明する驚愕映像! これが地底国アガルタの入口か? スノーデンは地底人の存在を暴露!
これは旧ソビエトの宇宙船ミール(1986年2月19日に打ち上げられ、2001年3月23日まで使われた宇宙ステーション)から撮影されたとされる「地球内部の...