ロシア開発のUFOタリオカ! 流出ビデオにエリツィン大統領の姿も!

地球製UFOと言えば、米軍TR-3Bが有名ですが、実は米国よりもロシアのほうが、UFOの開発は早かったと言われています。

この動画でも、見覚えのある人物が映っていますね? そうです。ロシアの初代大統領エリツィン氏です!

ロシアが国家プロジェクトとして、UFOを開発していた事実をご覧ください!

ロシアがUFO開発を行っていた事実

ロシア製UFOの写真

UFOの開発に関しては、すぐにナチス・ドイツやアメリカが思い浮かびますが、ロシアも決して後れを取っていたわけではありません。

ロシアは広大な国土を持っていますから、私たちが知らないだけで、UFOの墜落事件は頻繁に起きています。このため、ロシアも早い時期にUFOテクノロジーに接触しています。

UFOの回収は、米国よりもロシアのほうが早かった!

旧ソ連は1937年頃、ウラル山脈の中でUFOを発見し、初めてUFOを回収したと言われています。

アメリカのUFO回収事件で有名なのは、1947年7月に起きた「ロズウェル事件」です。

でも、実は1939年頃にも、米国は西海岸の沖合でUFOを回収し、今のエドワーズ空軍基地(当時のミューロック・ドライレイク空軍基地)に運び込んでいたと言われています。

これがアメリカがUFOテクノロジーに接した初めての事件と言われていますが、UFOの回収は、数年の差でロシア(旧ソ連)のほうが早かったようです。

ロシアに墜落したUFOは、20機以上!

その後、ロシアに墜落したUFOは、判明しているだけでも20機以上と言われています。その中には、ソ連の戦闘機が撃墜したUFOも含まれています。

米ソが冷戦の中にあった時代には、「UFOは米国の新型戦闘機か?」と疑われていたのですが、機体の残骸を分析してみると、以下の驚くべき事実が分かったのです。

  • 金属のようで、金属ではない極めて軽い物質で作られている。
  • 手で簡単に曲がるほど柔らかいのに、ドリルを使っても穴が開かない。
  • 地球上のいかなる航空燃料も使用されていない。
  • 材質の90%以上が、地球に存在しない物質で出来ている。

そこでソ連政府は「UFOスペシャルチーム」を置いて、各分野のスペシャリストや軍人を徴集し、UFOテクノロジーの研究を始めたのです。

ロシアにUFOが墜落したベレゾフスキー事件

ロシアにUFOが墜落したベレゾフスキー事件の写真

ロシア、UFO墜落事件! UFO回収と宇宙人解剖シーンが超リアル!
UFO墜落事件では、1947年に起きた米国のロズウェル事件が有名ですが、こちらはロシア版のレッド・ロズウェル事件とも呼ばれています。 1968年1...

こちらは1968年11月、旧ソ連で起きたUFO墜落事件「ベレゾフスキー事件」です。兵士が銃を構えて厳重に警備しながら、墜落したUFOを回収している様子が生々しく撮影されています。

ロシア製UFOの開発に着手!

ソ連での地球製UFOの開発が本格的に始まったのは、1970年代の初め頃と言われています。

そして1980年代になると、以下の具体的なテーマを掲げて、UFOの開発に取り組むようになりました。

  • 従来にないエネルギーを使用して飛行する。
  • レーダーに映らない。
  • 計量で高い強度を持つ金属を開発して機体に用いる。

ソ連は5つの工場を稼働させて、UFOの開発に取り組みました。それらの工場がある場所は秘密都市と呼ばれて、地図にも載っていないそうです。

スポンサーリンク
タイガーアイ(虎目石)は、お金が貯まる石! 神の目で全てを見通す!

タイガーアイ(虎目石)のパワーストーンは、ズバリ、「お金が貯まる石」として有名です。ビジネスの運気を上げたい人や、会社の経営者、投資家が身に付けると、効…

シェアして頂けると嬉しいです!

ロシア開発のUFOタリオカ! 流出ビデオにエリツィン大統領の姿も!
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。

『ロシア開発のUFOタリオカ! 流出ビデオにエリツィン大統領の姿も!』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/10/06(木) 18:41:18 ID:2ed000337 返信

    動画中の飛行映像(3:30付近)はただのピンぼけじゃないか
    瞬間的に移動しているように見えるのもぶつかったか何かでカメラの方が動いてるだけだよ
    証拠だとするならもっとちゃんと検証してからにして欲しいわ
    こんなレベルの低いことやってるからUFO肯定派全体が馬鹿にされるんだよ