角を持つ恐ろしい宇宙人の頭蓋骨! ナチス・ドイツが隠した遺物、正体は惑星ニビルのアヌンナキか?

ロシア・コーカサス山脈の山中の洞窟で発見されたエイリアンの頭蓋骨

こちらの頭蓋骨は今から2年ほど前、ロシアの科学者ウラジミール・メリコフ氏の探索チームが、コーカサス山脈のボリショイ・タク山中の洞窟で発見したものです。

見るからにして、エイリアンとしか思えない恐ろしい頭蓋骨です。今まで発見された宇宙人の頭蓋骨の中でも、ダントツのインパクトがあります!

スポンサーリンク

宇宙人の頭蓋骨としか思えない特徴

大きく窪んだ二つの眼孔や、奇怪な頭の形などを見ると、とても人間の頭蓋骨とは思えませんが、専門家はどのように見ているのでしょうか?

牙で血を吸う吸血エイリアン?

大きな目を持ち、口のない恐ろしいエイリアンの頭蓋骨

こちらは冒頭で紹介した頭蓋骨を、真正面からアップで撮影した写真です。ウラジミール・メリコフ氏は、頭蓋骨を指さしながら下記のように説明しています。

頭の下部にある、太い指ほど大きさのある、丸い穴を見てください。ここが背骨の付け根の位置関係から、この生物は二本足で移動していたことが分かります。

また奇妙なのは、頭蓋と顎が備わっていないことです。口には、いくつかの穴が円形に分布しています。眼窩は非常に大きく、それぞれ別の形状に成長した角をもっています。

しかし、顔面の骨はヒト科の動物のように平坦なのです。

顎が備わっていないということは、口がないということですね。 不思議ですが、写真を見ると、確かに口らしきものがありません。

吸血鬼のように、獲物の血液を牙で吸うような生き物なのでしょうか? 宇宙は広いので、吸血エイリアンが存在しているのかもしれません!

頭に生えている大きな2本の角

角を生やしているエイリアンの頭蓋骨

こちらは角の部分の写真です。こうして見ると、顔の大きさに対して、かなり大きな角を生やしていることが分かります。何かこのような動物が思い浮かぶでしょうか?

ヒツジやバッファローなど、頭部に角を持つ動物はいます。でも、この頭蓋骨のように平坦な顔はしていませんし、目もこんなに大きくはありません。

メリコフ氏の説明にあったように、この生き物が二本足で歩行していたとなると、やはり宇宙人の頭蓋骨としか思えなくなってきます。

宇宙人の頭蓋骨は、二つ発見されている!

ロシア・コーカサス山脈の山中で発見された2つのエイリアンの頭蓋骨

実は、頭蓋骨は二つ発見されています。やはり同じ宇宙人の頭蓋骨であると思われます。

若干異なる形をして見えるのは、個体差による違いか、あるいは性別の違いなのかもしれません。

土の中で変形してしまったヒツジの頭蓋骨?

この奇怪な頭蓋骨の写真を見た生物学者の中には、「ヒツジの頭蓋骨が長い間、水と砂に浸食され形を変えた可能性はある」という見解を述べている人もいます。

但し、「今までに存在が確認されていない生き物の頭蓋骨だが、あえて言うならば…」という程度の控えめな意見です。要するに、「よく分からない」と言っているに等しいのだと思います。

一つならまだしも、同じような頭蓋骨が二つ発見されているのですから、偶然に土の中で変形した可能性は、まず有り得ないですね。

エイリアンの頭蓋骨は、ナチス・ドイツが隠した遺物か?

悪魔的な匂いがぷんぷんと漂ってくるような頭蓋骨ですが、実際に洞窟の中で怪しげな儀式でも行っていたのでしょうか?

実は、このエイリアンの頭蓋骨は、ナチス・ドイツとの関連性も指摘されているのです。

頭蓋骨の近くで発見されたナチスのブリーフケース

ナチスの研究機関アーネンエルベの紋章が刻まれたブリーフケース

ルーン文字が刻まれているドイツ兵のブリーフケース

エイリアンと思われる頭蓋骨が発見された洞窟の近くの森で、なんと、ナチス・ドイツの遺物である謎のブリーフケースも発見されています。

ブリーフケースの蓋には、ナチスの研究機関アーネンエルベの紋章が刻まれています。

下の写真では、ゲルマン人がゲルマン諸語の表記に用いた古い文字「ルーン文字」も記されています。

年号が刻まれているドイツ兵の指輪

ドイツ兵の指輪

ブリーフケースの持ち主のものと思われる指輪です。持ち主はナチスのドイツ兵と思われますが、指輪には山岳帽を被った人物のレリーフと、1939、1941の年号が刻まれています。

他にも、1941年当時のアディゲ共和国一帯の詳細な地図が入っていました。ナチスのアーネンエルベが活動していた当時の遺物と考えられます。

ナチスの研究機関・アーネンエルベとは?

ドイツの秘密組織アーネンエルベ(Ahnenerbe)の紋章

アーネンエルベ(Ahnenerbe)は極秘の秘密組織とも言われていますが、実在した公的な研究機関です。

ナチス親衛隊の全国指導者であったハインリッヒ・ヒムラーが設立し、1939年には正式に親衛隊の下部組織となっています。

設立した目的は、先史時代や神話時代に、アーリア人が世界を支配していたことを証明し、アーリア人民族の優秀性を知らしめることにあります。

アーネンエルベは、コーカサス地方でも探索活動を行っているので、その山中にドイツ兵のブリーフケースが発見されても不思議ではありません。

ナチスは本気でオカルト分野の研究をしていたので、山中にひっそりと秘密の活動拠点を置いていた可能性はあります。

そこで大切に保管していたエイリアンの頭蓋骨を、敗戦を迎えるにあたり、洞窟の中に隠しておいたのでしょうか?

発見された頭蓋骨と、アーネンエルベを直接結び付ける証拠はまだ見つかっていません。しかし、頭蓋骨とドイツ兵のブリーフケースの発見場所が近いことから、偶然の一致とは思えないものがあります。

ナチス・ドイツの研究機関アーネンエルベの研究員たち

正体は惑星ニビルの宇宙人、アヌンナキの頭蓋骨か?

シュメール神話に登場するアヌンナキ

発見された頭蓋骨がエイリアンのものだとすると、どのような可能性が考えられるでしょうか?

アメリカの言語学、歴史学者であるゼカリア・シッチン(1922~2010年)によると、コーカサスに住むアゼルバイジャン人の起源は、惑星ニビルにいる宇宙人であると言います。

ニビル星はまだ確認されてはいませんが、太陽系の一番外側を大きな楕円軌道で回っている惑星で、3,600年周期で地球に近づくとされています。

その惑星に住む宇宙人の正体が、シュメール神話に登場するアヌンナキ(Anunnaki)なのです。アヌンナキには角が生えているとも伝えられているので、発見された頭蓋骨と一致しますね。

ナチスのアーネンエルベがアヌンナキの頭蓋骨を発見し、その後、洞窟に隠したという可能性は、十分に有り得るのではないでしょうか?

『角を持つ恐ろしい宇宙人の頭蓋骨! ナチス・ドイツが隠した遺物、正体は惑星ニビルのアヌンナキか?』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/10/27(木) 18:29:39 ID:0776735dc 返信

    なかなか興味深いです…が、この手の物証で最初にしなければならないことは「作り物・変種・亜種・奇形でないことの証明」だと思います。どうもオカルティストの方々はそこを蔑ろにしがちではないでしょうか?宇宙人やUMAの可能性を論じる前に大前提としてやっておかなければならない事をやらないせいで、発見者や研究者だけでなくこの分野全体が軽んじられ嘲笑の的にされてしまっている現状を心底嘆かわしく思います。

    • 名前:管理人 投稿日:2016/10/28(金) 06:32:21 ID:f63775859 返信

      科学でも、まず仮説ありきです。その上で、その分野の専門家の方々に積極的に参加してもらい、作り物・変種・亜種・奇形ではないことを、むしろ証明してほしいと思います。
      そのほうがスッキリします。でも、なかなか参加してもらえないというのが実状ではないでしょうか。
      嘲笑の的にする方々の多くは、実際にはそれほど関心があるわけではなく、自分で調べるわけでもありません。ただ悪気もなく「馬鹿らしい」と言っているだけなので、それはそれで良いのだと思います。
      UFOや宇宙人の存在が証明された時には、「あ、そうなんだ。やっぱり、いたんだね」となるだけですから(笑)