ネッシー最新写真! ネス湖の未確認生物の正体と、有名な画像・映像

ネス湖に巨大生物は棲めるのか?

ネス湖 Loch-ness

ネス湖は3~4億年前の地殻変動によって形成されたイギリス最大の淡水湖です。長さ35km、幅は約1.8kmの細長い湖であり、氷河によって削られて出来たと考えられています。

他の湖に比べて特筆される点は、ネス湖の平均水深は129mあり、最深部では230mもあることです。海であっても、水深200m以上の海域は深海と呼ばれていますから、これは湖としてはかなり深いです。

このネス湖の深さも、ネッシーのような巨大な未確認生物がいるかもしれないという想像を掻き立てるものがあります。

深い湖でも、巨大生物が棲めるわけではない理由

但し、湖が深ければ巨大生物が棲めるというわけではないというのも事実です。

なぜならば、湖の深部には太陽光が届かないため、植物性プランクトンの光合成ができずに酸欠状態になっているからです。

特にネス湖は、水に泥炭を含んでいるために透明度が低く、肉眼では3m程度の深さまでしか見えません。植物性プランクトンが少ないため、表層よりも下は酸欠状態になっている可能性があります。

また、ネス湖は不凍湖なので凍りませんが、スコットランド北部の高緯度にあるので平均水温は5.5度であり、最高水温でも12~13度にしかなりません。

これはネッシーの餌となる他の魚にとっても過酷な環境でしょう。実際に、ネス湖に生息している魚類の量は少ないそうです。

このため、現在分かっているネス湖の生態系の調査では、体長10m以上の巨大生物は棲めないという考えが主流になっています。

しかし、湖であっても他の条件が加わると、巨大生物も生息できる可能性は出てきます。

それは湖底が海と直接繋がっていたり、湖底から酸素を含んだ湧き水が噴出していたり、あるいは、酸素を湖底まで運ぶ対流が起きていたりする場合などです。

ネス湖に巨大なクレバスが発見される!

湖固有の環境によって、生態系は大きく変化します。2016年1月19日、イギリスの『The Telegraph』に興味深い記事が掲載されています。

それによると、ネス湖の湖底をソナー測定調査を行ったところ、約270mの深さに達する巨大なクレバス(深い割れ目)の存在が明らかになったそうです。

ネス湖の湖底に巨大なクレバス

従来までは最深部が230mとされていましたが、実際にはもっと深い場所が見つかったわけです。このクレバスがネス湖の生態系に、特別な影響を与えている可能性はないでしょうか?

魚が棲めないと言われていた湖でも、実際に調査してみると、魚が豊富に棲んでいたという例はあります。

いくら過去にソナーや水中カメラを使って湖全体を調査したと言っても、今回のように巨大なクレバスが、新たに発見されることもあるわけです。

広いネス湖の全てを調査し切れているわけではないので、ネッシーのような巨大生物は棲んでいないという結論を出すのは、まだ早いのだと思います。

何かしらの巨大生物が、ネス湖には存在する!

首長竜のようなネッシー像は、1930年代の捏造写真のイメージが、そのまま広まってしまった感があります。

実際にネス湖に棲んでいる巨大生物は、まだ確認されていないだけで、チョウザメやヨーロッパオオナマズなどの既知の生物かもしれません。

あるいは、その亜種や新種として、ネス湖で固有の生態系を持つ未確認生物になっている可能性もあります。

個人的には、圧倒的な目撃証言の多さからして、いわゆるネッシーの姿ではないにしても、ネス湖にはまだ確認されていない巨大生物がいる可能性があるのではないかと考えています。

世界の巨大生物UMA  動画まとめ。巨大クモ男からクラーケンまで!
【ロシアの巨大生物】 謎の巨大クモ男 ●体長:推定20メートル 「こんな生き物が現実にいてたまるか!」と叫びたくなるほど、まさにオカルトの裏世界...
スポンサーリンク
タイガーアイ(虎目石)は、お金が貯まる石! 神の目で全てを見通す!

タイガーアイ(虎目石)のパワーストーンは、ズバリ、「お金が貯まる石」として有名です。ビジネスの運気を上げたい人や、会社の経営者、投資家が身に付けると、効…

シェアして頂けると嬉しいです!

ネッシー最新写真! ネス湖の未確認生物の正体と、有名な画像・映像
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。

『ネッシー最新写真! ネス湖の未確認生物の正体と、有名な画像・映像』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/11/10(木) 16:47:02 ID:a49f6f6e6 返信

    今の時代はドローンがあるから目撃してからすぐに飛ばせればもう少し近くから撮影できそるんじゃないでしょうか。一眼レフカメラにしても凄まじい性能の望遠レンズもあることですし、ネッシーの正体は時間の問題のような気がしますね。

    • 名前:管理人 投稿日:2016/11/11(金) 01:02:12 ID:df22ff342 返信

      ドローンの活用は有効ですね。少なくとも、かつての石原慎太郎氏のように、電気ショックで捕獲する必要はないでしょう。