地下室のポルターガイスト映像! 警備会社の社長は「本物」と証言!

久し振りに心霊現象の動画をご紹介します。2017年2月初旬にブラジルで撮影されたという、ポルターガイスト現象のビデオです。

バン!バン!と鳴り続ける赤い扉が、いかにも不気味です。ブラジル南東部アラウカーリア近郊の「青少年総合ケアセンター(CAIC)」という建物の地下室で撮影されています。

本当にポルターガイストなのか?と、勇気ある警備員2名が確認に向かっています!

本物のポルターガイスト現象!

建物を警備している会社の社長Lineu Grenski氏が、この動画は本物であると認めたために公開したとのことです。

撮影時期、場所、証人となる人物が分かっているので、それなりに信憑性はありますね。ビデオを見れば、明らかに怪奇現象が起きていることも、一目で分かります。

地下の廊下で、けたたましく鳴り続ける扉

赤い扉が開くポルターガイスト現象

撮影場所は、建物の地下施設です。廊下の先にある赤い金属製の扉が、「バン! バン!」とけたたましい音を鳴らして、開いたり閉じたりを繰り返しています。

廊下に風が吹いている様子はないので、少なくとも風のイタズラではないでしょう。扉の動き方が、明らかに人為的(幽霊も含めて)に見えます。

蛍光灯も不気味に点滅を繰り返しており、もしもこんな場面に出くわしたならば、一目散に逃げ出すしかありませんね!

勇敢な警備員が、怪奇現象を確かめに行く!

警備員がポルターガイスト現象を確認しに行く

しかし、恐くても逃げ出すわけにはいかない人たちがいます。建物の警備員です。目の前で起きている怪奇現象を確かめようと、勇敢にも扉に向かっていきます。

警備員は二人で、一人が背後からスマホで撮影しています。交わす言葉も無く、ゆっくりと近づいていく様子に臨場感があります。

警備員が近づくと、扉の動きが止まった!

警備員が近づくと、ポルターガイスト現象が止まる

右側の赤合い扉が、問題の扉です。しかし、警備員が近づくと、急に力が抜けたように、パタリと動かなくなりました。

ほっとしたのも束の間、この後、急に蛍光灯が消えて闇になるという怪奇現象も起きています。

扉を開いて、中の様子を調べる

赤い扉を開く警備員

しかし、さすが警備員です。逃げ出すこともなく、冷静に扉を開いて、中の様子を調べ始めました。

扉の中に、人が入れるスペースはない

扉の中に人間が入り込めるスペースはない

扉を開けてみても、中に人が入れるスペースはありませんでした。では、何者が扉を開いたり、閉じたりしていたのでしょうか…?

警備員の右手には拳銃が…

拳銃を握りしめていた警備員

警備員の右手には、しっかりと拳銃が握りしめられていました。幽霊相手には無力でしょうが、ガチな感じが伝わってきますね。

この後、辺りも調べていますが、何も見つかりません。やはり、これはポルターガイスト現象だったのでしょうか?

スポンサーリンク

Amazonプライムビデオ30日間無料

シェアして頂けると嬉しいです!

地下室のポルターガイスト映像! 警備会社の社長は「本物」と証言!
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。