目を開く美少女ミイラ! 大聖堂に眠る300年前の少女の悲劇とは?

大聖堂に安置されている美少女のミイラが、パッチリと目を開く驚愕の映像です。観光客の男性が、偶然に撮影したと伝えられています。

日本のテレビ番組でも何度か紹介されているので、この映像を見た人も多いのではないでしょうか? ミイラが目を開くことなど有り得ない話ですが、実際にこのように映像に残されています。

実は、ミイラとなって安置されている300年前の少女には、ある悲劇が起きていました。何か訴えたいことがあったのでしょうか?

目を見開く美少女のミイラ

目を見開く美少女のミイラが撮影された場所は、メキシコのグアダラハラ大聖堂です。

ミイラは「サンタ・イノセンシア」(穢れを知らぬ聖なる人)と呼ばれて、300年もの間、ガラスケースの中で眠っているそうです。

眠っているかのような美少女のミイラ

グアダラハラ大聖堂、美少女のミイラ

純白のドレスに包まれた美少女のミイラです。まるで眠っているかのように安らかな顔をしています。ところが、撮影者が少女の顔にカメラを向けると、信じられない事が起こります。

美少女のミイラが目を見開いた!

目を見開いた美少女のミイラ

目を閉じていたはずなのに、目が見開いています。目を開いてから閉じるまで、わずか3秒ほどですが、錯覚や見間違えではありません。

まるで少女が生きているかのように、今にも話し掛けてきそうな表情をしています。

有り得ない衝撃的な映像ですが、撮影者の男性は、家族に指摘されるまで、ミイラが目を開けていることに気付かなかったそうです。

大聖堂に眠る300年前の少女の悲劇

映像の真偽は一旦置いて、そもそも、なぜ美少女のミイラが大聖堂に安置されているのでしょうか?

実は、諸説あるようですが、もっとも有名な話としては以下のように伝えられているそうです。以下、TOCANAの記事より要約してご紹介します。

命を賭して信仰を貫いた少女

グアダラハラ大聖堂
▲美少女のミイラが安置されているグアダラハラ大聖堂

今から300年ほど前、メキシコ人の少女が、キリスト教の儀式である聖体拝領のために、友人と教会に行こうと考えていましたが、父親に強く反対されていました。

しかし、少女の通っていた学校の尼僧から、教会に招かれた少女は、父親の反対を押し切り聖体拝領を終えてしまいました。

それを知った父親は激高し、なんと少女を刃物で刺してしまったそうです。近所の住人たちが様子を見に家へ入ると、少女は息絶える寸前でした。

そのまま少女は大聖堂に運ばれて、息を引き取ったとのことです。

大聖堂を訪れる人々に、今も希望を与え続ける少女

ガラスケースに安置される美少女ミイラ

神への信仰を、命を賭してまで守った少女は、聖人、聖少女として丁重に扱われ、遺体には防腐処理が施されたそうです。

その後の300年間、グアダラハラ大聖堂を訪れる人々に、勇気と希望を与え続けているそうです。

少女に起きた悲劇を知って映像を見直すと、何とも切ない気持ちになりますね。若くして死んでいるので、もっと生きたかっただろうと思います。

映像的にはホラーの扱いなのでしょうが、少女が目を見開いた瞬間を見ても、鳥肌が立つような不気味さは感じませんね。