宇宙人と人間の混血種!? メキシコで発見された謎の頭蓋骨

「スター・チャイルド」と呼ばれる謎の頭蓋骨。
宇宙人と人間のハーフではないか?と、憶測されていますが…。

これは1930年頃、メキシコ・チワワ州南西100km程にある小村で、十代の少女が、洞窟で発見した頭蓋骨です。

彼女は、この頭蓋骨を生涯に渡って保管していましたが、彼女の死後には、様々な人の手に渡りながら、現在に至ります。

そして1999年、この奇妙な骸骨を目にしたロイド・パイ氏は、この骨の正体を突き止めようと、研究を始めました。
その後に紆余曲折を経て、驚くような事実が判明していきます。

スター・チャイルド、宇宙人ハーフ(メキシコ)

▲左がスター・チャイルドと呼ばれる謎の頭蓋骨、右は人間の頭蓋骨
スター・チャイルドの目、鼻、口は中央に寄っており、特に鼻は、人間の鼻と異なる構造をしているように見えます。頭蓋骨からでも、明らかに通常の人間とは異なる顔つきであることが想像できますね。

骨の多孔質組織の中には、正体不明の謎の繊維が埋め込まれるようにして、900年以上にも渡り、維持されていたことが明らかになったのです。これは人間の骨では起こりえないとのことなのだそうです。
また、奇形の人間の頭蓋骨として考えても、前例が見当たらず、ましてや、人為的に加工したものでもないことが分かっています。

さらに、DNA鑑定による科学的な数々の検証も行われた結果、この頭蓋骨は、母親が人間で、父親は人間ではないという判定がされています。

興味深いのは、頭蓋骨が発見された地域に奇妙な伝説が残っていることです。
それは、天空から飛来した人型の生物が、村の女性たちを妊娠させて、生まれ育った子供たちを天に連れ帰った、という伝説です。

もしも、宇宙人たちの意図によって、人間と宇宙人のハーフを村の女性たちに生ませたのだとしたら…。それが、この頭蓋骨なのではないか?と憶測されます。

信じがたく、不気味な話ではありますが、科学的に研究しても不明で、研究者たちもこの頭蓋骨に首を傾げているのが現状なのです。

▲メキシコ・チワワ州
メキシコ北西部に位置し、国内で最大の面積を持つ州です。犬種の一種であるチワワの原産地として有名です。
南米はUFO多発国として知られていますが、宇宙人と思われるような頭蓋骨やミイラも数多く発見されており、やはり古代より宇宙人との交流があったのでしょうか?

月のミイラ・モナリザ、かぐや姫の謎! アポロ20号が月の裏側で、巨大宇宙船を調査していた!
NASAのアポロ計画は、人類が達成した大きな偉業ですが、非常に謎の多い計画です。 月の裏側で発見された謎の宇宙船、その船内で発見された謎の...
スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

宇宙人と人間の混血種!? メキシコで発見された謎の頭蓋骨
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。
スポンサーリンク

『宇宙人と人間の混血種!? メキシコで発見された謎の頭蓋骨』へのコメント

  1. […] ▲宇宙人と人間の混血種!? メキシコで発見された謎の頭蓋骨 こちらの映像もあわせてご覧ください。 ⇒ http://machiukezoo.biz/archives/158 […]