雲の上に、巨人の姿が見える! 高度9,000mの旅客機から撮影される!

これは2016年1月15日付の英紙「The Daily Mail」に掲載されて、話題となった写真です。
どこか広大な場所に、巨人が立っているような人影が写されていますが、
実は、ここは高度約9,000mの「雲の上」なのです。

スポンサーリンク

「雲の上の巨人」の撮影者のコメント

撮影者のニック・オドナヒューさん(30)は、オーストリアから母国アイルランドのコークへと帰る途中、旅客機の窓からこの不思議な光景を目撃しました。

以下、オドナヒューさんのコメントです。

スキー旅行から戻るフライトでのことでした。私は窓側の席に座っていて、隣には同僚が座っていました。
彼らはおしゃべりに夢中でしたが、私はもう、窓から目が離せなかった。
後ろの席の女性たちにも教えてあげましたが、みんなびっくりしていましたよ。(人影が確認できたのは)時間にして2分くらいです。

残念ながら、動画はないので、この巨人のような人影が動いていたのかどうかは不明です。
ただ、あまりにも不思議な光景に、目撃した全員が目を奪われたであろうことは、ありありと想像できますね。

問題の写真を拡大して見ると…

雲の上の巨人が旅客機から撮影される!

信じようと信じまいと、まさに「雲の上の巨人」としか思えないような姿が、はっきりと写されていますね。

ネットでは、「巨人ではないか」「映画『アイアン・ジャイアント』のロボットにそっくりだ」「いや、神だよ」と様々な意見が寄せられているようです。

常識で考えれば、何かの自然現象が、偶然にも巨人のように見えたという考えになるのだとは思います。

「工場から立ち上る煙の熱が、雲を押し上げているのではないか?」との指摘もあるようです。しかし、高度9,000mという条件を考えると、無理があるように思います。

そこだけが巨人のような形になるのも不自然ですし、また、巨人の影の輪郭がはっきりとしているので、本当に何かの物質の影に見えます。

撮影者のオドナヒューさんは、専門家に説明して欲しいと述べています。

さすがに私も巨人が雲の上を歩いていたとは思わないのですが、自然現象であるならば、どうしてこのような影ができるのか、きちんと解明してほしいと思います。

●こちらの動画も、ぜひ併せてご覧ください!
巨人の骨が、岩手・宮城内陸地震で発見されていた! 日本にもネフィリムが存在した?

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

雲の上に、巨人の姿が見える! 高度9,000mの旅客機から撮影される!
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。