月面に5,600m巨大タワー!過去にはシャードの塔、クリスタルタワーも撮影される!

これは月面に巨大な塔のような建造物が、グーグルムーンで発見されたとされる動画です。

高さは、なんと5,600mもあります。果たして、このような巨大な建造物が、本当に月面に存在しているのでしょうか?

実は、月面に塔のようなものが撮影されたのは、今回が初めてではありません。過去にも不可解な構造物が、NASAの写真に残されています。

自然の構造物とは思えないものが写っているので、順番に確認していきます!

謎の月面の塔を、グーグルムーンで確認してみると…

月面に高さ5,600mの巨大タワー

これはグーグルムーンで確認できる画像です。写真の中央に、円形の白いクレーターのようなものが確認できます。そこから巨大な塔のような建造物が、そそり立っているいるように見えます。

円形の白いクレーターに見えた部分は、実はクレーターではなく、塔の土台として白い石などを敷き詰めた人工物にも見えますね。

グーグルムーンで発見された巨大タワー

グーグルムーン座標22°27'28.22"S 45°58'51.44"W

実際にメジャーで測ってみると…

グーグルムーンのメジャーで大きさを測ってみると、塔の高さは約5,600m円形の白い土台に見える部分は直径約9,500mです。

現在、地球上で一番高い建造物は、ドバイのブルジュ・ハリファですが、それでも全高828mです。その約7倍近くもあります。何者かの手によって造られた建造物であるならば、かなり巨大ですね!

月の巨大タワーの土台の大きさ

月の巨大タワーの高さ

本当に「月面に建てられた塔」なのか?

ネットでの反応を見ると、「大きなクレーターの横に小さなクレーターがあるだけ」という意見もあります。塔のように見えるのは、隕石が衝突した跡だということです。

その証拠に、月の自転により太陽の角度が変わっても、「塔」のように見える隕石衝突の跡は全く角度が変わっていない(影が動いていないので立体的な構造物ではない)、という見解のようです。

でも、それは誤解です。映像の中で、月が自転しているように見えるのは、単純にグーグルムーンの機能で角度を変えているだけです。

同じ写真を、角度を変えて見ているだけなので、影に変化がないのは当然なのですね。

巨大UFOの着陸施設か?

UFO研究家のスコット・ウェアリング氏は、自身のサイト「UFO Sightings Daily」で、この謎の月面の塔を独自に分析し、下記の見解を発表しています。

スタートレックに登場する「U.S.S.ヴォイジャー」のような超巨大宇宙船が、地表に着陸することなく月にアクセスすることを可能とするためのもの。
ただ、現在は使われていないようだ。

ウェアリング氏のように「巨大UFOの着陸施設」という見方もありますが、塔の土台には、何か白く発光するものを敷き詰めているようにも見えます。

どことなく厳かな雰囲気があるので、ひょっとすると、宗教的な建造物なのかもしれません。全くの想像でしかありませんが、月面に超巨大な神殿があると考えるだけでも、月の神秘さが増してきますね。

過去にも撮影されていた月の巨大タワー

今回はグーグルムーンでの発見ですが、過去のNASAの月面の画像にも、明らかに巨大な構造物のようなものが写されているのでご紹介します。

月面の宇宙航空基地? 1,600mの巨塔「シャード」

これは1969年、ルナオービタⅢが撮影した謎の建造物です。「シャード」と呼ばれている有名な写真です。

NASAが画像を加工しているため、画質がひどくなっていますが、元の画像を見ると、宇宙航空基地のような建物だと言われています。

月面の1600mの巨塔「シャード」

実は、巨大な塔と考えられている構造物は、赤丸で囲った箇所に写っているものです。暗くて浮いたように見えていますが、コントラストを強めると、微かに塔の形が浮かび上がってきます。

コントラストを強めたシャードの画像

また、手前に写っている星のようなマークは、カメラの「十字マーク(方眼)」です。こんなものまで不明瞭に写っているのですから、NASAが意図的に、元画像をかなりぼやかして加工しているんでしょうね。

十字マークの下には、モアイ像のような構造物も確認できます。シャードと呼ばれていますが、石像なのか、あるいは宇宙人なのか、よく分かりません。NASAが持っている鮮明な元画像で確認したいものです。

月面のクリスタルタワー

こちらは月面のクリスタルタワーと呼ばれている写真です。なんと地上数十キロに達する超巨大建造物と言われています。

1994年、探査機クレメンタインが、撮影しています。こちらも、NASAがあからさまに画像を加工しており、肝心な箇所がぼやけているのが残念です。

月面のクリスタルタワー

月面のクリスタルタワーの拡大写真

クリスタルタワー画像:http://www.marsanomalyresearch.com/evidence-reports/2004/067/moon-towers.htm

アポロ20号が撮影した「月面の古代都市」

こちらはアポロ20号が撮影したと言われる月面の古代都市です。現在は廃墟になっているようですが、明らかに人工的な建造物であることは間違いありません。

もしもこの映像が本物であるならば、月面に知的生命体が存在していた証拠になりますね!

ただ、ここで大きな疑問が残ります。公式の発表では、アポロ計画は17号で終了したことになっているのです。では、なぜアポロ20号が撮影したと言われているのでしょうか?

興味のある方は、下記の関連記事も併せてご覧ください!

月面の古代都市の建造物と、巨大UFOの謎! アポロ20号の真実
これは月の裏側で撮影されたと言われる流線型の物体の写真です。 なんと、明らかに宇宙船としか思えない謎の物体が映し出されています! 月面のノアの方舟...
月のミイラ・モナリザ、かぐや姫の謎! アポロ20号が月の裏側で、巨大宇宙船を調査していた!
NASAのアポロ計画は、人類が達成した大きな偉業ですが、非常に謎の多い計画です。 月の裏側で発見された謎の宇宙船、その船内で発見された謎の...
スポンサーリンク
タイガーアイ(虎目石)は、お金が貯まる石! 神の目で全てを見通す!

タイガーアイ(虎目石)のパワーストーンは、ズバリ、「お金が貯まる石」として有名です。ビジネスの運気を上げたい人や、会社の経営者、投資家が身に付けると、効…

シェアして頂けると嬉しいです!

月面に5,600m巨大タワー!過去にはシャードの塔、クリスタルタワーも撮影される!
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。

『月面に5,600m巨大タワー!過去にはシャードの塔、クリスタルタワーも撮影される!』へのコメント

  1. 名前:うつぎれい 投稿日:2016/05/22(日) 02:07:02 ID:b6a998c5d 返信

    はじめまして。 うつぎれい と申します。
    月面のタンポポみたいな形の塔の話にひかれて飛び込みました。
    但しこの塔の土台のサークル、私も測りましたが、直径9キロもあるんですね。
    ポポカテペトルに出入りしてる長さ1キロの棒状UFOといい、宇宙人の作るものはスケールが大きい。

    もはやUFOや宇宙人が居るかどうかなんて馬鹿げた議論で、彼らが私たち人類よりもずっと前から太陽系にも地球にも月面にも住み着いてるのは間違いありません。
    おそらく私たち地球人の方が地球の新参者なのです。

    グーグルムーンに貼り付けられてる、かぐや撮影の月面写真「モスクワの海」には稼働中の宇宙人施設らしき無数の構造物や直角をなす光体・光点が溢れかえっています。

    私はそうしたモノの集積してる場所を253枚のスクリーンショット画像にして公開してます。奇妙な並びの光り輝く構造物が数千ヶ所も見付かりますので、月面にETも拠点が多数あるのは間違いありません。

    詳しくはこちらにどうぞ。
    http://ameblo.jp/utzsugi-rei/entry-12053583646.html

  2. 名前:管理人 投稿日:2016/05/23(月) 20:28:08 ID:da2118e55 返信

    情報ありがとうございます。月の裏側にはUFO基地があると言われてきましたが、写真を見ると、怪しいと光体・光点が溢れかえっていますね!
    モスクワの海の周辺は特に怪しいと言われていますが、これはもう疑いようはないと思います。信じない人はどこまでも信じないと思いますが、そんな人も信じざるを得ない状況が、近々やって来るかもしれません。

  3. 名前:うつぎれい 投稿日:2016/07/17(日) 17:29:18 ID:ef2e63895 返信

    ご回答をありがとうございました。

    「信じない人はどこまでも信じないと思いますが、そんな人も信じざるを得ない状況が、近々やって来るかもしれません。」

    ・・・というよりは、このグーグルムーンでの かぐや 画像の公開や、噴火中のポポカテペトルの火口に入って行ったり出て行ったりしてる長さ1000メートルものUFOが火口観測カメラに撮影されて公開されたり、それとピッタリ符合する ( 本物の機密暴露者であるスノーデン氏の暴露証言 ) 上部マントルに棲む地底人が米政府やCIAの最大懸念になってるとの内部情報暴露や、スティーブン・グリア博士らのディスクロージャー・プロジェクト証言の数々によって、既に論理的にはもうそのような状況になってるというのに、それらが最早「否定不可能な決定的な証拠であるということ」に世の中 ( 特にマスコミや政府 ) がちゃんと気付こうとしないで、真相に背を向けて無視し続けてるだけの状態だと思いますよ?

    これらの証拠を使って、既に分かってる人たちのみんなが「真相はもうハッキリしてる! 疑う余地はない!」、と私のようにやってしまえば、実際に誰も反論出来ませんもの。 ( 私はメアドを公開してますが ) これらを公表して以来、私に反論して来たり圧力を掛けて来たり、した人は誰も居ません。
    ただ一寸気味が悪いのは、この件についてはあの学研の「 ムー 」にしてからが、一切取り合おうとせず、取り上げる気配すらなく、私のことをシャットアウトして来たことです。 こうした情報への週刊現代やポストやフライデー、そして新聞各紙や各テレビ局の反応がそうなのは、まあいつもの事ですが、「 ムー 」までが取り上げようとしないのは一寸不気味ですよねぇ?

    ところで、数ヶ月前に「ティコクレーター」のかぐや画像がグーグルムーンに貼られたので、その全体を精査した結果をブログ http://ameblo.jp/utzsugi-rei/entry-12176347979.html で簡単に公開しました。

    より詳しくはこちらのページ http://www.geocities.jp/netreal_bookbox/utzugi/OpenLetters_015.htm に精査した3400画面分のスライドを全公開してます。

    凄いのは、其処で見付かった矩形構造物の多くが月面の東西南北ピッタリに4辺を向けて建てられてることと、実はそれらが月面基地どころか「月面都市」の集積である・・・と分かった事です。 そして何も無さそうに見える平板な月面部分も、その元々のかぐや画像の異常に低くされてるコントラストを、自動レベル調整で試みに補正してみると、そのほぼ全体がビッシリと無数の構造物で覆い尽くされてる・・・と判明したことです。 詳しくは上のページでご覧下さい。

    ご来訪をお待ちしております。