プロジェクト・セルポは、人類と宇宙人イーブの交換留学。惑星セルポに旅立った12名の米軍人!

ロズウェル事件は有名ですが、墜落したUFOと宇宙人たちの死骸が回収された、という話までしか知らない人が多いと思います。

実は、墜落したUFOには、一体の宇宙人が生き残っていました。そして後年、その宇宙人の住む惑星に米軍人チームが向かったという、驚くべき計画が実行されているのです。

それは、「プロジェクト・セルポ」と呼ばれています。惑星セルポに旅立ったメンバーたちが、帰還後に報告しているレポートが興味深いです!

地球人も、宇宙人の住む惑星に行っている!

ロズウェル事件をきっかけとして、地球人が宇宙人の住む惑星に行ったと聞いても、すぐには信じられない人も多いと思います。

そもそも、どうしてそのようなプロジェクトが実施されることになったのでしょうか?

ロズウェル事件とは?

ロズウェル事件で墜落したUFOは観測気球であったと説明する米軍人

ロズウェル事件は1947年7月、米国ニューメキシコ州で起きました。ロズウェル近郊の牧場地帯に、2機のUFOが相次いで墜落したと言われる有名なUFO事件です。

米軍はプレスリリースでUFO墜落を発表しました。しかし、その数時間後には「観測用の気球だった」と、早々に前言を撤回してしまいます。

ロズウェル事件に関しては、「ハハ、もう解決済みだよ。あれはソ連の原爆実験を監視する秘密作戦に使われていた気球なんだ。だから情報を隠したんだよ」と、したり顔で笑い飛ばす人もいます。

でも、そういう人たちを見て、本当にほくそ笑んでいるのは米政府かもしれません。政府筋の発表を、そのまま鵜呑みにはできない情報も数多く存在しているのです。

生き残った宇宙人イーブ1号

ロズウェル事件で生き残った宇宙人イーブ(イーバ)

ここではロズウェル事件の真偽を探るのが目的ではないので、話を先に進めます。

ロズウェル事件では宇宙人の死体が回収されましたが、実は、生き残った宇宙人が一体いました。その宇宙人は通称イーブ1号(EBE1号)、またはイーバと呼ばれており、米軍に保護されています。

生き残ったイーブと事故死した仲間たちの遺体は、ニューメキシコ州のロスアラモス研究所へと移送されました。

その後、試行錯誤をした末、イーブとの意思疎通ができるようになります。

イーブ1号は人間に好意的だったようで、故郷の星の情報や、墜落したUFOで見つかった様々な機器の使い方まで教えてくれたそうです。

「プロジェクト・セルポ」とは?

人類を迎えに来たエイリアンたち

しかし残念ながら、生き残ったイーブ1号は、1952年に死亡します。そこで職員たちは、イーブ人が残した通信機器を使って、彼の故郷の星に通信を試みました。

そして米政府の秘密組織MJ-12(マジェスティック・トゥエルブ)が中心となり、1965年頃、「プロジェクト・セルポ」が実行されることになります。

これは地球人12名が、イーブ1号の母星であるゼータ・レティキュライ(Zeta Reticuli)座連星系の「惑星セルポ」に向かうという、驚愕のプロジェクトです。

これが事実ならば、「宇宙人は地球に来ているのか?」の話どころではなく、地球人も、宇宙人の住む惑星に行っている!ということになります。

プロジェクト・セルポは、米軍人と宇宙人の交換留学と言われているのです。

米国政府の元職員が情報をリーク

プロジェクト・セルポは、米国政府の元職員(アメリカ国防情報局出身と言われている)が、情報をリークしたものです。

元職員は匿名希望(リクエスト・アノニマス)の名前で、UFO関係のメーリングリストに、「プロジェクト・セルポ」の極秘情報を、十数通ものメールで送りました。

ロズウェル事件の当時、彼は現場を直接知ることのできる立場にいたらしく、事件についての正確な経緯を知っていることが、他の人の証言の裏付けで分かっています。

当事者たちでなければ分からないことを、彼は知っているのです。情報をリークした元職員自身も、生き残ったイーブと直接接触しています。

実は、彼こそがプロジェクト・セルボの計画に携わっていた人物だったのです。

元職員はすでに退職していますが、プロジェクト・セルポに関する3,000ページにも及ぶ文章と、さらにそれらを補足する膨大な資料を持っているそうです。

地球人とイーブ人の交換留学を実行!

プロジェクト・セルポで旅立つ地球人

プロジェクト・セルポでは、慎重に選ばれた米軍人が惑星セルポへと旅立つことになります。

これは月面着陸どころではない人類の記念すべき壮大な宇宙旅行であり、太陽系をも越えた初の惑星間交流になります!

惑星セルポに旅立った12名の米軍人

イーブとの通信が成功し、1964年4月には、ニューメキシコ州アラモゴードの近くに、惑星セルポから宇宙船に乗ったイーブたちがやって来ました

そして1965年、米政府とイーブたちは、お互いの交流計画を立てます。それが前述した「プロジェクト・セルポ」です。

プロジェクトの実施に当たっては、さまざまな分野のエキスパートである12名の米軍人(男性10名、女性2名)が厳選されています。

優秀な人材で、任務に適した資質を持ち、さらに家族や配偶者、子どもがいてはならず、人選は困難を極めたようです。ようやく選ばれたメンバーは秘密保持のため、軍歴を全て抹消しています。

米ネバタ州のミサイル試験場の北部に降り立った宇宙船に乗って、12名の米軍人はイーブとともに惑星セルポへと向かい、1名のイーブが地球に残りました

旅立った12名は、惑星セルポに10年間滞在して、地球に帰還する計画でした。

惑星セルポに旅立ったその後は?

12名は、実際には1978年まで惑星セルポに滞在することになります。当初の計画よりも、3年ほど延長になったようです。

惑星セルポの一日は、地球の時間で約43時間なのだそうです。しかも驚くことに、彼らには時間という概念がありませんでした(イーブ人は時計すら持っていなかった)。

長らく滞在しているうちに、メンバーが持参した時計も動かなくなりました。やがて地球時間での経過時間が分からなくなってしまい、そのために計画の期間がずれてしまったようです。

結果として、地球に帰還したのは、7名の男性と1名の女性だけでした。帰還しなかった4名のうち、2名は惑星セルポで死亡しました。そして2名は、惑星セルポに留まることを希望したのです。

軍人がミッションを放棄して、しかも生まれ育った懐かしい地球に帰らないとは、よほどの決断だったのでしょうが、惑星セルポの文明や人々に大きな魅力を感じたのだと伝えられています。

帰還した8名は、すでに死亡しているが…

ちなみに、地球に帰還したメンバーは現在、全員が死亡しています。最後の生存者は、2002年まで生きていたそうです。

1965年の計画実施とはいえ、まだ一人くらい生きていたも良さそうに思いますが、地球環境とは大きく異なる惑星セルポでの生活は、心身への負担が大きかったようです。

惑星セルポは日射量が多く、滞在中に浴びた放射線が原因と言われています。

但し、情報がリークされた2005年の時点で、惑星セルポに留まった2名はまだ生存している可能性も指摘されています。

伝えられているところによると、1988年ころまでは留まった2名との通信は続けられていたそうです。今もあちらで生きているのでしょうか?

次はいよいよ惑星セルポでの生活です!

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

プロジェクト・セルポは、人類と宇宙人イーブの交換留学。惑星セルポに旅立った12名の米軍人!
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。

『プロジェクト・セルポは、人類と宇宙人イーブの交換留学。惑星セルポに旅立った12名の米軍人!』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/10/20(木) 13:42:14 ID:6c52e38b2 返信

    オレも他の惑星に行ってみたい。
    それと超光速航行とかUFOの飛行原理とかエネルギー源とかあっちの星の科学を教わりたいわ。
    いっそ拐ってくれと思ってしまう。

    • 名前:管理人 投稿日:2016/10/20(木) 16:27:26 ID:587a27d2f 返信

      地球を超えて発想できること自体、素晴らしいですね。きっとそういう人にしか誘いが来ません(=^・^=)

  2. 名前:匿名 投稿日:2016/10/24(月) 14:36:53 ID:400a3f0b1 返信

    その星のバクテリアに順応できたんでしょうかね?
    その逆も然り。
    例えば水虫菌がその星の生態系に多大な悪影響をもたらすことも
    ありえる訳で。
    大気中にも細菌、真菌、ウイルスが漂っているわけですからね。

    • 名前:管理人 投稿日:2016/10/24(月) 18:33:57 ID:77110322f 返信

      映画の『宇宙戦争』は、バクテリアで宇宙人が全滅するというオチでしたね。科学力には優れていても自然の力には勝てないというメッセージが込められているのかもしれませんが。
      プロジェクト・セルポでは、その点についての情報はないのですが、どうだったのか興味深いですね。