惑星セルポに旅立った12名の米軍人! プロジェクト・セルポは、人類と宇宙人イーブの交換留学だった!

ロズウェル事件は有名ですが、墜落したUFOと宇宙人たちの死骸が回収された、という話までしか知らない人が多いと思います。

実は、墜落したUFOには、一体の宇宙人が生き残っていました。そして後年、その宇宙人の住む惑星に米軍人チームが向かったという、驚くべき計画が実行されているのです。

それは、「プロジェクト・セルポ」と呼ばれています。惑星セルポに旅立ったメンバーたちが、帰還後に報告しているレポートが興味深いです!

スポンサーリンク

地球人も、宇宙人の住む惑星に行っている!

ロズウェル事件をきっかけとして、地球人が宇宙人の住む惑星に行ったと聞いても、すぐには信じられない人も多いと思います。

そもそも、どうしてそのようなプロジェクトが実施されることになったのでしょうか?

ロズウェル事件とは?

ロズウェル事件で墜落したUFOは観測気球であったと説明する米軍人

ロズウェル事件は1947年7月、米国ニューメキシコ州で起きました。ロズウェル近郊の牧場地帯に、2機のUFOが相次いで墜落したと言われる有名なUFO事件です。

米軍はプレスリリースでUFO墜落を発表しました。しかし、その数時間後には「観測用の気球だった」と、早々に前言を撤回してしまいます。

ロズウェル事件に関しては、「ハハ、もう解決済みだよ。あれはソ連の原爆実験を監視する秘密作戦に使われていた気球なんだ。だから情報を隠したんだよ」と、したり顔で笑い飛ばす人もいます。

でも、そういう人たちを見て、本当にほくそ笑んでいるのは米政府かもしれません。政府筋の発表を、そのまま鵜呑みにはできない情報も数多く存在しているのです。

生き残った宇宙人イーブ1号

ロズウェル事件で生き残った宇宙人イーブ(イーバ)

ここではロズウェル事件の真偽を探るのが目的ではないので、話を先に進めます。

ロズウェル事件では宇宙人の死体が回収されましたが、実は、生き残った宇宙人が一体いました。その宇宙人は通称イーブ1号(EBE1号)、またはイーバと呼ばれており、米軍に保護されています。

生き残ったイーブと事故死した仲間たちの遺体は、ニューメキシコ州のロスアラモス研究所へと移送されました。

その後、試行錯誤をした末、イーブとの意思疎通ができるようになります。

イーブ1号は人間に好意的だったようで、故郷の星の情報や、墜落したUFOで見つかった様々な機器の使い方まで教えてくれたそうです。

「プロジェクト・セルポ」とは?

人類を迎えに来たエイリアンたち

しかし残念ながら、生き残ったイーブ1号は、1952年に死亡します。そこで職員たちは、イーブ人が残した通信機器を使って、彼の故郷の星に通信を試みました。

そして米政府の秘密組織MJ-12(マジェスティック・トゥエルブ)が中心となり、1965年頃、「プロジェクト・セルポ」が実行されることになります。

これは地球人12名が、イーブ1号の母星であるゼータ・レティキュライ(Zeta Reticuli)座連星系の「惑星セルポ」に向かうという、驚愕のプロジェクトです。

これが事実ならば、「宇宙人は地球に来ているのか?」の話どころではなく、地球人も、宇宙人の住む惑星に行っている!ということになります。

プロジェクト・セルポは、米軍人と宇宙人の交換留学と言われているのです。

米国政府の元職員が情報をリーク

プロジェクト・セルポは、米国政府の元職員(アメリカ国防情報局出身と言われている)が、情報をリークしたものです。

元職員は匿名希望(リクエスト・アノニマス)の名前で、UFO関係のメーリングリストに、「プロジェクト・セルポ」の極秘情報を、十数通ものメールで送りました。

ロズウェル事件の当時、彼は現場を直接知ることのできる立場にいたらしく、事件についての正確な経緯を知っていることが、他の人の証言の裏付けで分かっています。

当事者たちでなければ分からないことを、彼は知っているのです。情報をリークした元職員自身も、生き残ったイーブと直接接触しています。

実は、彼こそがプロジェクト・セルボの計画に携わっていた人物だったのです。

元職員はすでに退職していますが、プロジェクト・セルポに関する3,000ページにも及ぶ文章と、さらにそれらを補足する膨大な資料を持っているそうです。

地球人とイーブ人の交換留学を実行!

プロジェクト・セルポで旅立つ地球人

プロジェクト・セルポでは、慎重に選ばれた米軍人が惑星セルポへと旅立つことになります。

これは月面着陸どころではない人類の記念すべき壮大な宇宙旅行であり、太陽系をも越えた初の惑星間交流になります!

惑星セルポに旅立った12名の米軍人

イーブとの通信が成功し、1964年4月には、ニューメキシコ州アラモゴードの近くに、惑星セルポから宇宙船に乗ったイーブたちがやって来ました

そして1965年、米政府とイーブたちは、お互いの交流計画を立てます。それが前述した「プロジェクト・セルポ」です。

プロジェクトの実施に当たっては、さまざまな分野のエキスパートである12名の米軍人(男性10名、女性2名)が厳選されています。

優秀な人材で、任務に適した資質を持ち、さらに家族や配偶者、子どもがいてはならず、人選は困難を極めたようです。ようやく選ばれたメンバーは秘密保持のため、軍歴を全て抹消しています。

米ネバタ州のミサイル試験場の北部に降り立った宇宙船に乗って、12名の米軍人はイーブとともに惑星セルポへと向かい、1名のイーブが地球に残りました

旅立った12名は、惑星セルポに10年間滞在して、地球に帰還する計画でした。

惑星セルポに旅立ったその後は?

12名は、実際には1978年まで惑星セルポに滞在することになります。当初の計画よりも、3年ほど延長になったようです。

惑星セルポの一日は、地球の時間で約43時間なのだそうです。しかも驚くことに、彼らには時間という概念がありませんでした(イーブ人は時計すら持っていなかった)。

長らく滞在しているうちに、メンバーが持参した時計も動かなくなりました。やがて地球時間での経過時間が分からなくなってしまい、そのために計画の期間がずれてしまったようです。

結果として、地球に帰還したのは、7名の男性と1名の女性だけでした。帰還しなかった4名のうち、2名は惑星セルポで死亡しました。そして2名は、惑星セルポに留まることを希望したのです。

軍人がミッションを放棄して、しかも生まれ育った懐かしい地球に帰らないとは、よほどの決断だったのでしょうが、惑星セルポの文明や人々に大きな魅力を感じたのだと伝えられています。

帰還した8名は、すでに死亡しているが…

ちなみに、地球に帰還したメンバーは現在、全員が死亡しています。最後の生存者は、2002年まで生きていたそうです。

1965年の計画実施とはいえ、まだ一人くらい生きていたも良さそうに思いますが、地球環境とは大きく異なる惑星セルポでの生活は、心身への負担が大きかったようです。

惑星セルポは日射量が多く、滞在中に浴びた放射線が原因と言われています。

但し、情報がリークされた2005年の時点で、惑星セルポに留まった2名はまだ生存している可能性も指摘されています。

伝えられているところによると、1988年ころまでは留まった2名との通信は続けられていたそうです。今もあちらで生きているのでしょうか?

次はいよいよ惑星セルポでの生活です!

惑星セルポでの生活

地球に帰還したメンバーたちが、惑星セルポで体験したことを報告しているのですが、それが非常に興味深いです!

惑星セルポの環境

惑星セルポは、地球からおよそ37光年の距離にあり、イーブの宇宙船で約9ヶ月掛かったようです。但し、帰還する際には新型の宇宙船を使い、7ヶ月で帰還しています。

宇宙船は大型で、船内は無重力ではなかったので、12名のメンバーは十分な運動ができました。但し、慣れない環境のため、酷いめまいや頭痛、方向感覚の喪失に、度々苦しめられました。

惑星セルポに到着すると、メンバーは大気に順応するために数ヶ月を要しました。

大きな太陽が二つある惑星セルポのイメージ

セルポには、私たちの太陽の5倍ほどの太陽が2つもありました。メンバーは、強い日差しと日焼けにも苦しみ、サングラスを常用しました。夜は闇夜ではなく、ある程度暗いという感じです。

セルポは地球よりも僅かに小さく、大気は地球に似ており、酸素・水素・二酸化炭素・窒素を含んでいます。雨も降りますが、それほど頻繁ではありませんでした。

惑星の中心部の気温は34~46度ほどで、中心部よりも北半球のほうが涼しくなっています。北半球の気温は12~26度だったので、イーブ人には寒いようですが、やがてメンバーは北半球に移動しました。

セルポには山脈がいくつかあり、樹木や樹木のようなものが生えていました。地下には川があり、渓谷へと流れていました。でも、海洋はありませんでした

全ての食料は畑か、大きな建物の中で作られていました。イーブ人は、労働用に動物は使っても、肉食はしなかったようです。

平和的なイーブ人たちの社会

惑星セルポの集落

イーブ人たちは、地上を浮いて走るタイヤのない乗り物を持っていました。チームの移動には、ヘリコプターに似た輸送機が使われました。

その輸送機の操縦は簡単で、メンバーのパイロットは数日で操縦をマスターできました。

イーブ人の人口は、地球に比べると遙かに少なくて、約65万人でした。もともと住んでいた星が住めなくなったため、惑星セルポに移住してきたようです。

そのためか、生む子どもは2名までで、計画的に人口を制御しているようです。彼らは惑星の至るところに小さな集落を作って住んでいました。

社会には、リーダーの存在はあっても、政府組織は存在していません。大きな犯罪もないようです。但し、軍隊はあり、警察の役割も担っていますが、銃などの武器は持っていなかったようです。

軍隊は、他惑星のエイリアンからの襲撃に備えているのでしょうか? イーブ人たち自身は、非常に平和的な社会を構築しているようです。

イーブ人たちの生活

イーブ人たちには金銭の概念がなく、買い物ができるような店も見当たらず、彼らは必要に応じて物資の配給を受けていました。中央流通センターのようで施設で、必要な物をもらってくるのです。

仕事は、それぞれの能力の範囲で働いていました。仕事内容は具体的には書かれていませんが、決められた仕事をそれなりにこなせば良いという感じでしょうか?

イーブ人は、地球人と同じように、音楽や踊り、スポーツなども楽しみます。サッカーのように、ゴールにボールを蹴り入れるスポーツなどもしていました。

しかし、彼らはテレビもラジオも持っていませんでした。腰のベルトに小型の3D立体表示の装置があり、そこには詳細な指令や、ニュースなどが表示されていました。

子どもたちは、完全に隔離されて育てられています。メンバーの一人が子どもの写真を撮ろうとしたら、軍隊に止められて、「二度としないように」と忠告されました。

物資の配給で生活するというスタイルや、育児方法、仕事の仕方などを見ると、まるで共産主義を達成したような社会に思えます。

でも、それでいて社会を統制する政府組織がないと言うのですから、イーブ人たちは、地球では類似のない社会システムの中で生活しているようです。

惑星セルポにいる動物

惑星セルポには、大きな雄牛のような動物や、首のまわりに長い毛皮があるアメリカライオンのような動物など、様々な動物が生息しています。

メンバーが南半球の調査中に、人間のような目を持つ、長くて大きなヘビのような生き物を見つけました。

イーブ人のガイドは、「この生物は、どう猛で危険なので注意するように」と言いました。

チームのメンバーは、4丁の45口径コルト拳銃と、4丁のM2カービン銃で、その生き物を殺してしまいました。武器の所持を認められていたのでしょうか?

イーブたちは、生物を殺したことには驚きませんでしたが、メンバーが武器を使用したことに非常に驚いたそうです。

殺した生物を解剖すると…

メンバーが殺した生物は、全長が4.5メートルあり、胴まわりは45センチありました。ヘビに似ていますが、解剖してみると、地球のヘビとは全く異なる生物でした。

眼球は、人間の眼球に似ていて虹彩があります。眼球の裏には脳へと繋がる視神経の束があり、脳は地球のどんなヘビよりも大きいものでした。

この生物の肉が食べられるか?」とイーブ人のガイドに聞くと、「ダメです」と丁寧に断られました。

メンバーは、セルポの土、植物、水を始め、何百ものサンプルを地球に持ち帰りました。

情報をリークした米国政府の元職員が知る限り、1985年以降、イーブ人たちは地球にやって来ていないそうです。

ちなみにイーブ人は、2,000年ほど前から宇宙探索をしており、地球に最初にやって来たのもこの頃で、2,000年ほど前のことなのだそうです。

プロジェクト・セルポの真偽はいかに?

私たちには正体の知れない宇宙人ですが、惑星セルポでの彼らの生活の話を聞いて、だんだん身近に感じてきたのではないでしょうか?

スピルバーグは、プロジェクト・セルポを知っていた?

スピルバーグ監督「未知との遭遇」

スピルバーグ監督の映画「未知との遭遇(1977年)」のラストシーンでは、男性10名と女性2名の12名が宇宙船に乗り込んでいます。

これは惑星セルポに行ったメンバーたちと、人数も男女比も同じです。スピルバーグ監督は、この映画をSFではなく、科学的事実(サイエンス・ファクト)と呼んでいたそうです。

ちなみに、映画を見たレーガン元大統領は、「あなたは、これがどれだけ現実に近いか知らないでしょう」と、そっとスピルバーグ監督に耳打ちしたそうです。

事実としては、スピルバーグ監督はプロジェクト・セルポの情報を知っていて、映画のシナリオに組み込んだのかもしれません。

映画「コンタクト」の原作者は、プロジェクト・セルポに直接関わっていた!

ジョディ・フォスター主演「コンタクト」

また、プロジェクト・セルポの最終報告書は、カール・セーガン博士とともに1980年に書かれたのだそうです。

実は、セーガン博士はこのプロジェクトに関わったことで得られた知識を元にして、1985年のベストセラー「コンタクト」を書いたのだ信じている、と情報をリークした元職員は述べています。

小説は映画化されて、ジョディ・フォスター主演の映画「コンタクト(1997年)」になっています。これは非常におもしろいです。ネットでも配信されているので、ぜひご覧ください。

この映画は、NASAから宇宙人たちの情報を得ているのではないか?と噂されていましたが、原作者がプロジェクト・セルポに直接関わっていたとは知りませんでした!

宇宙に思いを馳せて生きる

宇宙の中の地球

プロジェクト・セルポは、元米政府の職員を名乗る人物が流したリーク情報なので、実際のところ、どこまでが本当の話なのか定かではありません。

ただ、地球から37光年も離れた星で、イーブ人たちが日常生活を送っている様子を思い浮かべると、不思議な気持ちになりませんか?

地球の中の「日本」という小さな島国の中で、あくせくと生きている今の自分の姿が小さく見えてきます。

オカルトの世界は、現実逃避と言われることがありますが、実際には逆なのだと思います。宇宙や未知の世界という、もっと大きな世界から現実を見ているのです

狭い現実の世界だけを見つめて生きているよりも、本当は、圧倒的に視野が広いわけです。

惑星セルポに行ったまま地球に帰還しなかった2名は、広い宇宙に飛び出して、今までのちっぽけな人生観が、ガラリと変わってしまったに違いありません。

今の時代を生きる私たちが、他の惑星に移り住む機会はまずないでしょうが、広い宇宙に思いを馳せることはできます。

その宇宙から、今の自分を見つめるような気持ちで生きたならば、小さな問題で悩んでいることが馬鹿らしくなってくるのではないでしょうか?

『惑星セルポに旅立った12名の米軍人! プロジェクト・セルポは、人類と宇宙人イーブの交換留学だった!』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/10/20(木) 13:42:14 ID:6c52e38b2 返信

    オレも他の惑星に行ってみたい。
    それと超光速航行とかUFOの飛行原理とかエネルギー源とかあっちの星の科学を教わりたいわ。
    いっそ拐ってくれと思ってしまう。

    • 名前:管理人 投稿日:2016/10/20(木) 16:27:26 ID:587a27d2f 返信

      地球を超えて発想できること自体、素晴らしいですね。きっとそういう人にしか誘いが来ません(=^・^=)

  2. 名前:匿名 投稿日:2016/10/24(月) 14:36:53 ID:400a3f0b1 返信

    その星のバクテリアに順応できたんでしょうかね?
    その逆も然り。
    例えば水虫菌がその星の生態系に多大な悪影響をもたらすことも
    ありえる訳で。
    大気中にも細菌、真菌、ウイルスが漂っているわけですからね。

    • 名前:管理人 投稿日:2016/10/24(月) 18:33:57 ID:77110322f 返信

      映画の『宇宙戦争』は、バクテリアで宇宙人が全滅するというオチでしたね。科学力には優れていても自然の力には勝てないというメッセージが込められているのかもしれませんが。
      プロジェクト・セルポでは、その点についての情報はないのですが、どうだったのか興味深いですね。