与那国島の海底遺跡の巨石は、本当に古代遺跡か? 陸上にも謎の巨大人面岩が存在した!

与那国島の海底遺跡は、本当に人間が造った古代遺跡なのか、それとも自然に出来た海底地形なのか、専門家の間でもまだ見解が一致していません。

ただし遺跡であろうと自然の地形であろうと、今後は文化財として保護していく方向では一致しています。与那国島の海底遺跡(海底地形)が、世界でも貴重な水中遺産であることには間違いないからです。

とはいえ、遺跡と自然物とでは、価値の意味が大きく異なってきます。古代文明の遺跡であるならば、現在の定説になっている古代史を見直す必要が出てくるからです。

今後の研究がさらに進んで、海底遺跡である証拠が新たに出てくるのでしょうか? それとも、やはり自然に出来た地形という結論で落ち着くことになるのでしょうか?

スポンサーリンク

与那国島の海底遺跡の驚くべき写真の数々

与那国島の海底遺跡全体

与那国島の海底遺跡は1986年、地元ダイバーの新嵩喜八郎さんが巨大な一枚岩を海底に発見したことから、大きな話題になります。

全体の大きさは、東西約250m、南北約150m、高低差約25mもあり、巨大な石の神殿のような構造をしています。

頂上に続く階段状の石、通路や大広間、柱が立っていたと思われるような穴などが確認されて、海中に沈んだ古代遺跡ではないか?と考えられるようになりました。

今のところ、まだ遺跡には認定されていませんが、ダイバーの間では「遺跡スポット」と呼ばれて人気になっています。海底に出現する美しい神秘的な光景には、ダイバーでなくても大きなロマンを感じずにはいられませんね。

与那国島の海底遺跡:神殿のメインテラス

神殿のメインテラスと呼ばれているスポットは、水深10mの場所にあります。直角に切り出された垂直の岩と、明らかに人間の手によって加工されたような平面の岩が幾つも積み重なっています。

人工物であるならば、どのようにして岩を加工し、運んで積み上げたのかも大きな謎です。

与那国島 海底遺跡:メインテラス1

与那国島 海底遺跡:メインテラス2

与那国島の海底遺跡:階段状の巨石

メインテラスにある階段状になっている巨石です。階段と言っても、実際には人間が上れる大きさではなく、一説には太古に存在した巨人が造った遺跡とも言われています。

与那国島 海底遺跡:階段1

与那国島 海底遺跡:階段2

与那国島の海底遺跡:城門(ぐすくもん)

城門と呼ばれていますが、ダイバー1名が通れる程度の広さです。本当に城門であるならば、外敵の侵入を防ぐために故意に狭くしているのかもしれませんし、実際には小さな裏門の一つなのかもしれません。

与那国島 海底遺跡:城門

与那国島の海底遺跡:二枚岩

城門をくぐり抜けると、二枚岩と呼ばれる巨石があります。何を意味しているのかは不明ですが、自然に岩が割れたようには見えませんね。

与那国島 海底遺跡:二枚岩

与那国島の海底遺跡:排水路

単なる岩の割れ目には見えません。10mほどの直線的な溝が出来ています。排水路であるならば、高度な都市空間が存在していた証拠になります。

与那国島 海底遺跡:排水路2

与那国島の海底遺跡:モアイ像

イースター島のモアイ像を彷彿させる人面岩です。ちなみに本家のイースター島にも、本物のモアイ像が海底に2体確認されています。

与那国島 海底遺跡:モアイ像

与那国島の海底遺跡:柱穴の痕跡

最上部のテラス付近に、人間の体が入る程度の大きさの穴が2つ空いています。このような穴は自然の作用でも出来るとは思いますが、この場所にあると、やはり「柱を立てた穴の痕跡か?」と思えてしまいます。

与那国島 海底遺跡:柱穴

与那国島の海底遺跡:拝所

高さ3mほどの大きな窪みの穴です。神殿らしく、ここは「拝所(はいしょ)」と呼ばれています。写真も綺麗ですが、実際に見ると、さらに神秘的な光景なんでしょうね。

与那国島 海底遺跡:拝所1

与那国島 海底遺跡:拝所2

与那国島の海底遺跡:カメの岩

カメの頭と甲羅に似た岩が確認できます。自然にこのような造形が出来るとは考えにくいですね。何かを祀っていた台座でしょうか?

与那国島 海底遺跡:亀の岩

与那国島の海底遺跡:太陽石(御神体の岩)

台座に祀られているかのように、太陽石(御神体の岩)と呼ばれる大きな石が置かれています。手前には「カイジ文字」と呼ばれるこの地域の古代文字に似た彫り物が見られます。

残念ながら台風の荒波の影響を受けて、現在の太陽石は、この場所から転がり落ちた場所にあります。

与那国島 海底遺跡:太陽石

与那国島には海底遺跡の他にも、陸には謎の巨石遺跡が存在する!

与那国島 海底遺跡:垂直に切り立った岩と平面の岩

与那国島の海底遺跡は、実際にこれだけ多くの人工的と思われる巨石が発見されながらも、未だに謎に包まれています。沖縄県文化局には「遺跡発見届け」が提出されましたが、文明が存在した証拠がないということで、遺跡として認定されていません

定説を覆すのが、いかに難しいことなのかが分かります。1986年の発見から30年が経ちますが、今現在では、どのように考えられているのでしょうか?

与那国島の海底遺跡は、いつ頃に造られたか?

琉球大学理学部・木村政昭教授

与那国島の海底遺跡は1992年より、琉球大学理学部・木村政昭教授(写真)を中心にして綿密な調査が行われました。

木村教授は当初、海域がまだ陸であったと推測される1万~1万3千年前の遺跡と考えましたが、現在では2,000~3,000年前に造られた遺跡であるとの見解を示しています。

2,000~3,000年前の日本は、縄文時代から弥生時代に移行する端境期に当たります。

この説だと、世界最古の巨石遺跡ということにはなりませんが、遺跡の規模の大きさを考えると、やはり古代史の見直しが迫られることになります。考古学の常識では、縄文~弥生時代の人々が、このような巨石遺跡を造る技術を持っていたとは考えられないからです。

もちろん、自然造形説を唱えている学者も多いので、遺跡であるとは限りません。あるいは、もともとあった自然の造形物に、人間が手を加えて造ったという見解もあります。

遺跡かどうかは科学的に調査すれば、すぐに判明すると思うかもしれません。しかし、有機物を含まない石などは年代測定が難しいという事情があります。

古代ミステリーファンとしては、かつて太平洋上にムー大陸が存在し、ムー文明の末裔たちが築いた超古代遺跡と考えたいところですが、与那国島の海底遺跡の論争は、まだしばらく続きそうです。

与那国島の巨大人面岩! 陸上にも謎の巨石遺跡が存在する!

海底遺跡にもモアイ像と呼ばれる人面岩が存在していますが、こちらは2002年、与那国島の陸で発見された巨大人面岩です。大きさは高さ約2m、幅約3.5m、奥行き3mあります。

島の南側の「新川鼻」という岬の高台にあり、偶然なのか意図的に造ったのかは分かりませんが、沖合の「海底遺跡」を見下ろせる位置にあります。

巨石を見ると、大きな目の窪みは人為的にくり抜かれているかのように見えます。顔には鼻もあり、べーっと舌を出しているかのような岩もあり、お茶目な印象を受けます。岩の上にも人工的に作られたような円形の窪みがあります。

動画の解説にもありますが、実は角度を変えて見ると、もう一つ顔が見える構造になっています。このような仕掛けのある人面岩を造れるのは、やはり高度な技術を持った民族でしょう。

人工物であるならば、誰がいつ何の目的で造ったのでしょうか? まだ詳細は分かっておらず、今後の研究調査に期待したいですね。

与那国島 海底遺跡:人面岩

与那国島 海底遺跡:人面岩の上の丸い窪み

与那国島の海底だけでなく、陸上にも、このような遺跡と思われる痕跡が残されている点は注目されます。

海底遺跡と呼ばれている海域も、大昔には陸であったことは分かっています。海底に鍾乳洞が確認されており、鍾乳洞は陸上でないと形成されないのです。

この人面石と海底遺跡を安易に結び付けるわけにはいきませんが、与那国島には古代文明が栄えており、その一部の遺跡が海底に没したという考えには、それなりに説得力が出てくるのではないでしょうか?

遺跡か自然物かに拘わらず、文化財として保護すべき方向で一致

2016年10月15日付の八重山毎日新聞では、下記のように伝えられています。

【与那国】島の南側海域にある海底地形の文化財指定を目指し、学術的な価値付けを行う町の海底地形調査事業の第1回検討会議が14日午前、町構造改造センターで開かれた。

地形学や水中考古学の専門家ら7人が話し合った結果、人工的に造られたものか自然にできたものかに関係なく、保護すべき地形という認識で一致した。

町教育委員会は年内をめどに2回目の検討会議を開き、具体的な調査内容や今後の展開などについて協議する予定だ。

海底地形「保護すべき」 検討会議で専門家一致

2016年10月15日 八重山毎日新聞「海底地形「保護すべき」 検討会議で専門家一致

仮に海底遺跡ではなく、自然に出来た地形だとしても、与那国島の海底地形は非常に特徴的です。ユネスコの関係者も、「ユネスコ2001条約で採択された『水中文化遺産』の定義にあてはまると推測される」という所感を述べているそうです。

また、残念なことに海外の研究者たちなどは、サンプル用に石を割って持ち帰ってしまうとのことです。人的破壊が進まないよう、文化財としてしっかり保護する必要がありますね。

海底遺跡か、それとも自然造形か?

与那国島海底地形は、海底遺跡なのか、自然物なのか、まだ結論は出ていません。しかし、多くの人工的と思われる痕跡が残されているにも拘わらず、現在では自然造形説のほうが有力になっているようです。

確かに、自然造形説も説得力を持っているのですが、個人的にはこれが海底遺跡であっても何ら不思議だとは思いません。

地球が誕生して46億年と言われています。その地球時間の中で、現生人類が誕生したのがようやく20万年前で、たった4~5千年前のエジプト文明が世界最古の文明だと考えるほうこそ、無理があるのではないでしょうか?

ムー文明然り、アトランティス文明然り、人類は幾つもの文明の誕生と滅亡を、遙か昔から繰り返しているのが真実のように思えてなりません。

与那国島の海底遺跡の発見から、失われた世界の古代文明の謎が少しでも解き明かされたならば、日本人としても嬉しいですね!

▼あの「神々の指紋」のグラハム・ハンコックも与那国島の海底遺跡に魅せられて、50回以上も自らスキューバ・ダイビングをして調査をしています。その詳細は「天の鏡」でどうぞ!

▼グラハム・ハンコックの最新刊です!

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

与那国島の海底遺跡の巨石は、本当に古代遺跡か? 陸上にも謎の巨大人面岩が存在した!
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。