800万年前の美女のミイラ、ロシアで発見! 人類最大のミステリー

現在最古と言われているミイラは、かつて南米に栄えていたチンチョロ人のミイラで、7千~5千年前のものと推定されています。

しかし、今回紹介する美女のミイラは、それを遙かに上回る800万年前のミイラと言われています。時間の桁が違いすぎます。

そもそも、そんな大昔に人類は存在していないのですから、常識では考えられない人類最大のミステリーとしか言いようがありません。

800万年前の美女のミイラ、ロシアで発見!

ロシアで発見されたという800万年前の美女のミイラは、「人類最古のミイラ」という形容もできませんね。人類が誕生する以前のミイラですから、人類以外のミイラとしか考えられないからです。

なぜこのような不可解なミイラが発見されたのでしょうか?

美女のミイラが発見された経緯

ミイラの入っていた棺

美女のミイラは、1969年9月、露シベリア連邦管区・ケメロヴォ地区の村で発見されています。炭鉱で採鉱作業をしていた坑夫のカルナウコフ氏が、地下70メートル付近で大理石の奇妙な棺を発見したのが始まりです。

すぐに棺は地上へと引き上げられましたが、棺は正確な機械的構造をしていたということです。蓋はパテで封をされていましたが、太陽熱の影響で溶けて流れてしまったと言われています。

蓋を開けてみると、棺の中には、ピンクがかったブルーの透明な液体が、ふちのギリギリまで溢れそうなどほど入っていました。

さらに驚くことに、棺の中にあったダークブラウンの布で覆われたものを丁寧に剥いでいくと、棺に横たえられた美女が現れたのです。

棺の中に眠れる美女

800万年前の美女ミイラのイメージ

発見された当時の証言によると、棺に横たわっていた美女は、細身で推定30歳ほど、大きな青い瞳のヨーロッパ系の顔立ちをしていたと伝わっています。

衣服の袖には、色鮮やかな花の刺繍が施され、ひざ下丈の白いレースが透けているドレスを着ており、下着類は身につけていなかったそうです。

頭のそばには、携帯のような角の丸い、約25センチ×10センチほどの黒くて四角い金属の箱が置いてあったと言われています。

注目されるのは、死んでいるのではなく、まるで眠っているかのように見えたのだそうです。

つまり、現在では「美女のミイラ」と言われていますが、発見された当時はミイラの状態ではなくて、「棺の中に眠れる美女」だったのです。

謎の美女が発見された後の経緯

「棺の中に眠れる美女」が発見された半日後には、棺の蓋は完全に開けられて、村中の人たちが見学に押し寄せました。

そしてこの不可思議な発見のニュースは、すぐにケメロヴォ地区の全域にまで広まります。

ついには消防団や軍隊、民兵隊が真偽を確かめにやって来て、伝染病の恐れがあるとして野次馬は遠ざけられてしまいました。

事態を重く見た当局は現場を封鎖し、棺に触れた者をはじめ、近くにいた見物者全員を隔離したと言われています。

しかし、これほどセンセーショナルな出来事であったにも拘わらず、なぜかその後、謎の美女の発見は半世紀近くも人々の話題に上ることがなく、忘れ去られていきました。

美女のミイラが公開される!

長らく忘れ去られていた美女のミイラですが、最近になって、ロシア国内で当時の目撃者インタビューを含む特集が組まれて、美女のミイラが再び日の目を見るようになりました。

それが下の写真のミイラです。

800万年前の美女ミイラ1

800万年前の美女ミイラ2

残念ながら、「棺の中に眠れる美女」とは程遠い容姿になっています。どうしたことか、棺の中に満ちていたという「ブルーの透明な液体」も取り除かれています。

そのためなのか、「死んでいるのではなく、まるで眠っているように見えた」という当時の証言からは掛け離れたミイラ状態になっています。

発見から現在に至るまで、詳しい調査は行われた形跡はないとのことなのですが、本当でしょうか?

1969年当時のロシアは、社会主義のソビエト連邦であり、今よりも厳しい情報統制がしかれていました。米国とは冷戦状態となって覇を競っており、もしもこのような世紀の大発見があったならば、ソ連政府が見過ごすとは思えません。

800万年前の美女のミイラが、本当に発見されていたのならば、重大なことが隠蔽されているのではないか?と疑いたくなりますね。

スポンサーリンク

Amazonプライムビデオ30日間無料

シェアして頂けると嬉しいです!

800万年前の美女のミイラ、ロシアで発見! 人類最大のミステリー
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。

『800万年前の美女のミイラ、ロシアで発見! 人類最大のミステリー』へのコメント

  1. 名前:うつぎれい 投稿日:2017/09/10(日) 02:24:21 ID:a03a8e922 返信

    こんにちわ。 うつぎれいです。

    この800万年も昔の「ロシアの大理石の棺の中の損傷無き美女の遺体」…というのは、全く初めて聞きましたが、実に興味深い話です。

    1969年9月というとメキシコオリンピックの1年後で、アポロ11号の月面到達の直ぐ後ぐらいですが、その頃に発見された件の棺の出て来た場所がケメロヴォ州の地下70メートルというので大いに興味を持って読み始めたのですが、残念ながら2014年3月に発見された同じケメロヴォ州の超巨石遺構「ゴルナヤ・ショリア」との関係性についての言及はありませんでしたね。

    正確な出土場所・位置についての情報が無いので直接的な関係は分かりませんが、ケメロヴォ州自体がロシアの中では小さな州なのでゴルナヤ・ショリアを築いた種族の貴人の棺なのかも知れませんね。

    既にこちらのサイトでも扱われてるかも知れませんが、広大なロシアにはサハ共和国内の「死の谷」のように、明らかに人類外知的生命体の棲息地域として知られてる場所も色々あるようで、興味が尽きません。

    因みに、最近グーグルアースとグーグルムーンの表示が変わり、ズームアップすると途中で立体表示に変化してしまう為、少し前までのように航空写真が方位を保持したまま歪むことなく拡大出来る機能が失われ、私がアンデス・キアカ周辺やチコクレータやモスクワの海で見つけた異常構造物の特徴 ( 東西南北・直角構造 ) を以前のように明確にスクリーンショットで保存する事が難しくなりました。

    アンデスのキアカとルサニとリンコナダ辺りで見出される異常構造物について私のサイト以外に取り上げてるサイトが無いので、出来るだけ多くの人に知ってもらう為にも、動画ではありませんが、一度「怪奇動画ファイル」さんのページでも取り上げていただけると有り難いのですが。 どうか宜しくお願い致します。

    • 名前:管理人 投稿日:2017/09/12(火) 07:26:27 ID:d6afa3152 返信

      ゴルナヤ・ショリアとの関連性は、確かに興味深いですね。ロシアには、まだまだ未発表の情報が出て来そうです。
      グーグルアースとグーグルムーンは最近あまり見ていなかったのですが、表示の方法が変わりましたか? 改善なのか改悪なのか分かりませんね。
      アンデスのキアカとルサニとリンコナダ辺りで見出される異常構造物については詳しく知りませんが、南米一帯の文明は、アトランティス文明から流れてきた文明なのではないかと個人的には考えています。
      もっと詳しく調べてみるとおもしろそうですね。

  2. 名前:うつぎれい 投稿日:2017/09/12(火) 14:31:03 ID:d7ef79d81 返信

    返信をありがとうございます。うっかりURLを入れ忘れました。

    http://www.geocities.jp/netreal_bookbox/utzugi/OpenLetters_016.htm#003b
    ここに出て来る画像をクリックすると、キアカ村の東10キロ辺りで一番新しく発見した「東西南北 異常構造物」の夫々を、方位の歪み殆ど無しでキャプチャーした画像をスライド表示します。

    丁度これを発見して画面保存した直後ぐらいのタイミングで「グーグルアースの最接近表示が擬似立体表示に変わって」しまったので、今ではここまでアップにしようとすると方位が歪んでしまい、それらの各々がほぼ東西南北線に沿った直角構造となってることが確認しにくくなってしまいました。

    上のページのもっと前の箇所でスライド化してある「リンコナダ市西側の山頂部に認められる異常構造地帯」の様子は、最早いまの新しいグーグルアースの表示法では確認のしようが無くなってます。其処とその更に西側の「ハンコカラ地区の構造物群」についてはグーグルによって意図的に隠されるようになった可能性が高いと感じます。
    ( 異常構造物の痕跡が根こそぎ無くなってるからです。)

    それでも、「ルサニ周辺の山々の異常な形状の冠雪群」と上の「キアカ周辺の異常構造物群」は現在でも隠されておらず、そのまま確認が可能なのですが、その多くが山頂から続く急峻な斜面上の構造物なので、上述の通り詳しく見ようとアップにすると途端に擬似立体化表示に変わってしまい、同じ画面内の至る処で高度の違い故に方位が歪んで来てしまうのです。

    但し、ロシアの ( 核爆発の痕跡だらけで異常な構造物を地形としては確認する事の殆ど不可能な )「死の谷」地区などと比較しますと、このキアカやルサニ周辺の顕著な様相は、「散在する稼動中の人類外知的生命体の巨大な拠点群」と思しき構造物が、月面や火星に在るそれらと同じように、かなりハッキリと ( スケール線まで入れて ) 確認可能であるという点で、まさしく特筆大書されるべき超特ダネ地区であると考えます。

    これらの存在は無論、テレビ局各局、こうしたネタを扱いそうな番組の各々、制作プロダクション、新聞各紙、紙マスコミの各雑誌編集部 ( 学研ムー含 ) 、そしてペルーやボリビアのツアーを実施してる各旅行代理店などほぼ凡てに対して通知済みなのですが、残念なことに私の名前が絡んでるとなると日本のマスコミではもう全部がタブー扱いの話となってるものらしく、( 例の「集積回路湖」などは必ずしもETと関連付けなくても、その単純明解な特徴だけからも紹介価値は十分にある筈なのですが ) 完全にシャットアウト状態です。( 学研「ムー」までがですよ。多分「911のCG映像の暴露」と「かぐや画像の嘘の大量暴露」のせいでそうなってるのでしょうが。 )

    というワケで、他には殆どこれらの構造物についての情報はみつからないかも知れませんが、上のページと現在のグーグルアースでの件の場所を「怪奇動画ファイル」さんご自身で確認されての新しい記事を是非宜しくお願い致します。完全に孤立無援なもので。