私は大統領の指令を受け、エリア51で本物のUFOと宇宙人を見た!余命僅かの元CIA職員が暴露!

元CIA職員が、エリア51と宇宙人の存在を語った暴露インタビューの動画です。
語っているのは、自分の死期が近いことを悟った元CIA職員というのですから、真実味があります!


▲余命わずかの元CIA職員が語るエリア51と宇宙人(前編:日本語訳付)
※PCでないと日本語訳が表示されない場合があるようですが、記事の中段にて、内容をまとめて掲載しています。


▲余命わずかの元CIA職員が語るエリア51と宇宙人(後編:日本語訳付)

インタビュー内容の記事も、併せてお読みください。作り話とは思えない具体的な秘密が語られていることが分かります。

スポンサーリンク

なぜ元CIA職員が、宇宙人情報を公開するのか?

宇宙人情報を暴露する元CIA職員

インタビューは、2013年3月5日に行われています。元CIA職員がエリア51で見た宇宙人について、公然と暴露しています。インタビュアーは、UFO作家であり歴史家であるリチャード・ドーラン氏です。

元CIA職員は撮影時、77才。差し迫った腎不全に直面しています。そこで彼は余命わずかと覚悟し、国家の最高機密情報を公開しようと考えたのです。

自分が知っている重大な情報を、このまま国民に知らせずにいて良いのだろうか?」と、彼はそんな止むに止まれぬ思いで、インタビューに応じたのだと思います。

元CIA職員の暴露インタビューの要点

果たして元CIA職員であった彼は、何を暴露しようとしたのでしょうか? 以下、インタビューの要点をまとめてみます。

元CIA職員の経歴

  • 彼は米陸軍に仕えていたが、彼の上司(米国東部のCIA長官であったことを後で知る)に話を持ちかけられて、米国の最高機密にも触れられるCIAカードを得る。
  • その後、彼はCIAのために働き、上司とともに米空軍のプロジェクト・ブルーブック(1952~1969年、米国空軍が公式にUFOの遭遇事例を調査したプロジェクト)に席を置く。

アイゼンハワー大統領とニクソンに会う!

アイゼンハワー大統領とニクソン

  • 彼はアイゼンハワー大統領(写真左、任期:1953年1月20日~1961年1月20日)と、ニクソン(写真右、副大統領)など、当時の政府高官と会うことになる。彼らは、宇宙人やUFOの最新情報を知りたがっていた。
  • 本来であるならば、MJ-12(マジェスティック・トゥウェルヴ)やエリア51の者たちが、その役割を担うはずであった。しかし、彼らは、自分たちのしている活動は政府の管轄外であると主張し、一度も大統領に報告書を送っていなかったのである。

MJ-12とは、政府高官や科学者など12人の専門家で構成された米国政府内の委員会の名称。1947年、ロズウェル事件に対処するためトルーマン大統領が設置。以降、宇宙人に関する調査や、宇宙人との接触や交渉を秘密裏に行って来たと言われる。

大統領の指令を受けて、エリア51に行く!

  • 彼と彼の上司は、アイゼンハワー大統領の指令を受けて、調査のためにエリア51に行く。

⇒ 大統領はCIAを使い、米陸軍の武力を背景にした脅しまで掛けて、エリア51を掌握しようとした。実際にエリア51で何が行われているのか、大統領である自分にも知らされていない宇宙人関連の情報を得ようとしたのだと考えられる。

エリア51とは?

エリア51(グルーム・レイク空軍基地)

エリア51は、アメリカ空軍によって管理されているネバダ州南部の一地区。正式名称はグルーム・レイク空軍基地(写真はグーグルアースより)。

エリア51には世界最長と言われる長さ1万kmもの滑走路があり、ステルス戦闘機B-2やステルス攻撃機F-117Aなど、様々な秘密の航空兵器のテストをしていると考えられている。

本物のUFOと宇宙人を見る!

  • 彼と彼の上司は、まず最初に、エリア51から13~15マイル南のS4(エリア51の背後にそびえる山を越えた裏側にある、もう一つの秘密基地)に到着する。
  • そこでロズウェル事件で墜落したUFOを見る。それは粉々に砕けた状態であった。乗っていた数人以外のエイリアンは、明らかに死亡したと思われる。
  • さらに、本物のエイリアンを見る。姿は、少し東洋人に似ていたが、肌の感じや姿は人間には似ていなかった。人間よりも頭は少し大きく、鼻や口がもの凄く小さい。耳はただの穴のようであった。

ロズウェル事件のエイリアンの死体

ロズウェル事件で墜落したUFOの乗っていた宇宙人の死骸

ロズウェル事件で墜落したUFOに乗っていたエイリアンの死体と言われる写真。エリア51の「S4」に保管されているとされている。

エリア51は宇宙人との共同実験施設か?

  • その後、S4からエリア51に戻り、メインの建物の中でU2(アメリカの偵察機)を見る。さらにSR-71(通称ブラックバードの前バージョン)のモデルを見る。

U2とは?

us_air_force_u-2

U-2は高度25000m(約82000ft)以上の成層圏を飛行することができるスパイ用の高高度偵察機。初飛行は1955年で、当時としては並外れた高高度性能を持つ。やはり宇宙人技術が持ち込まれているのか?

⇒ エリア51は、宇宙人のUFO技術を応用した最新軍用機の実験施設であった?

大統領に驚愕の事実を報告する!

  • 彼と彼の上司はワシントンに戻り、アイゼンハワー大統領、ニクソン、フーバーなどに、エリア51で見たことを報告する。
  • 報告を受けたアイゼンハワー大統領は、うろたえている様子であった。大統領は「これは完全に秘密にしておかなければならない」と言った。
  • 後年になって、その後、MIBらしき人物たちが彼に接近し、機密を守るようにとの忠告を受けている。

以上、要点をまとめると、元CIA職員の彼は、アイゼンハワー大統領の指令を受けて、彼の上司とともにS4とエリア51を訪れます。
そこで本物のUFOと宇宙人を見て、エリア51で行われていることを大統領に報告したということです。

彼の勇気が報われ、宇宙人の存在が公式発表される日を待とう!

彼は今回のインタビューによって、長年しまっていた秘密から解放され、「肩の荷が下りた気分だ」と語っていましたね。やはり作り話とは思えない信憑性を感じます。

アメリカ政府が宇宙人の存在を知りながら隠蔽している事実を、元CIA職員が自らの具体的な体験を通じて語っていることに、「やっぱり、そうだったのか!」という思いがします。

なぜアイゼンハワー大統領は、エリア51を偵察させたのか?

アイゼンハワー大統領と会談する宇宙人

アイゼンハワー大統領は、1954年にカリフォルニア州エドワーズ空軍基地にて、宇宙人の使節団と会見し、正式な協定を結んだと言われています。

これが事実であるならば、インタビューにもあるように、アイゼンハワー大統領は、すでにUFOと宇宙人の存在は知っていたものと考えられます。

恐らく、その後、エリア51で行われていることの詳細情報が大統領には伝わらず、一部の者たちの暴走も恐れて、CIA職員を潜入させたのではないでしょうか?

そして彼の報告を受けて、自分が認識していなかった情報や活動を知り、うろたえたのではないでしょうか?

大統領は、いったい何にうろたえたのか?

宇宙人の情報は、大統領でさえ真実を知ることが難しいということを覗わせる話ですね。

一部、インタビューが途切れている箇所があるので、アイゼンハワー大統領がうろたえた内容の詳細については、自主的にカットしてしまったのかもしれません。大統領がうろたえるほどの内容が何であったのか、知りたいところです。

最後に率直な感想として、「余命わずか」という状態でのインタビューが、やはり気になります。その後、元CIA職員の容態はどうなったのでしょうか?

彼の勇気が報われて、近い将来にはこのような暴露話ではなく、米国政府の公式見解として宇宙人の存在が発表される日を待ちたいと思います。

死の直前に、エリア51の宇宙人とUFOの存在を全て暴露! 世界的な科学者ボイド・ブッシュマンが証拠写真を公開!
これは航空宇宙科学者ボイド・ブッシュマン氏が、死の直前に行われたインタビューで公開した写真の一部です。宇宙人の姿が、明確に映された写真を手にしています。...

『私は大統領の指令を受け、エリア51で本物のUFOと宇宙人を見た!余命僅かの元CIA職員が暴露!』へのコメント

  1. […] 「本物の宇宙人を見ることになるとは!」余命わずかの元CIA職員が暴露! エリア51と宇宙人の存在 […]

  2. 名前:匿名 投稿日:2016/08/21(日) 18:40:56 ID:33cdb3c6d 返信

    MIBに似てる人が来た すげーwwww
    絶対やばいよエリア51