南極大陸ピラミッド、 グーグルアースで確認! 元ロシア軍人も証言! 南極・古代遺跡の謎にせまる

2012年9月、「南極大陸にピラミッドを発見した!」という驚くべき報道がありました。

なぜ氷で覆われた南極大陸に、ピラミッドが存在しているのでしょうか? 氷の下には、私たちの知らない古代文明の遺跡が眠っているのでしょうか?

その真偽は、定かではありませんでしたが、遂にグーグルアースで、南極大陸にピラミッドを発見した!という情報が得られました。

また、ロシアのニュースサイトによると、遂に南極ピラミッドの存在を証言する元ロシア軍人も現れています!

今回は南極大陸のピラミッドの謎を考察してみます。

南極大陸で撮影された謎のピラミッドを、グーグルアースでも確認!

南極大陸は、古くはギリシャ時代から未知の南の大陸として、その存在の可能性が指摘されていました。

しかし南極大陸には、先住的な居住者は一度も存在していないはずなのです。それなのに、なぜか南極大陸には古代遺跡があると、まことしやかに囁かれています。

では、よく問題にされている南極の古代遺跡には何があるのでしょうか?

一つは、「南極のボストーク湖に沈むと言われる謎の構造物」であり、もう一つは当記事で取り扱う「南極大陸で発見された謎のピラミッド」です。

まずは、南極で発見されたという謎のピラミッドの写真をご覧ください!

撮影された南極大陸のピラミッドの写真

伝えられている情報では、ピラミッドは海岸から約10マイル(約16キロ)ほど離れた内陸部に2基、沿岸部に1基が発見されたのだそうです。

これは内陸部で発見されたピラミッドの一つと思われます。

南極大陸で発見された古代遺跡のピラミッド1

南極大陸で発見された古代遺跡のピラミッド2

南極大陸で発見された古代遺跡のピラミッド3

南極大陸で発見された古代遺跡のピラミッド4

南極大陸で発見された古代遺跡のピラミッド5

エジプトの3大ピラミッドと似ている?

上記と同じピラミッドを、角度を変えて撮影したものです。誰も指摘していませんが、この写真を見ると、中央の大きなピラミッドの両脇にも小さなピラミッドが隠されているようにも見えませんか?

南極大陸で発見されたピラミッドと、エジプトの三大ピラミッド

しかも、この3つ並んだ配置は、エジプトの3大ピラミッドに似ています。

年代的には、南極ピラミッドのほうが古いはずなので、エジプトのピラミッドの原型は南極大陸にあったのかもしれません。

グーグルアースでも、南極大陸のピラミッドを確認!

こちらはグーグルアースで確認された南極大陸のピラミッドです。これによって、紹介した写真のピラミッドが、グーグルアースの衛星画像によって、実際に南極大陸に存在していることが判明したわけです。

今現在、グーグルアースを見れば誰でも確認できます。

グーグルアースで確認された南極ピラミッド

グーグルアース座標79°58'24.09"S 81°57'45.82"W

正四角錐のピラミッド

俯瞰から見たピラミッドの写真です。正四角錐のピラミッドであることが分かります。この形を見ると、自然の山ではないように見えます。

分かりやすいように、雪を取り除いて修正したCG写真と比較してみてください。「やはりピラミッドだ!」という確信が強まりますね。

雪を取り除いた南極ピラミッドのイメージ

南極ピラミッドは、ギザの大ピラミッドよりも大きい!

グーグルアースのメジャーで測ってみると、南極ピラミッドの底辺は一辺約400mもありました。これはエジプトのギザの大ピラミッドの約230mよりも大きいです。

雪に埋もれている部分を考えると、実際にはもっと大きいかもしれません。

南極ピラミッドの大きさ

沿岸部で発見されたピラミッド

アメリカを中心とした欧米の探検家8人のチームが、南極でピラミッドを発見し、その証拠にこれらの写真を撮影したそうです。

しかし、専門家の見解によると、これは南極特有の激しい風雨で浸食された自然の山だと言うのです。

専門家の見解と聞いたら、「やっぱり、ただの山だったのか」となってしまいますね。しかし、本当にそうなのでしょうか?

実は、沿岸部で発見されたピラミッドの写真もあります。周囲は平地が続いており、沿岸にこのような形状の山があるとは思えません。

氷に覆われているようですが、こちらも明らかにピラミッドにしか見えませんね。残念ながら、場所がどこなのかは不明です。

沿岸部で発見された南極ピラミッド

NASAが実施した南極大陸の地中探査画像

南極大陸は、平均2,500mの厚さの氷に覆われています。この分厚い氷の下に、超古代文明が築いたピラミッドが隠されているのでしょうか?

下の写真は、NASAが実施したという南極大陸の地中探査画像です。氷の下約2kmの地点に、明らかに人工的に区画されたエリアが見られます。ピラミッドではないか?と思われるような四角い構造物も、幾つか確認できます。

NASAが実施した南極大陸の地中探査画像

スポンサーリンク

Amazonプライムビデオ30日間無料

シェアして頂けると嬉しいです!

南極大陸ピラミッド、 グーグルアースで確認! 元ロシア軍人も証言! 南極・古代遺跡の謎にせまる
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。

『南極大陸ピラミッド、 グーグルアースで確認! 元ロシア軍人も証言! 南極・古代遺跡の謎にせまる』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/12/05(月) 18:42:43 ID:f758e0fef 返信

    ロシアは既にガブリエルの箱舟を発見したかもな!
    それから南極の地下にある地底文明と接触してるな。
    黄金の十字架にその場所が記されているかも知れない。
    ボストーク湖はスタート地点かも。

  2. 名前:タッツー 投稿日:2017/01/04(水) 21:30:13 ID:3df9f4cc2 返信

    地底人はアトランティスの方々が大陸が沈む前に地底に行った方々で、文明的にかなり我々より進んでいたと、本にありました。
    この南極のピラミッドのニュースで感じたことは、
    人類はこれまで、(次元的?)進化?に失敗して、何度も原始時代からやりなおしをさせられている。アトランティスもその1つと聞いたことがある。原因は核の使いすぎとか。(出典忘れちゃいました。ごめんなさい。)南極の遺跡はその証拠かもしれないと思いました。今回は大丈夫!になったらしい!

  3. 名前:うつぎれい 投稿日:2017/05/03(水) 16:35:17 ID:1d17474a0 返信

    うつぎれいです。

    上のピラミッドをグーグルアースで確認してみましたが、少なくとも今現在のグーグルアースの表示によるとこの四角錐の各底辺は500メートル近くあるように思います。

    そしてこれがもし ( ポールシフト以前からあったものだとすると意味がなくなりますが ) ポールシフト以後に造られた比較的新しいピラミッドなのだとすると、その4辺は現在のグーグルアースの右上にある、「コンパス表示」の東西南北にほぼピッタリと一致してます。

    以前に別ページのコメントでも書きましたように、この東西南北線との一致は、月面上の至る処にある異星人構造物の典型的な特徴なので、この南極のピラミッドにもET ( 人類外知的生命体 ) の関与があったろう事は、十分に考えられることになります。

    30分ほど前に、グーグルアースの方位とこのピラミッドの4辺が一致してるのに気付いてちょっとビックリしたばかりです。

    ( 因みに北大西洋中央海嶺近くのマデイラ海盆に在る例の入り組んだ矩形構造というか碁盤目構造の方は、この方位表示の東西南北とは何も相関性が無いので、ETの関与は無かったと思われます。)

    • 名前:管理人 投稿日:2017/05/04(木) 16:28:33 ID:ccd0a1a2b 返信

      東西南北線との一致は興味深いですね。ピラミッド説の後押しになりそうです。