南極大陸で発見されたピラミッド! 遂に元ロシア軍人が証言! 古代遺跡の謎にせまる

2012年9月、「南極大陸にピラミッドを発見した!」という驚くべき報道がありました。

なぜ氷で覆われた南極大陸に、ピラミッドが存在しているのでしょうか? 氷の下には、私たちの知らない古代文明の遺跡が眠っているのでしょうか?

今回は南極大陸の謎を考察してみます。

スポンサーリンク

南極大陸で撮影された謎のピラミッド

南極大陸は、古くはギリシャ時代から未知の南の大陸として、その存在の可能性が指摘されていました。

しかし南極大陸には、先住的な居住者は一度も存在していないはずなのです。それなのに、なぜか南極大陸には古代遺跡があると、まことしやかに囁かれています。

では、よく問題にされている南極の古代遺跡には何があるのでしょうか?

一つは、「南極のボストーク湖に沈むと言われる謎の構造物」であり、もう一つは当記事で取り扱う「南極大陸で発見された謎のピラミッド」です。

まずは、南極で発見されたという謎のピラミッドの写真をご覧ください!

横から撮影された南極大陸のピラミッドの写真

南極大陸で発見された古代遺跡のピラミッド2

南極大陸で発見された古代遺跡のピラミッド1

伝えられている情報では、ピラミッドは海岸から約10マイル(約16キロ)ほど離れた内陸部に2基、沿岸部に1基が発見されたのだそうです。

これは内陸部で発見されたピラミッドの一つと思われます。

ピラミッドが3つ並んでいる?

南極大陸で発見された古代遺跡のピラミッド3

これは上記と同じピラミッドを、角度を変えて撮影したものです。誰も指摘していませんが、この写真を見ると、中央の大きなピラミッドの両脇にも小さなピラミッドが隠されているようにも見えませんか?

しかも、この3つ並んだ配置は、下のエジプトの3大ピラミッドに似ていませんか?

エジプトの三大ピラミッド

年代的には、南極ピラミッドのほうが古いはずなので、エジプトのピラミッドの原型は南極大陸にあったのかもしれません。

正四角形のピラミッド

南極大陸で発見された正四角形のピラミッド

こちらは俯瞰から撮影されたピラミッドの写真です。正四角形であることが分かります。この形を見ると、自然の山ではないように見えます。

南極大陸で発見された正四角形のピラミッド(CG修正)

こちらは分かりやすいように、雪を取り除いて修正したCG写真です。「やはりピラミッドだ!」という確信が強まりますね。

沿岸部で発見されたピラミッド

南極大陸で発見された古代遺跡のピラミッド4

沿岸部で発見されたピラミッドは、洋上からも確認できます。氷に覆われているようですが、こちらも明らかにピラミッドにしか見えません。残念ながら、場所がどこなのかは不明です。

専門家たちの見解は?

アメリカを中心とした欧米の探検家8人のチームが、南極でピラミッドを発見し、その証拠にこれらの写真を撮影したそうです。

しかし、専門家の見解によると、これは南極特有の激しい風雨で浸食された自然の山だと言うのです。

専門家の見解と聞いたら、「やっぱり、ただの山だったのか」となってしまいますね。

でも、激しい風雨で浸食されたのならば、むしろ、三角のとんがりや稜線の角が浸食されて、丸みを帯びて平らになっていくのではないでしょうか?

南極ピラミッドの存在を隠しておきたい者たち

南極アムンゼン・スコット基地のセレモニアル・ポール

さて、ここで疑問を持つ人がいると思います。

こんな世紀の大発見ならば、もっと大騒ぎになっているはずだ!と。また、この写真や発見した探検隊のことを調べても詳細は不明であり、信じることができないという意見もあります。

実は、紹介したピラミッドの写真は、正式な発表の場で公開されたものではなく、探検隊の誰かがリークしたものと言われているのです。

これは何を意味しているのでしょうか?

すでにアメリカは、南極の超古代文明を発見している?

可能性は二つ考えられます。一つは、南極にピラミッドがあるなんて、始めから全くの捏造情報であるということです。これも否定できませんが、写真を見る限り、捏造写真には思えないのです。

そこでもう一つの可能性は、発見された南極大陸のピラミッドの存在を、「隠しておきたい者たち」がいるでのはないか?ということです。

すでにアメリカ政府は南極に栄えていた超古代文明を発見しており、それを隠すために情報を攪乱しているという陰謀論もあるのです。

その理由は何故でしょうか? それは古代文明の高度なテクノロジーを、アメリカ一国で独占したいからです。

古代文明と言いますが、人類の起源に関わる情報や、ピラミッドパワーなどの技術を始め、宇宙人と交流していたかもしれない人々の文明は、現代の文明よりも遙かに進んでいたかもしれないのです。

探検家の誰かが、ピラミッドの証拠写真をリークした?

かつて、南極の古代文明の高度な技術を得ようと企んでいたのが、ナチス・ドイツだと言われています。しかし、ナチスは目的を達成する前に滅んでしまいました。

そして現代では、アメリカやロシアなどの大国が南極の利権を争っており、各国も後れを取るまいと追随しているようです。南極には、各国の思惑が複雑に絡んで、情報が攪乱されており、さらに謎が深まってしまっているのではないでしょうか?

だとするならば、「ピラミッドは自然の山である」という専門家の見解も、隠蔽しておきたい側の攪乱情報かもしれないので、鵜呑みにしてはいけないのかもしれません。

南極のピラミッドに関して、詳細な情報が今も出てこないのは何故か? それはピラミッドの存在を隠しておきたい者たちがいて、その彼らが強大な権力を持っているのならば、当然のことなのです。

しかし、この世紀の大発見を何としても知らせたい!と思った探検家チームの人物がいたようです。そこで証拠写真をリークするという手段を取ったのではないでしょうか?

なぜ南極にピラミッドがあるのか?

南極大陸の衛星写真

人類が初めて南極点に到達したのは1911年(ノルウェー探検隊が達成)のことであり、今から100年ほど前のことでしかありません。

南極は未だに未開の大地であり、南極大陸には多くの謎が残されたままになっているのです。

南極大陸は、かつてのアトランティス大陸だった?

仮に、これが本物のピラミッドだとしたならば、なぜ氷に覆われた南極にピラミッドがあるのでしょうか?

実は、南極大陸はアトランティス大陸であったという説もあります。

ポールシフトによって地球の地軸がずれてしまったため、温暖な地域にあった南極大陸が、今では氷に覆われてしまっているわけです。

そして一説には、アトランティス文明は、ピラミッドパワーを用いていた文明と言われています。なので、南極大陸にピラミッドがあってもおかしくはないのです。

しかし、残念ながら、そんなに簡単な話でもありません。

南極は1500万年も氷に閉ざされている?

南極大陸は、平均で約2,500mもの分厚い氷で覆われています。

しかし、南極大陸には、ほんとんど降水量がありません。これだけの厚さの氷に覆われるためには、膨大な時間が掛かると考えられています。

このため、南極大陸は約1500万年(3000万年とする資料もある)もの間、氷で閉ざされていると推測されています。

もしも南極に古代文明が栄えていたのならば、それは氷に閉ざされる以前の話でしょう。そう考えると、南極のピラミッドは、1500万年以上も前に建てられたことになってしまいます。

アトランティス文明は、およそ1万年前に滅亡したと言われているので、もっともっと遙か遠い昔に栄えた文明まで、遡らないといけないのですね。

ちなみに、人類の直接の祖先とされるヒト亜科の動物(猿人よりも以前の動物)が誕生したのは、600万年前から500万年前くらい前だと目されています。

つまり1500万年前には、人類の祖先に当たる動物さえ存在していないのです。少なくとも現代の常識では、約1500万年以上も前に栄えた古代文明の存在など、とうてい受け入れられないでしょう。

地底人や宇宙人が建てたピラミッドか?

そうなると、現在の人類とは別の進化を遂げている地底人(地球は空洞になっており、高度な地下文明が栄えているという説)、あるいは遙か昔にやって来た宇宙人が建てたピラミッドという仮説も出てきます。

現代の常識で考えると、さらに常識を超えた話に踏み込んでいくことになるのですね……。

話に収拾がつかなくなるので、やはり専門家が述べている「南極のピラミッドは、自然の山に過ぎない」という説が、現実的な考えになるのでしょうか?

南極のピラミッドは、遙か昔の超古代文明の遺跡か?

アトランティス文明のイメージ

しかし、常識にも盲点はあります。それは、1500万年もの間、本当に南極大陸はずーっと氷に覆われたままなのか?という疑問です。

南極は氷に覆われていない時代もあった!

1986年、オハイオ州立大学の古生物学者ピーター・ウェブのチームは、南極点から640kmの地点に、300万年前に繁殖していた大規模な温帯森林の痕跡を発見したそうです。

これが事実ならば、南極大陸は1500万年もの間、ずーっと氷に覆われていた大陸ではない!ということになります。

ちなみに、先ほども触れたポールシフト(地球の地軸の移動)は、1~2万年ごとに発生すると言われています。

今は氷に覆われている南極大陸も、このポールシフトによって、温暖になったり、氷に覆われたり、気候の変化を度々繰り返しているのではないでしょうか?

アトランティス文明以前の可能性もある

数万年単位でも、気候の変化は起きているわけです。

そう考えれば、南極で発見されたピラミッドは、1500万年以上も前のピラミッドである必要はなくなります

さらに言えば、南極のピラミッドは、アトランティス文明のものでなくても良いのです。そもそも、南極大陸=アトランティス大陸も、数ある仮説の一つに過ぎません。

アトランティスよりも以前の超古代文明まで含めれば、南極のピラミッドの存在も、十分にあり得る話なのではないでしょうか?

南極のピラミッドは、超古代文明の遺跡か?

当記事の結論を言えば、南極大陸にあるピラミッドは本物である。それはアトランティス文明よりも以前に栄えた文明(数万から十数万年前)の人類が建造した超古代の遺跡である、ということになります。

もちろん、これも仮説ではありますが、人類が築いた文明の歴史を、たかだか数千年の時間に閉じ込めておくのは、人類全体の損失になります。

アトランティス以前にも、ムー、レムリア(ラムディア)、ミュートラムなどの超古代文明が栄えていたとも言われているわけです。

今回の南極のピラミッドの発見は、超古代文明発見の序章に過ぎないのかもしれません。

今後、さらなる南極の調査によって、私たちの常識を遙かに超えた古代文明の遺跡が発見された!というニュースが、飛び込んで来ることに期待したいと思います。

遂に元ロシア軍人が証言、南極ピラミッドの存在を暴露!

元ロシア軍人が、南極ピラミッドの存在を暴露

参照)http://areazone51ufos.blogspot.jp/2016/09/armee-officiel-russe-revele-dans.html

南極ピラミッドの存在は、情報源が定かでないために、信憑性に欠けるという点が指摘されていました。

しかし、露オルタナティブニュースサイト「karamola.info」のインタビューで、南極ピラミッドの存在を暴露する人物が、遂に現れました。

その人物は、元ロシア軍人エウゲネ・ガブリコフ氏で、「南極大陸に古代ピラミッドや、次元転移装置などが隠されている」と証言したと伝えられています。

さらに南極大陸には、ナチスドイツの軍事施設跡らしきものまで残されていることも暴露しています。

ガブリコフ氏によると、すでにアメリカはこれらの情報を掴んでいるようです。

今のところ、ガブリコフ氏がどのようにして情報を入手したのかは不明ですが、今後、いよいよ南極ピラミッドの存在が明かされることになるのかもしれません。

▼失われた超古代文明を探究するグラハム・ハンコックの最新刊!『神々の指紋』から20年、その正しさを裏付ける驚きの最新レポート!

『南極大陸で発見されたピラミッド! 遂に元ロシア軍人が証言! 古代遺跡の謎にせまる』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/12/05(月) 18:42:43 ID:f758e0fef 返信

    ロシアは既にガブリエルの箱舟を発見したかもな!
    それから南極の地下にある地底文明と接触してるな。
    黄金の十字架にその場所が記されているかも知れない。
    ボストーク湖はスタート地点かも。