史上最強、最大の超巨大サメ・メガロドン! 生存の証拠映像、画像、目撃証言の数々

メガロドンか? 巨大ザメを食べた巨大モンスターの正体

現在も、「メガロドンが生存しているのではないか?」と思わせる不思議な事件が、オーストラリアの海で起きました。まずは、上記の動画をご覧ください。

ホホジロザメに、位置情報を確認できるタグを装着

2014年6月6日付の海外メディアの報道によると、研究者たちが実験対象のホホジロザメに、位置情報を確認できるタグを装着して海に放流していたそうです。

ところが、その4ヶ月後、放流した場所から3キロ離れた海岸に、タグだけが流れ着いたのです。

そのタグを調べてみると、タグを装着していたホホジロザメは急に体温を上げ、580メートルもの深海に潜っていたことが分かりました。

ホホジロザメを飲み込んだモンスターは、メガロドンか?

これが何を意味するのか言うと、このホホジロザメは、他の生き物に食べられて、その生き物の消化器官の中にいたことを示しているそうです。

このホホジロザメは、2.7メートルもありました。それを丸呑みにして、一気に580メートルの深海にまで潜った巨大モンスターの正体とは、いったい何者でしょうか?

サメは共食いをするので、正体は超巨大なホホジロザメであるとも指摘されています。しかし、2.7メートルのサメを呑み込んでしまうのですから、メガロドンである可能性も否定できませんね。

メガロドンの胸ヒレが撮影された?

こちらはロボット・アームを使って、海底の地質調査をしている映像に、「メガロドンか?」と思われるような巨大サメの胸ヒレが映り込んでいました。

右側から巨大な生き物が、泳いで横切っている影が確認できますので、ご覧ください。

突然、巨大なサメのヒレが出現!

海底調査中に、メガロドンを撮影1

突如として現れた巨大な生物が、ロボット・アームの向こう側を泳いで横切っていきます! このヒレは、サメ類のものです。

ヒレの輪郭を分析してみると、メガロドンか?

海底調査中に、メガロドンを撮影2

輪郭を分かりやすくした画像です。海洋生物学者のコリン・ドレイク氏は映像を分析し、このヒレの大きさから、サメの大きさを19メートル(62フィート)以上と推測しています。

そんな超巨大なサメがいるとするならば、やはりメガロドンのほかにいませんね!

次ページでは、メガロドンの生存を裏付けるような興味深い画像と、目撃証言をご紹介します。

『史上最強、最大の超巨大サメ・メガロドン! 生存の証拠映像、画像、目撃証言の数々』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/08/31(水) 17:08:41 ID:8b0f95cf4 返信

    す.すごすぎる

  2. 名前:ツルッぱげ 投稿日:2017/05/01(月) 20:54:35 ID:37ec9582a 返信

    う・海は、こ・怖いんだなぁ(涙)
    鮫の映像を見るだけで「ジョーズ」のテーマ曲が聴こえてくるんだな。

    メガロドンが生き残っていても不思議じゃないよ海は!
    鯱が鯨から派生してメガロドンが絶滅するなら、他の鮫だって絶滅するでしょう。
    公平じゃないと思うけれど、棲み分けは出来ていると思う。