史上最強、最大の超巨大サメ・メガロドン! 生存の証拠映像、画像、目撃証言の数々

メガロドン生存の証拠画像

メガロドンは絶滅しておらず、現在も生き残っていたと思われる有名な証拠画像をご紹介します。

Uボードの向こう側にメガロドン

Uボードの向こう側にメガロドン

こちらは1942年11月18日、南アフリカのケープタウン沖で撮影されたと言われる写真です。メガロドンの生存を証明する証拠写真として有名です。

ドイツ海軍のUボートの向こう側に、巨大サメの姿が写されています。海面に出ている背ビレと尾ひれの間は、64フィート(19.5メートル)と推測されています。

これは手前のUボートと比較した長さと思われるので、ほぼ正確な数字ではないでしょうか? メガロドンの中でも、20メートルを超える特大サイズになりますね。

写真が本物であるのかどうか、専門家に分析してほしいものです。

メガロドンに尾を食い千切られたクジラ

メガロドンに尾を食い千切られたクジラ

こちらは尾を噛み切られたミンククジラの死体です。ハワイで発見されたようです。

巨大なクジラの尻尾を、こんなふうに噛み千切ることができる生き物は、メガロドンしかいないのではないでしょうか?

メガロドンがクジラを襲っている?

クジラを襲うメガロドン

こちらはクジラ(写真右)を襲っているメガロドンと思われる画像です。南アフリカで撮影されたとのことです。

赤丸で囲った尾の部分が、メガロドンの尾ヒレと考えられています。高さが6フィート(1.8m)もあるそうです。

こんな巨大な尾ヒレを持ち、クジラを襲って食べる海の生き物がいるとすれば、やはりメガロドンとなりますね。

メガロドン生存の目撃報告

メガドロンの目撃

メガロドンの目撃証言も数多く報告されていますので、以下にご紹介します。

メガロドンを目撃? ニュージーランドの漁師

1918年、ニュージーランドのロブスター漁師たちが、35メートル以上もある真っ白なサメを目撃したと報告しています。

ロブスターの入っていたカゴを引きちぎって泳ぎ去ったそうです。

漁師のひとりは「サメの大きさは90m以上あった!」と話し、別の漁師は「波止場(約35m)と同じ位の大きさだった」と話しています。

90m以上というのはさすがに大袈裟でしょうが、35メートル以上であるならば、推定されているメガロドン(13~20メートル)の体長をも遙かに上回ります

真っ白というのも、奇異な目撃証言ですが、絶滅種なので実際にはどんな体色だったのかは分かりません。真っ白な巨大生物UMAとなると、「南極のUMAニンゲンか?」という想像も膨らみますね。

プロの漁師たちの目撃報告なので、信憑性は高いとは思われますが、確固たる証拠が残っているわけではありません。

メガロドンの咬み跡が船底に?

1954年、オーストラリア船の船底に、巨大なサメの歯形がつけられ、何本かの歯も採取されたとのことです。

船底に付いた歯形の大きさは直径2メートル!にも達するため、メガロドンの咬み跡ではないか?とも言われています。また、採取された歯は、ホホジロザメにしては、あまりにも大きすぎるそうです。

本当に歯が残されているのならば、現代なら正確なDNA鑑定ができるのではないかと思いますが、その後、調査はしているのでしょうか?

メガロドンの生存証拠を、アニマルプラネットが検証

アニマルプラネットの番組では、メガロドンが生存している証拠として、下記の項目を検証しました。いずれも衝撃的な内容です。

① 衛星写真に大きなサメの影、およそ20メートル

② クジラを襲う巨大ザメ動画

③ 深海で写っていたヒレ、サイズ換算で19メートル

④ ブラジルの救難で、ヘリから海面を映したら巨大なサメの影

⑤ 新しいメガロドンの抜けた歯

⑥ オーストラリアで新種のサメ、こぶや鰭にとげがある、メガロドンの子供

⑦ ブラジルで見かけられて、インド洋でタグデーターが繁殖している

⑧ 尾を噛み切られたミンククジラの死体がハワイに

⑨ 南アフリカの調査で、クジラ模型と巻き餌で、メガロドンを深海から呼びこむことに成功。クジラの実寸大模型は、メガロドンに持っていかれている。

⑩ アフリカに実在するサブマリンなる大型サメは実存しており、9m位。これはメガロドンの子供か?

驚愕の巨大サメの動画

メガロドンの体長は13~20メートルと推測されていますが、そうは言われても、なかなかイメージできないと思います。

そこで映像に残されている巨大サメの動画をご覧ください! とにかく、大きいです!

しかし、それでもメガロドンに比べたら、半分以下の大きさに過ぎないのです。いかにメガロドンが巨大であるかが、想像できると思います。

巨大ホホジロザメ「ディープ・ブルー」

こちらは2013年に撮影された巨大ホホジロザメの映像です。体長は6メートルを超えており、映像に残されている中では最大のホホジロザメと言われています。

映っている人間と比べて、いかに巨大であるかが分かりますね。ちなみに、人間がケージ(檻)の外に出ていますが、大丈夫なのでしょうか?

このホホジロザメはスペイン語で「ディープ・ブルー」と名付けられ、年齢は50歳程度と推定されています。

正体不明の巨大サメの動画

こちらは正体不明の巨大サメです。船上にいる人も、驚きの声を上げていますね。あまり大きな船ではなさそうなので、巨大サメから攻撃を受けたら、ひとたまりもないかもしれません。

海には、本当はこのような巨大サメがうようよといて、人目に触れるのは、その中のごく一部なのだと思います。

メガロドンが絶滅したのは150万年前と言われていますが、地球時間で考えれば、それほど昔のことではありません。巨大ザメの映像を見ていると、今もメガロドンが生き残っていても、おかしくないように思えてきます。

巨大サメのおすすめ映画「ディープ・ブルー」

映画ディープブルー

映画「ディープ・ブルー」は、新薬研究のためにDNAを操作されたサメが巨大化し、高度な知識を持つ新種と化してしまったパニック映画です。

なぜか人間は巨大ザメが好きらしく、巨大ザメが登場する映画は多々ありますが、その中でもレニー・ハーリン監督の「ディープ・ブルー」は、ジョーズに次ぐ傑作だと思います!

「ディープ・ブルー」は、Amazonプライムビデオ(30日間無料)で、いつでも観られます!

(無料のプライムビデオは執筆時の情報です。有料に変更される場合もありますので、詳細はAmazonのサイトでご確認ください)

『史上最強、最大の超巨大サメ・メガロドン! 生存の証拠映像、画像、目撃証言の数々』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/08/31(水) 17:08:41 ID:8b0f95cf4 返信

    す.すごすぎる

  2. 名前:ツルッぱげ 投稿日:2017/05/01(月) 20:54:35 ID:37ec9582a 返信

    う・海は、こ・怖いんだなぁ(涙)
    鮫の映像を見るだけで「ジョーズ」のテーマ曲が聴こえてくるんだな。

    メガロドンが生き残っていても不思議じゃないよ海は!
    鯱が鯨から派生してメガロドンが絶滅するなら、他の鮫だって絶滅するでしょう。
    公平じゃないと思うけれど、棲み分けは出来ていると思う。