宇宙人グレイの正体はアンドロイド? レプティリアンは、グレイを手下に使って悪さをしている?

宇宙人と言うと、上記の動画のような「グレイ」と呼ばれている宇宙人をイメージする人が多いと思います。

映画でもグレイタイプの宇宙人が多く登場しますし、有名なロズウェル事件で回収された宇宙人も、グレイであると言われています。

しかし、宇宙人グレイは「アンドロイド(生体サイボーグ)」であって、本当の宇宙人ではありません。これはUFO研究家の間でも、ほぼ一致した見解になっています。

スポンサーリンク

リトルグレイの特徴と役割

リトルグレイ

一般的にグレイと呼ばれているのが、「リトルグレイ」と呼ばれているタイプです。

大きな頭と、アーモンド型の黒い大きな瞳を持ち、体色は灰色です。身長は1メートル20センチ程度であり、ひょろりとした細長い手足をしています。

顔立ちはみんな同じ、体型も身長も同じです。ほとんど固体の違いが見られません。このことからもリトルグレイは、宇宙人が作ったアンドロイドであると考えられています。

グレイは宇宙人の代わりに作業をするアンドロイド

なぜ宇宙人たちは、グレイのようなアンドロイドを作ったのでしょうか?

人間もロボットを作り、自分たちの代わりに作業をさせているわけです。将来的には、人間に限りなく近いロボットを作ろうと研究しています。

宇宙人たちは科学が進んでいるので、すでに自分たちの代わりに作業ができるアンドロイドを持っているのです。それがリトルグレイであり、面倒なことや、危険なことはグレイに任せています

例えば、アブダクション事件(宇宙人の仕業による人間の誘拐)の多くは、グレイが手先として使われています。人間の誘拐には危険が伴いますし、下手をすれば地球人に捕まってしまうので、グレイにやらせているわけです。

グレイは危険な任務も担当

公には報道されませんが、グレイが地球人に銃殺されたり、撲殺されたりしている事件が過去に起きています。グレイはそのような危険な任務も担当しているわけです。

また、地上偵察のために飛んでいる小型UFOにも、グレイが乗り込んでいることが多いようです。

軍の戦闘機に爆撃されたり、事故で墜落する危険もあるわけですから、本物の宇宙人たちは母船UFOの中にいて、グレイに偵察をさせているわけです。

このため、グレイの目撃例が多くなるのは当然であって、宇宙人と言えばグレイという認識が広まっていますが、実際には、グレイは宇宙人たちが作ったアンドロイドなのです。

レプティリアンは、グレイを手下に使って悪さをしている?

グレイの身体は貧弱ですが、牽引ビームで四次元ワームを作り、屋根や壁があっても人間をアブダクションできるのだそうです。

ベッドで寝ていたはずなのに、気付けばUFOの中にいたという体験談がよく聞かれますが、それはそういう仕組みなのですね。

そのような悪さをするリトルグレイを使っている宇宙人たちは、おもにレプティリアン(爬虫類型宇宙人)だと言われています。

アブダクションした人間を人体実験したり、体内にチップを埋め込んだり、時にはレプティリアンたちの食料として人間を捉えるらしいので、かなり悪質です。

レプティリアンとグレイ

黒幕の宇宙人は正体を見せない?

地球には様々な種類の宇宙人が飛来していて、勝手に地球人をアブダクションをしてはいけないという協定が結ばれていると言われています。

このため、黒幕のレプティリアンは正体を見せずに、手先のグレイを使って悪事を働いているのかもしれません。

ただ、グレイはアンドロイドなので、自分の意志で悪さをしているわけではないと思います。平和的な宇宙人たちが使っているグレイは、アブダクションなどはしないようです。

様々なタイプのグレイが存在している

ちなみに宇宙には、グレイを大量生産している星が幾つかあり、その星の工場で作られたグレイたちが、数多く出回っているという話もあります。

他にも鼻が異様に大きいラージノーズグレイや、トールホワイト(2~3mの背の高い白いエイリアン)と呼ばれるグレイもいて、彼らはリトルグレイよりも格上の存在のようです。

一説には、火星人とトールホワイトの遺伝子から作られたのがラージノーズグレイで、トールホワイトは火星人と地球の羊の遺伝子操作によって作られた種とも言われています。

この辺りの情報は様々にあるので、何とも言えません。また、本当のバイオロボットとしてのグレイもいれば、生命体として生きている(魂がある)グレイもいるようです。

恐らく、地球人が考えているよりも様々なタイプのグレイがいるものと思われます。

宇宙人グレイの姿を捉えた動画

グレイの姿を捉えている映像や画像は、たくさんありますが、その一部をご紹介します。

尋問される宇宙人グレイ! エリア51の流出映像か

こちらはエリア51から流出したと言われるグレイの動画です。生々しい様子が捉えられていて、信憑性が高い映像と言われています。

尋問されている途中でグレイの具合が悪化し、途中で手当てを受けています。その後、グレイは呼吸困難に陥り、心筋梗塞を起こして死亡したと伝わっています。

ちなみに画面の左下に現れている「DNI」は、海軍情報部の頭文字です。この点からも信憑性が高い映像と考えられているのだと思います。

尋問される宇宙人グレイ! エリア51の流出映像か
エリア51から流出したと言われるエイリアン映像です。 尋問されている宇宙人の具合が悪化し、途中で手当てを受けています。

監視カメラが捉えた宇宙人グレイ

こちらは民家の監視カメラが捉えた宇宙人グレイの動画です。何かしらの異変に気付いた住人が外を見回っているのですが、見ていない隙に、グレイが門から家の中を覗き込んでいます。

人間と鉢合わせになりそうなタイミングでしたが、グレイは気付かれずに済んだようです。ひょっとすると、住人の誰かをアブダクションしようと狙っていたのでしょうか?

宇宙人グレイ(Gray)の姿を、監視カメラが捉えた!
監視カメラが捉えたグレイ(gray)と思われる宇宙人の映像です。 見慣れた日常空間の中に、グレイがひょっこりと姿を現しています。

花火を楽しんでいる子どもの傍に、宇宙人グレイの姿!

こちらは2012年1月1日、米国ウェストバージニア州で撮影された映像です。ホームビデオに偶然、グレイの姿が捉えられていました

花火を楽しんでいる子どもの傍に、グレイが立っている姿がはっきりと映っています。でも、この時には誰も気付いていません。

後でビデオを見て気付いた家族はすっかり怯えて、番犬と防犯カメラを設置したとのことです。

宇宙人が、花火を楽しんでいるホームビデオに映っていた!
子供が花火を楽しんでいる普通のホームビデオ。 しかし、そのすぐ傍に宇宙人が立っていたとは…

映画「宇宙人ポール」

Amazonプライム会員になると無料で映画を観られますので、ぜひご覧ください!


宇宙人ポール (字幕版)

こちらはグレイを主人公にした映画「宇宙人ポール」です。不気味なイメージの強いグレイですが、この映画はコミカルなストーリーで描いている点がおもしろいです。

コミックオタクの二人組の男が、ネバダ州のエリア51から脱走したグレイに遭遇して、やがて打ち解け合って友達になります。しかし、政府組織から追われているグレイと一緒に逃亡する羽目になってしまいます。

笑いあり、スリリングなシーンあり、最後にはどんでん返しもあって、この映画を見ると、今までのグレイのイメージが変わるかもしれません。