オカルト研究家の山口敏太郎、UFOの撮影に成功! 千葉県船橋市の公園

山口敏太郎氏は、日本を代表するオカルト研究家で、テレビにもよく出演していますね。
その山口氏が、白く光るUFOらしき発光体を撮影したようです。

2015年6月4日21時頃、山口敏太郎氏が、偶然に謎の発光体を目撃し、撮影しています。場所は、千葉県船橋市にある公園で、ご自身のスマホで撮影されています。

白い発光体が夜空でホバリングしている状態を、はっきりと捉えています。

UFO映像としては地味なのでしょうが、オカルト研究家がリアルタイムに撮影しながら、いろいろと可能性を解説しているところが興味深いです。

スポンサーリンク

UFOらしき発光体を、写真で確認してみると…

山口敏太郎氏の撮影したUFO 1

▲2015年6月4日21時頃、千葉県船橋市にある公園(通称「怪獣公園」として親しまれている、高根木戸第3号公園と思われます)から撮影。
UFOらしき謎の白い発光体が、上空をホバリングしています。
※下の大きな光は、公園の照明です。

山口敏太郎の撮影したUFO 2

▲拡大してみると…。丸くて白い発光体です。
星のようにも見えますが、他に星は出ておらず、これだけしか映っていません。

謎の発光体について、山口敏太郎氏の見解

山口敏太郎氏はプロのオカルト研究家なので、当然、UFOに関する知識も非常に豊富です。でも、そんな山口氏でも、UFOだと無闇に主張しているわけではありません。

動画では、以下のように考察しながら撮影をしています。

●星にしては大きすぎる。
 他にも天体が見られないことから、明るい星や惑星であるとは考えにくい。

●動きを見せていないため、人工衛星や夜間飛行の飛行機、
 あるいはドローンや電飾の凧などの可能性は低い。

●飛行機などの場合、衝突防止灯や航空灯など複数の灯火があるため、
 映像のように一つの白い光点として見られることは少ない。

●虫などの生き物が街灯の光を反射して飛んでいる場合は、
 被写体が小さくなるため、このようにカメラに映ることはない。

これはUFOの判断基準にもなりますが、このように可能性を一つひとつ検証して消し込んでいくと、「では、何であったのか?」となります。

結論としては、未確認飛行物体、すなわちUFOであったと考えられるでのはないでしょうか?

山口氏自身は、最後までUFOだとは述べていません。「不思議なものが飛んでいる」という程度の表現に留めています。

UFOでないのならば、星という可能性が一番高いのだと思いますが、山口氏は、その場にいて肉眼でも確認しています。
本当は、星とUFOの違いくらいは分かるのでしょうけど、プロであるからこそ、慎重な発言に徹しているのだと思います。

山口敏太郎事務所では、この光点の正体を目下追跡中なのだそうです。今後の発表に期待したいと思います。

参考記事⇒ http://npn.co.jp/article/detail/51001672/

山口敏太郎

▲作家、オカルト研究家、超常現象研究家の山口敏太郎氏

山口敏太郎 著作

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

オカルト研究家の山口敏太郎、UFOの撮影に成功! 千葉県船橋市の公園
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。

『オカルト研究家の山口敏太郎、UFOの撮影に成功! 千葉県船橋市の公園』へのコメント

  1. 名前:もまみ 投稿日:2015/12/29(火) 12:08:15 ID:f315b6d14 返信

    私も、2015年6月4日の21時半頃にその動画にいるような、光?を自宅から撮りました。

    • 名前:mitana 投稿日:2015/12/29(火) 14:19:14 ID:315ab470e 返信

      コメントありがとうございます。
      それはとても興味深いですね。写真かビデオで撮られたのでしょうか? 同じ日に、同じ地域、同じ時間帯だと思うので、山口敏太郎氏が撮影したものと同じであることは間違いないですね。
      やはりUFOに見えましたか? 山口氏にも連絡したら、第三者の目撃者と、その証拠写真(?)もあるということで喜ぶのではないでしょうか。