UMAビッグフットが四体! 米イエローストーン国立公園に出現

UMAビッグフットの映像は数あれど、四体も同時に出現している珍しい映像です。
人間のイタズラとは思えないような状況で撮影されている点も、興味深いです。

これは2014年12月29日にYouTubeで公開されたビッグフットと思われる映像です。この映像では、なんと四体ものビッグフットが同時に登場しています!

ビッグフットは有名なUMAですが、四体も同時に出現するとは前代未聞です。

撮影された場所は、アメリカのイエローストーン国立公園です。「オールド・フェイスフル・ガイザー」という、世界でも屈指の知名度を誇る間欠泉を撮影しています。

その雪に覆われた公園内を、四頭のバイソンがのそのそと歩いているシーンが長々と続きますが、問題のビッグフットは、2分55秒あたりから登場します。

※ここではビッグフットが出現するシーンから始まるように設定しています。
バイソンがいる向こう側の「木々の間」に注目してください!

スポンサーリンク

ビッグフットの姿を、写真で確認してみると…

▲赤枠で囲んだ木々の間から、ビッグフットが登場します。しかも、四体が列を成すようにして歩いてきます。

▲三体は森の奥へと消えてしまい、一体だけが姿を現しています。前方に映っているバイソンと比べてみても、かなり大型であることが分かります。

四体のビッグフットが、米イエローストーン国立公園に出現!?

▲拡大して見ると…。黒い体毛で覆われ、足は太くて長いですね。直立した姿勢は、かなり人間っぽく見えますが、人間よりもずっと大きく見えます。

イエローストーン国立公園でのビッグフットの目撃談

イエローストーン国立公園代表のアル・ナッシュ氏は、ABC放送の取材で「ビッグフットの目撃談は頻繁ではないですが、確かにあります。人々はこの公園についてあれこれと面白おかしい事を言いますが、ビッグフットもその中の1つです」と冷静に述べているそうです。

あながち、否定はしていませんね。

イタズラであるならば、四体ものゴリラスーツを用意して、近くにバイソンがいる危険な場所を歩行しなければなりません。興奮したバイソンに襲われたら、とても逃げられませんね。

そんな決死の覚悟をしてイタズラをする人間が、四人もいたのでしょうか?

映像が不鮮明ではありますが、何かしらの巨人のような生き物が映っていることだけは確かです。
その後、イタズラであったという続報も聞かないので、ひょっすると四体ものビッグフットを同時に捉えた貴重な映像なのかもしれません。

▲イエローストーン国立公園
アイダホ州、モンタナ州、及びワイオミング州に位置するアメリカ合衆国の国立公園です。

イエローストーンは世界最古の国立公園であり、ワイオミング州北西部を中心として、その面積は3,470平方マイル(8,980平方km)にもわたります。2014年12月に世界遺産に登録されています。

ビッグフット(パターソンフィルム)

▲パターソンフィルムから最新のビッグフット映像まで。こちらも併せてご覧ください。
ビッグフット、イエティの動画まとめ

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

UMAビッグフットが四体! 米イエローストーン国立公園に出現
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。

『UMAビッグフットが四体! 米イエローストーン国立公園に出現』へのコメント

  1. 名前:ビッグフット、イエティの動画まとめ | 怪奇動画ファイル 投稿日:2015/11/04(水) 00:59:55 ID:e58863e72 返信

    […] 四体のビッグフットが、米イエローストーン国立公園に出現!? […]