地球空洞説を証明する驚愕映像! これが地底国アガルタの入口か? スノーデンは地底人の存在を暴露!

これは旧ソビエトの宇宙船ミール(1986年2月19日に打ち上げられ、2001年3月23日まで使われた宇宙ステーション)から撮影されたとされる「地球内部の入り口」の映像です。

すなわち、これは地底国として知られている「アガルタ」への入り口ということになります。

私たち現代人には荒唐無稽な話ですが、実は地球は空洞になっており、そこには高度な文明を持つ地底国・アガルタがあるというのです。

スポンサーリンク

地球空洞説を証明する「北極の穴」の写真

これが本当に地球内部への入口を捉えた映像であるならば、大変なことですね。地底国への入口は、北極や南極にあると言われています。

地底国「アガルタ」への入口か?

これが地底国「アガルタ」への入口か? 地球空洞説を証明する驚愕の映像

映像の詳細は不明ですが、実際にこの映像も、宇宙船から撮影した極地の光景に見えます。

これは地底国「アガルタ」への入口でしょうか? 中央の赤い光に、吸い込まれていくような気流が見えます。まるで異次元の入り口のようにも見えますね。

宗教的には、地底国に変わる表現として「地獄」や「冥土」の考え方がありますが、この写真を見ると、まさに火炎地獄への入口のようなイメージも彷彿させます。

気象衛星が撮影した「北極の穴」の写真?

アメリカの気象衛星ESSA-7が撮影した「北極の穴」

こちらは1968年、アメリカの気象衛星ESSA-7が撮影した「北極の穴」の写真です。
この穴の部分は「地球の影の部分が丸く写り込んだもの」と説明されているようですが、どうなのでしょうか?

アポロ宇宙船が撮影した北極の穴

アポロ宇宙船が撮影した北極の穴

こちらはアポロ宇宙船から撮影されたものです。「北極の穴」らしきものが写っています。
一時期、「やはり北極には穴があったのか!」と話題になったようです。現在では、アラスカ沖に発生した大きな低気圧の目であると説明されていますが……。

ナチスも信じていた「地球空洞説」とは何か?

こちらは「地球空洞説」について解説している動画です。現代では空想の産物に聞こえますが、ナチス・ドイツは真剣に地球空洞説を信じていたようです。

実際に、ナチスは1938年から三度に渡る南極への調査を行っており、その一つは地球内部への入口探索のための調査であったと言われています。

ヒトラーは自殺しておらず、ナチスが築いた南極基地に逃れたという話は、今もまことしやかに言われています。ひょっとするとナチスの南極基地は、地底国に築かれていたのでしょうか?

地球空洞説の解説動画

こちらは地球空洞説が、視覚的に分かりやすく説明されている映像です。

地球は中身の詰まった球体ではなく、中はゴムボールのように空洞になっています。
そして、その中心部には小太陽(セントラルサン)が存在しているというのが、ポピュラーな地球空洞説の考え方です。

実際に地底国を見た米国の軍人がいる!

こちらは、実際に地底国に入り込んでしまい、そこに住む地底人たちにも会った人の話です。

その人物とは、1946年から1947年にかけてのハイジャンプ作戦を指揮した米海軍のリチャード・バード少将(1888~1957年)です。

超常現象研究家の飛鳥昭雄氏が、その詳細を解説しています。

リチャード・バード少将が、地底国で見たものは?

1947年の2月、アラスカ基地を出発したバード少将は、真っ直ぐ北極点を目指していました。計画では北極点を通過し、そのまま約2700キロを飛び続けた後、Uターンして戻ってくる予定になっていました。

ところが、そろそろUターンしようとした時、薄いピンク色の深い霧が発生し、バード少将を乗せた機体を包み込みました。

異変を察知したバード少将が基地にSOSの信号を送ろうとした瞬間、霧が晴れて、眼下に広がるジャングルが見えたのです。

地底国には、絶滅した動物や巨大UFOが!

バード少将が操縦している飛行機は、北極圏を飛行しているはずでしたが、まるで熱帯地方のような環境に置かれていたわけです。

驚くことに、そこはただのジャングルではありませんでした。サーベル・タイガーマンモスなど、今では絶滅した考えられている生き物までいたのです。

さらに上を見上げると、巨大なUFOの姿が見えます。もうSFの世界の話としか考えられない状況なのですが、バード少将は、北極で地底国に侵入してしまったものと思われます。

しかし北極は南極大陸と異なり、氷の下は海であって、大陸はありません。ましてや地底国など、あろうはずもありません。しかし、それは私たちが真実を知らされていないだけの話なのでしょうか?

バード少将が撮影した地底国の証拠写真

バード少将が撮影した地底国の写真

バード少将が撮影したとされる地底国の写真です。
地底人たちが居住していると思える集落、森、川、貯水池のような区画された場所が確認できます。未来的な都市空間ではなく、のどかな田舎の風景に見えます。

バード少将が証拠として撮影した地底国の写真はすべて、最高機密として封印されていると言われていますが、流出した画像でしょうか?

アメリカの英雄だったリチャード・バード少将

地底国に迷い込んだと言われるリチャード・バード少将

リチャード・バード少将はアメリカの英雄的な探検家であり、海軍の少将です。

地球は空洞になっており、北極と南極には地底国の入口があると考えれば、バード少将の話は現実味を帯びてきますね。

ちなみに、バードの飛行記録を読んだバード夫人は、下記のように語っているとのことです。

バード夫人が語った地底国の真実

バードはその後、地下で千年以上に渡って存在し続けてきた巨大な地下世界の代表者とコンタクトした。

地底人たちの姿はほとんど人間と似ているものの、地上の人間よりも外観的にも、内面的にも美しいという印象を持っていた。

地下世界では戦争がなく、新しいエネルギー源を持っており、食料や光に困ることはない。

地底人の人々は地上世界の人々と何度かコンタクトを取ろうとしたにも関わらず、全て拒絶され、その度に彼らの航空機は撃墜された。

もし、いつか地上世界の人々が自滅するような事があった場合にのみ、手を差し伸べる事を決め、地上との接触を絶った

地底人はバードに彼らの文明の全てを見せ、パイロットと共に再び、飛行機に乗って穴を通り、地上までエスコートした。

帰り道、バードは知らぬ間に2750kmも飛行していた事に気づいた。

その後、当局はバードを厳密な管理下に置き、生涯決してその事を誰にも話さないよう指示をし、彼は不遇のうちにその生涯を終えた

アメリカの英雄的な探検家でさえも、「知ってはならない真実」を知ってしまうと、その後には不遇の運命が待ち受けているのでしょうか?

エドワード・スノーデン氏が、地底国の存在を暴露!

つい最近では、元アメリカCIAおよびNSA(国家安全保障局)のエドワード・スノーデン氏が、地底国の存在を暴露して話題になりました。

現在、スノーデン氏はスパイ容疑で米政府から刑事訴追されており、ロシアに逃亡中です。

米政府は、地底人の存在を隠している

スノーデン氏は、「インターネット・クロニクル」というサイトで機密文書を公開しました。

その情報によれば、アメリカ大統領以下、政府の最高首脳の多くは、地球のマントルに「現生人類よりも知的な人類種」が存在することを確信していると言うのです。

地球の内部は空洞になっており、そこには地底国を築いている高度な地底人たちが住んでいるというのです。これが真実ならば、この世紀の大発見をなぜ発表しないのでしょうか?

それはUFOや宇宙人の存在を発表しない理由と同様に、私たち人類の世界観が丸ごと崩壊してしまうからでしょう。どれほどの混乱が起きるのか想像も付きません。

また、地底人が持っている高度なテクノロジーを、アメリカ一国で独占したいという欲望もあるでしょう。むしろ、こちらのほうが大きな理由なのだと思います。

スノーデンが暴露した地底人たちの存在

エドワード・スノーデン

以下、元CIA職員のエドワード・スノーデン氏(上記写真)が、インターネットのニュースサイト『インターネット・クロニクル』で明らかにした内容です。

UFOについての政府公式見解として発表されて来た『風船』や『自然現象』はもはや無理がある。

いくつかの秘密文書は、我々よりはるかに高度な知的生命体の存在を示している。
最も確実で不可解な観測は、海底の熱水噴出孔へ入って行ったり、太陽の軌道に入って行ったりする”乗り物”だ。

弾道ミサイル追跡システムと深海ソナーの情報が、国家機密になっている。

機密に触れられる国防高等研究計画局の請負業者のほとんどは『地球のマントルに我々よりはるかに知的な生命が存在する』と確信している。

大統領に送られたメールでアナリストは“彼ら”の技術は進み過ぎていて、戦争になったら我々に生き残るチャンスはないと分析した内容もあった。

“彼ら”からすると我々は地面にはいつくばったアリのようなもの。

“彼ら”とは、地底人たちを意味していることは明らかですね。

地球内部のエネルギーを巡って米ロが対立?

この動画では、スノーデン氏が暴露した情報の裏には、地球内部のエネルギーを巡るアメリカ、ロシアの対立の背景があると指摘しています。

戦争とは結局のところ、国家間の食糧とエネルギー資源の争奪戦です。もしも地球内部から無限のエネルギーを入手できる技術を得たならば、世界の覇者になれますから、大国同士が争う理由は十分にあるわけです。

北極や南極の穴は、スターゲートになっている

北極の穴(スターゲートのイメージ)

地球の中が、ぽっかりと空洞になっていると想像しようとしても、やはり抵抗を感じる人も多いと思います。

実は、地球そのものが空洞になっているのではなく、北極や南極の穴はスターゲートになっていて、別次元への入口になっているという説もあるのです。

矢追純一氏が一度もメディアで明かしていない内容

「矢追純一」に集まる未報道UFO事件の真相まとめ』には、地底国について興味深いことが書かれています。

今まで矢追氏が一度もメディアで明かしていない内容なのですが、矢追氏が秘密結社の最高幹部にインタビューしている箇所があります。

インタビューの相手は、秘密結社の最高幹部の一人である男性です。その秘密結社はナイツテンプラー(聖堂騎士団)のさらに上位に当たる組織であろうと、矢追氏は推測しています。

絶対に顔も名前も明かさない条件で、インタビューは真っ暗闇の部屋で行われるという異様なものでした。

秘密結社の男性は、ナチスの正体やUFOテクノロジーについても興味深い内容を語っているのですが、そこは割愛して、地底国について述べている内容をご紹介します。

矢追純一氏が、秘密結社の最高幹部にインタビュー

矢追純一

以下、矢追氏が秘密結社の幹部の男性にインタビューした内容の一部をご紹介します。

幹部:ヒトラーが南極に行った理由は、もう一つあります。

矢追:えっ、まだあるのですか?

幹部:実はナチスは以前から、地底世界の人々と交流をしているのです。

矢追:地底世界?

幹部:そうです。地球の地底にはもう一つの世界が存在していて、そこには海も陸も山や川も、地上そっくりの世界があるのです。

矢追:地球の中心には金属のかたまりがあって、そのまわりにどろどろに溶けた熱いマグマがあると聞いているのですが…。

幹部:従来の説はその通りですが、実際は違います。もっとも、地底が直接そうなっているわけではなく、地底に別次元の世界への入口が開いているとでもいいましょうか。
いわゆるスターゲートを通って、異次元世界に行けるのです。

矢追:そこにはどんな生物がいるのですか? 人間のような知能が高い者もいると?

幹部:外見は人間そっくりですが、知能程度や科学、それに精神的にもわれわれ人間をはるかに超えています。ヒトラーはそうした地底人からも高い知識と情報を得ていたようです。

いかがでしょうか? 長いインタビューは、ここで終わっています。

相手の正体は不明ですが、世界中にネットワークを持っている矢追氏ですから、インタビューの相手は慎重に選んでいるものと思われます。

インタビューの詳しい内容は、矢追純一氏の下記の本に載っています。

北極と南極の磁場エネルギーを利用したスターゲートがある?

冒頭で紹介した動画を思い返してください。まるで別次元の世界の入口のような様相でしたね。

また、前述したバード少将も、地底国に入る直前に、「薄いピンク色の深い霧が発生して、機体を包み込んだ」という表現をしています。

これはスターゲートを通って、異次元空間に入り込んだのだと考えられないでしょうか? 単に、物質的な穴を通過しただけならば、このような現象は起きないと思うのです。

この秘密結社の幹部が語っているように、北極や南極の穴はスターゲート(異次元への入口)になっていると考えたほうが、地球空洞説はすっきりするのかもしれません。

ひょっとすると異星人たちが、北極と南極の磁場エネルギーを利用したスターゲートを設置していて、自分たちの母星と繋げているのかもしれませんね。

私たちと異なる高度な文明を持つ地底人

地底国のイメージ

空想の産物としか思えない地底国なのですが、世界各地には、極地での楽園伝説が数多く伝わっています。

実際に、何かの拍子に地底国に迷い込んでしまった人たちの話が、伝説として現在まで残されているのかもしれません。

前述したように、近年では、ナチス・ドイツが、本気で南極の地底国を調査したと言われています。何の根拠もなく、国家がそのようなプロジェクトを発動するとは思えませんね。

さらに、驚くことに、実際に北極で地底国に侵入してしまったという実在の米国軍人もいます。

また、一個人の話ではなく、エドワード・スノーデン氏の暴露情報が真実であるならば、米政府も地底国の存在を認めていることになります。

地球は空洞になっており、その入り口が北極・南極にあって、そこには私たちと異なる高度な文明を持つ地底人たちが暮らしている…

あるいは、北極と南極はスターゲートになっていて、異次元世界への入口になっている…。

常識では有り得ない話なのですが、順を追って考察してみると、全くの荒唐無稽な話とも思えなくなってきますね。

地球空洞説を笑う人は、誰もいなくなる日がやって来る?

地球全体が空洞になっているのかは分かりませんが、南極や北極の一部は空洞になっていて、そこに宇宙人たちがUFO基地を造っているということは考えられます。

現代人にとっては、そこまでが想像の限界かもしれません。

しかし、歴史を振り返ってみるならば、16世紀にコペルニクスが地動説を唱えるまで、私たちの先祖は天動説を信じていました。でも、今では天動説を信じる人はいないでしょう。

それと同じように、私たちの今の常識が根こそぎ覆されて、地球空洞説を笑う人は誰もいなくなる日が、やって来るのかもしれません。

『地球空洞説を証明する驚愕映像! これが地底国アガルタの入口か? スノーデンは地底人の存在を暴露!』へのコメント

  1. […] これが地底国「アガルタ」への入口か? 地球空洞説を証明する驚愕の映像 […]

  2. 名前:匿名 投稿日:2016/12/10(土) 19:56:40 ID:0e91a0a5b 返信

    地底人ワームホール入口証拠ないよね