伝説のビッグフット映像。世界を震撼させた「パターソン・ギムリン・フィルム」の最終判定は?

日本でも有名なビッグフットの存在。
2010年に、有名な「パターソン・ギムリン・フィルム」の映像を改めて検証してみたというのですが、その結果は?

これは1967年10月、米国カリフォルニア州のブラフクリークで撮影されたものです。撮影者の名前を取って、「パターソン・ギムリン・フィルム」とも呼ばれています。

ビッグフットを撮影したものとして、古くから知られています。私も子供の頃、よくテレビで放送されていたので覚えています。

「ビッグフット」は、獣人タイプの未確認生物で、日本でも有名です。アメリカ全土とカナダを含む北米の山岳地帯で、数多く目撃されています。

カナダではサスカッチと呼ばれており、ビッグフットの同類と思われるヒマラヤ山脈に棲む雪男は、「イエティ」と呼ばれています。こちらも、日本人に馴染み深い獣人のUMAだと思います。

ビッグフット(パターソン・フィルム)

▲振り返るビッグフットの姿(パターソン・ギムリン・フィルムより)

ロジャー・パターソンと友人のボブ・ギムリン

▲ロジャー・パターソンと友人のボブ・ギムリン

二人は1967年10月、カリフォルニア州ユーレカのブラフクリークにあるシックス・リバーズ国有林で、何者かの巨大な足跡を見たという複数の報告を調査していました。
16mmムービーを持ち、現地に訪れて近辺を捜索している時に、なんとビッグフットを発見! その姿を捉えた映像が、「パターソン・ギムリン・フィルム」です。

「パターソン・ギムリン・フィルム」のビッグフットの映像は昔から知られているだけに、専門家の間でも、「人間の着ぐるみだ」「いや、本物だ」と意見が分かれ、多くの論争が繰り返されてきました。

では、今現在の結論は出ているのでしょうか?
2010年1月に、アメリカのテレビ番組が、霊長類学者の協力のもと、この映像を改めて、コンピュータで分析・検証したみたとのことです。

その結果、体の大きさに比べて、ひざの曲がる位置がかなり低いこと、尻の筋肉の動きがしなやかであることなどから、これは人間が着ぐるみで変装したものではないと判断されました。

私たちは、中に人間が入っているのではないか?と、すぐに疑いたくなるものですが、現代の技術で映像をデジタル化し、1コマずつ丁寧に解析してみると、人間ではあのような動きはほぼ不可能なのだそうです。

また、一説によると1967年当時、もしもあの映像のビッグフットの「着ぐるみ」を作るとしたならば、1億円以上は掛かるだろうと言われているそうです(それだけ、姿がリアルなのです)。

ちなみに撮影者のロジャー・パターソンは、貧乏なカウボーイであったそうです。そんな大金を捻出することは、とても出来なかったと思われます。強引に着ぐるみであったと結論付けようとしても、話に無理が出て来るわけです。

つまり、撮影から半世紀近くを経て、この映像は「ホンモノ」だという検証結果が出たことになります。とはいえ、ビッグフットが捕獲でもされない限り、正体そのものは謎のまま残されます。

ビッグフットは目撃例も多く、近年になって研究も本格化しており、2012年にはアイダホ州立大学が正式にビッグフットの科学的調査を開始したそうです。今後の研究成果に、さらなる期待が持てそうです。

ビッグフット(パターソンフィルム)

▲パターソンフィルムから最新のビッグフット映像まで。こちらも併せてご覧ください。
ビッグフット、イエティの動画まとめ

未確認生物を溺愛する研究者たちが大議論!
山口敏太郎氏の秘蔵UMA資料から450体を紹介する貴重なデータベース付き!

『伝説のビッグフット映像。世界を震撼させた「パターソン・ギムリン・フィルム」の最終判定は?』へのコメント

  1. […] パターソン・フィルムの記事の詳細⇒ http://machiukezoo.biz/archives/417 […]

  2. […] ピュータで分析・検証してみたところ、人間が着ぐるみで変装したものではないと判定されています。 詳細はこちら⇒ ビッグフット「パターソン・ギムリン・フィルム」の最終判定は? […]

  3. 名前:ビッグフット、イエティの動画まとめ | 怪奇動画ファイル 投稿日:2015/11/03(火) 19:37:46 ID:c2eb16d9c 返信

    […] ビッグフット「パターソン・ギムリン・フィルム」の最終判定は? […]