巨人族の骨の化石が、岩手・宮城地震で発見されていた! 古代の日本にもネフィリムが実在した?

これはまさに、日本のリアル版・進撃の巨人ですね!

巨人伝説は世界各地にあり、巨人の骨の化石が発見された話題は事欠きません。そして古代の日本にも巨人族ネフィリムが実在していた!となると、驚く人も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

岩手・宮城地震で、偶然にも巨人族の骨の化石が発見される!

2008年6月14日に、岩手・宮城内陸地震(マグニチュード7.2、最大震度6強を観測)が発生しました。

この時、テレビ局のヘリコプターが被災地に飛んで、上空からリアルタイムで現場を撮影しています。

その映像の放送中、地震で崩落した崖の土砂の中に「巨人の骨の化石」が、偶然にも捉えられてしまったらしいのです。

何とも衝撃的な映像なのですが、撮影していたスタッフは、その時点では気付かなかったようです。

テレビの放送中に、巨人の骨が映っていた!

岩手・宮城内陸地震で発見された巨人の骨

えっ、この日本にも巨人の骨?」と驚いてしまいますね!
崖の上に生えている木々と比べても、かなり巨大であることが分かります。

その後の放送では、巨人の骨が消えている!

ところが、しばらくして現場にブルーシートが掛けられてしまい、その後に放送されたニュース映像ではその巨人の骨が、映像から消去されたという話です。

あるいは、巨人の骨が回収された後の映像が流されるようになったということです。

これだけを聞くと、何とも判断に迷うところではありますね。

誰かが写真を合成して拡散したと考えられなくもありません。この画像だけを見ると、正直に言って確かに怪しい感じはしますが…。

巨人族の骨は、日本政府が回収したのか?

なぜ今頃になって、岩手・宮城内陸地震で発見された巨人の骨が話題になっているのかと言えば、一つには『進撃の巨人』の影響もあるでしょう。

また、当時の地元の人たちも、現場で発見された巨人の骨の存在には気付いていたと言うのですが、災害時にそんなことを話題にしている余裕はなかったものと思われます。

このため、少し時を経てから、「そういえば、あれは何だったのだろう?」と考え始め、ネットで拡散され始めたのかもしれません。

福田康夫元首相が、一部始終を知っている?

この巨人の骨の発見が事実であるならば、誰かが真実を知っています。

これだけの大地震ですから、当時は政府の指示のもとに現場は動いていました。現場の判断だけで、巨人の骨を撤去したとは考えられません。

当時の内閣総理大臣は、福田康夫氏です。政府筋が動いて巨人の骨を回収したのならば、当然、福田康夫氏も一部始終を知っているでしょう。

あなたとは違うんです!」と発言して首相を辞任され、今は議員も引退されているので、この際、真実を全て暴露して、歴代の首相とは違うところを見せつけてほしいものですね。

福田康夫元首相「あなたとは違うんです」

一見、マジメそうに見えますが、トークで人を楽しませることが大好きだった福田康夫氏です。「あなたとは違うんですTシャツ」が、バカ売れしましたね。

大日本人は実在したんです!」と暴露して、再ブレークを果たして頂けないでしょうか(笑)

巨人族ネフィリムは、宇宙人と人類のハイブリッドか?

ネフィリムの巨人伝説の絵

ネフィリム」とは、旧約聖書の『創世記』および『民数記』、旧約聖書外典(続編)の『ヨベル書』、『エノク書』などに記されている種族の名です。

一般的には「巨人族」と呼ばれていますが、幾つかの種族にも分かれていたようです。

創世記に記されているネフィリム

『創世記』第6章1~4節には、下記のことが記されています(Wikiより)。

地上に人が増え始め、娘たちが生まれると、神の子らは人の娘たちが美しいのを見て、おのおの選んだ者を妻にした。
こうして神の子らと人間の娘たちの間に生まれたのがネフィリムであった。
彼らは大昔の名高い英雄たちであった。

文中の「神の子」という表現が気になりますね。

美しい娘達を選んで妻にしたとありますから、神の子とは天使や聖霊という意味ではなく、より人間に近い存在なのだと思います。

また、興味深いことに、ネフィリムの名前の意味は「(天から)落ちてきた者達」なのだそうです!

これが意味するところは、何でしょうか?

ネフィリムの先祖は、地球外からやって来た?

創世記に書かれている記述によると、ネフィリムとは地球外からやって来た「宇宙人種族」であると解釈できるわけです。

伝説や神話などは、後世の人々の解釈が付け足されて分かりにくくなったりしますが、これはそのまんまの意味ですね。

かつて地球上にネフィリムが実在していたとするならば、それは私たち現人類の祖先ではなく、宇宙人(=神の子)と人類のハイブリッドであった可能性が考えられるわけです。

創世記に「彼らは大昔の名高い英雄たちであった」とありますが、人類よりも高い知能を持ち、大きく屈強な身体を持っていたのですから、英雄として崇められたのは当然なのでしょう。

日本にも、ダイダラボッチなどの巨人族の伝承は残されている

そもそも私たち人類も、遙か遠い祖先を遡っていけば、純粋に地球上で誕生したのかどうかは分かりません。

今の人類は、白人、黒人、黄色人種などに分類できますが、それは先祖となった宇宙人の違いとも考えられるのです。

そうした中で、ネフィリムは巨体であるがゆえに地球の環境には適合できずに、全滅してしまったのかもしれません。あるいは、他の宇宙人種族(あるいは、その末裔たち)との争いに敗れて滅んだのかもしれません。

巨人族ネフィリムの骨は世界各地で発見されています。その起源が宇宙人種族にあるならば、彼らは宇宙船による移動が可能です。世界各地で積極的に人類と交わり、自分たちの末裔を残そうと努めていたとしても不思議ではないでしょう。

そう考えると、今回の画像がフェイクであったとしても、古代の日本にもネフィリムが実在していた可能性は十分にあるのではないでしょうか?

日本の巨人妖怪「ダイダラボッチ」

巨人妖怪ダイダラボッチ

日本の各地には、「ダイダラボッチ」や「大入道」と呼ばれる巨人の妖怪も伝承されています。ちなみに、ダイダラボッチとは「大人(おおひと)」の意味です。

秋田県では、横手盆地が湖であったので干拓事業を行った際、ダイダラボッチが現れて水をかき、泥を掬ったため工事がはかどったという伝説が残されています。

「手長足長」の巨人伝説

手長足長の巨人妖怪

秋田県、山形県、福島県、長野県、福井県などには、手長足長と呼ばれる異様に手足の長い巨人伝説も残されています。

今まで巨人族がいた証拠が、日本では発見されていなかっただけなのかもしれません。

『巨人族の骨の化石が、岩手・宮城地震で発見されていた! 古代の日本にもネフィリムが実在した?』へのコメント

  1. 名前:ヘルミプー 投稿日:2016/11/11(金) 06:07:15 ID:a62397ab1 返信

    あー、これ私も見たわ。
    災害の後、意図せず死体が映る痛ましい映像が流れることがあるのは何も始めての経験じゃないから、今回の骨の映像もそうなんだと思ってみていた。疑問に思ったのは震災後すぐ白骨化するのかな?と。もしかして隠していた死体が土砂崩れで表に出たのかと、創造してたが。思い返せば確かに大きいな。