200万年前の粘土像! 人類の誕生以前に作られた究極のオーパーツ

200万年も昔の地層から発見されたという粘土像をご存知でしょうか?

これが事実ならば、今の人類が誕生するよりも以前に作られた究極のオーパーツということになります。人類が存在していない時代に、いったい誰がこのような粘土像を作ったのでしょうか?

200万年前の地層から見つかった粘土像

この粘土像は19世紀に発見されて以来、21世紀の現代に至っても、「なぜこのような人間の姿をした粘土像が、200万年も昔の地層で発見されたのか?」という謎を残したままになっています。

粘土像の大きさは約4cm

200万年前の粘土像1

コインと比べてみても、それほど大きなものではありません。人形であるならば、首飾りなどのアクセサリーのように使われていたのかもしれません。

明らかに人の姿を象っている

200万年前の粘土像2

残念ながら右足は失っていますが、人の姿を象っていることは明らかです。200万年も昔に作られた人形であるならば、原型を留めていること自体が奇跡なのだと思います。

粘土像が発見された経緯

この粘土像は1889年、米アイダホ州のナンパ(Nampa)という小さな町で発見されています。井戸掘りの作業中に、突如として蒸気ポンプから吐き出されたのだそうです。

そこは地下約97.6mの地層であり、ハーバード大学のパットナム教授によると、200万年前の地層であることにほぼ間違いないということです。

また、米オハイオ州のオーバリン大学教授アルバート・ライト博士は、「この粘土像は、非常に高度な技術を持って作られたものである」と述べています。

200万年前という地層から発見されたにも拘わらず、首や胸の周りには、装飾品を施しているような幾何学模様まで確認できるそうです。

人類の誕生以前に作られたオーパーツの謎

人類の進化のイラスト
(参考イラスト:『世界史詳覧』浜島書店より)

さて、200万年前というと、どのような時代になるのでしょうか?

人類は、およそ200万年前にアウストラロピテクス属から分化し、ヒトの属するホモ・サピエンス(旧人を含む)は、ようやく20万年ほど前に現れたと考えられています。

アウストラロピテクスというのは猿人ですから、現代の人間とは違います。つまり、200万年前には、まだ現生人類は誕生していないことになっているのです。

そのような時代に、誰がこのような粘土像を作ったのでしょうか? そこが最大の謎になるわけで、これぞ人類の究極のオーパーツかもしれません。

人類の祖先は宇宙人?

宇宙文明のイメージ

人類がいないはずの地球で、人の姿をした粘土像が作られていたとするならば、その答は限られてくるのではないでしょうか?

古代宇宙文明によるもの?

UFO研究家のスコット・ウェアリング氏は、自身のサイト「UFO Sightings Daily」で、この謎の粘土像について下記の見解を述べています。

これこそが地球に多くの文明が誕生してきた真実である。
専門家たちの見解はもちろん正しい。しかしこの時代にヒトはそこまで進化していたのだろうか……。
その答えは1つ。古代宇宙文明によるものである。

人類の祖先は宇宙人?

ウェアリング氏は、宇宙人の関与を指摘していますが、その見解をさらに一歩進めて、人類の祖先は宇宙人であったとは考えられないでしょうか?

遙か昔、宇宙人たちが新天地を求めて地球に飛来し、その末裔が人類の祖先になったのだとすれば、200万年前に粘土像の人形が作られていても不思議ではありません。

もちろん、現代の常識に照らし合わせて考えれば、そんなことは荒唐無稽な話なのだと思います。

もしも科学の発達した宇宙人たちが、人類の祖先であるならば、「人類はもっと進化しているはずだ!」という異論もあると思います。

でも例えば、母星の環境悪化などで脱出した宇宙人たちが、はるばる地球に辿り着いたとします。彼ら自身は当初、高度な技術力を持っています。

しかし、環境の異なる地球で、子孫にまでその高度な技術や知識を伝えていくことは、非常に困難ではないでしょうか?

現代人だって、無人島に漂流して一世代も下れば、もう立派な原始人になっています。電気もガスも水道もないのですから、また原始的な生活からやり直すしかないのです。

原始生活のイメージ

地球だけで全ての進化は完結していない

そう考えると、宇宙人が人類の祖先になっているという考えも、全くの馬鹿げた話ではないと思います。

これを証明するためには、遙か昔にやって来た宇宙人の化石や、古代UFOの遺物でも発見されないければなりませんが、そうした問題は、中間種が発見されていない「進化論も」同じです。

そもそも、地球だけで全ての進化が完結していると考えようとするから、さまざまな矛盾にぶつかり、未だに人類の起源が解明できていないのではないでしょうか?

そう遠くない未来には、進化論はかつての天動説と同じように、時代遅れの誤った学説になっているかもしれません。

それは、この200万年前の粘土像の謎が、ようやく解明された時なのだと思います。

スポンサーリンク
君の名は。バナー U-NEXTの無料トライアルは、もらえるポイントで『君の名は。』も見られます!

シェアして頂けると嬉しいです!

200万年前の粘土像! 人類の誕生以前に作られた究極のオーパーツ
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。

『200万年前の粘土像! 人類の誕生以前に作られた究極のオーパーツ』へのコメント

  1. 名前:ゆーみー 投稿日:2017/01/07(土) 19:42:01 ID:d6998ec63 返信

    地割れとか地面にできた穴に像が落ちたとか、像を埋めたというのがありそうな線ですね。

    この問題とは別に地層による年代測定もけっこういいかげんではないかと思う。
    例えばいくつもの地層を縦に貫通して存在する木の化石。最も古い地層から新しい地層までその木が生き続けていたと考えるより、その木が生育していた数十年の間にいくども水害があって地層のように土砂が貯まっていったと考える方が理にかなっている。