南極大陸の謎! グーグルアースで古代文明の遺跡と、UFO基地の入口が発見される!

南極大陸には以前より、謎の古代遺跡があると言われ続けています。

今回はグーグルアースで発見されたという古代遺跡と、南極大陸の謎について検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

南極大陸の古代遺跡をグーグルアースが発見!

南極大陸の驚くべき画像が公開されています。その中には、明らかに人工的な構造物としか思えないものもあります。

それらは今もグーグルアースで確認できるものなので、順を追って、それらの画像を見ていきましょう!

グーグルアースが捉えた南極の古代遺跡

グーグルアースが捉えた南極大陸の古代遺跡

座標66°17'10.5"S 100°29'07.8"E

自然にできた造形という見方もあるとは思いますが、周囲には似たような造形が見当たりません。ここだけ写真のような不可解な造形が見られるのです。

人工的に区画された遺物が、氷の下に隠されているようにも見えます。南極大陸に古代遺跡が存在する証拠の画像となるのでしょうか?

大きさを測ってみると…

グーグルアースの定規で測ってみると、大きさは、最大の直径で約170メートルあります。横幅は約120メートルです。

有名なイギリスのストーンヘンジでも直径約100メートルですから、これはそれよりも大きなサイズになります。

周囲には、他に類似の造形は見られない

遠景から見た画像です。中央に見えているのが問題の古代遺跡ですが、他にこのような造形は見当たりません。

もしもこれが本当に古代遺跡であるならば、いつの時代のものでしょうか?

現在、その答を出せる人はいないと思います。なぜならば、南極大陸は1500万年もの間、氷に閉ざされた大陸と考えられており、人類が住んでいた記録などないからです。

そう考えると、これは私たちが教わっている人類史を、根底から覆してしまう「超古代遺跡」になることは間違いありません。

南極大陸に「謎の構造物」も発見

さらに人工的な構造物と思われるものも、グーグルアースで確認できます。

グーグルアースが南極で捉えた謎の構造物

グーグルアースが南極大陸で「謎の構造物」を発見

座標66°14'43.81"S 100°32'48.73"E

こちらの画像では、ロールケーキ状の構造物が確認できます。この謎の構造物も、周囲に似たものは見られません。

人工的な建物か、船などの乗り物か?

拡大してみると、謎の構造物を囲むようにして、筋になっている跡が確認できます。道なのか、それとも土台なのかは不明です。

氷を取り除いたならば、何かしらの人工的な建物、あるいは船などの乗り物が見えてくるのではないでしょうか?

人々が十分に居住できる大きさ

グーグルアースの定規で測ってみると、長さは約125メートルあります。幅は約45メートルです。

ちなみに、有名な豪華客船のタイタニック号全長269メートルですから、その半分ほどの長さになります。

これが人工的な遺物であるならば、船なのか建物なのかは分かりませんが、多くの人々が十分に居住できる構造物の大きさはありますね。

これが南極のUFO基地だ!

こちらは極めつけの画像です! このようなものが実際に南極大陸にあること自体、南極には私たちには知らされていない「何か」が存在していることの証なのだと思います。

グーグルアースが捉えた南極のUFO基地①

グーグルアースが捉えた南極のUFO基地1

座標66°36'14.70"S, 99°43'11.11"E

これが自然の造形物と言うならば、その根拠を聞かせてほしいものです。金属的な光沢がある黒い物質で、穴が覆われています。明らかに、人工的な構造物に見えます。

これは遺跡というよりも、「南極のUFO基地」の地下入口ではないか?とも言われています。あるいは、南極や北極の極地にある「地底国」への入口とも考えられます。

幅は約42メートルもある!

穴を覆っている箇所を含めて、幅は約42メートルあります。けっこう大きな穴ですね。UFOが出入りできる大きさは十分にありそうです。

何者かが造った構造物としか思えない

遠景から見た画像です。これは明らかに、「何者か」が建てた構造物ではないでしょうか?

グーグルアースが捉えた南極のUFO基地②

グーグルアースが捉えた南極のUFO基地2

座標66°33'6.60"S, 99°50'24.84"E

※現在はなぜか黒く塗りつぶされた画像になっており、グーグルアースの日付設定で2006年2月23日にすると確認できます。

こちらの穴は、先に紹介した穴とは、約7.7キロ離れた位置にあります。この2つの穴が地下で繋がっているのならば、地下には巨大なUFO基地あることになります。

100メールの幅がある!

こちらの穴は、およそ最大幅で100メートル、高さは37メートルほどあります。どこまで深い穴なのか、想像もできませんね。

ここだけ不自然に空いている穴

遠景で見ると、なぜかここだけ巨大な穴がぽっかりと空いていることが分かります。

南極大陸には何が眠っているのか?

南極大陸に古代文明があったのではないか?と思われる点は、まだあります。

次々に見つかる南極の古代遺跡

2001年、監視衛星の画像により、南極のボストーク湖の湖底には、人工建造物と思われる巨大な物体が眠っている可能性があると報じられたことがあります。

また、2012年9月には、アメリカの探検隊が南極大陸で、3つのピラミッドを発見したというニュースも報じられています。

南極大陸で発見されたピラミッド! 遂に元ロシア軍人が証言! 古代遺跡の謎にせまる
2012年9月、「南極大陸にピラミッドを発見した!」という驚くべき報道がありました。 なぜ氷で覆われた南極大陸に、ピラミッドが存在しているのでしょ...

このような驚くべき発見であるにも拘わらず、アメリカの厳しい報道管制によって、真実が封印されてしまったとも言われています。

南極大陸には、いったい何が眠っているのでしょうか?

NASAの地中探査画像に、ピラミッド状の構造物と遺跡が!

NASAの地中探査画像に現れたピラミッド状の構造物と遺跡

こちらはNASAが実施した地中探査画像です。右側の写真を見ると、氷下約2キロの地点に、明らかに人工的な構造物が確認できます。

正四角形のピラミッドと思われる構造物も見て取れます。人為的に区画された遺跡が、氷の下に眠っているとしか思えませんね。

南極大陸が描かれているピーリー・レイースの地図

ピーリー・レイースの地図

こちらは「ピーリー・レイースの地図(ピリ・レイスの地図)」と呼ばれるものです。

1513年に作成された地図であるにも拘わらず、南極大陸の北岸と思われる正確な輪郭が描かれています。

しかし南極大陸は、1500万年もの間、ずーっと氷に覆われている大陸であるため、16世紀の人間が地形を確認できるはずがありません。そもそも南極大陸が、まだ発見されていない時代なのです。

考えられるのは、かつて南極大陸には古代文明が存在しており、地球の地軸が突如としてズレてしまったため、大陸そのものが氷に閉ざされてしまったという可能性です。

その古代文明が残した何かしらの文献や伝承などを元にして、ピーリー・レイースの地図が作られたのではないか?と、考えることができます。

こうなると、南極大陸は本当に1500万年もの間、氷に覆われていたのか?という点も、再検証しないといけませんね。

南極大陸には、不都合な真実が隠されている?

実は、「南極に古代遺跡が眠っている」というだけの話では留まらないのだと思います。世紀の大発見ではありますが、それだけであるならば真実を隠蔽する必要はありません。

南極大陸には、私たち人類の起源を根底から覆してしまう驚愕の真実と、人類の未来を大きく変えてしまうほどの未知のテクノロジーが眠っているのではないでしょうか?

真実を知られてしまうと不都合な勢力が存在していて、情報を隠蔽している可能性は十分にあるのだと思います。

私たちが確認できる範囲の歴史は、有史時代とも呼ばれていますが、それはほんの数千年の歴史でしかありません。

それ以前の歴史のほうが遙かに長いのであって、その中で私たちの現代文明が最も進化しているとは、必ずしも言えないのだと思います。

▼失われた超古代文明を探究するグラハム・ハンコックの最新刊!『神々の指紋』から20年、その正しさを裏付ける驚きの最新レポート!