イースター島のモアイ像の謎。石像はいつ頃、どのように造られ、なぜ巨石文明は滅びたのか?

イースター島のモアイ像

世界の七不思議と聞いて、イースター島のモアイ像を思い浮かべる人もいると思います。

まるでUFOを出迎えるかのように、空を見上げて並んでいるモアイ像の巨石群を見ると、「いつ、誰が、何の目的で?」と不思議になりますね。

2011~2012年の調査では、地中に巨大な胴体が埋まっていたモアイ像も発見されており、21世紀になってもモアイ像の謎は深まるばかりです。

18世紀に西洋人がイースター島に訪れた時には、高度な文明が栄えていた面影はすでになく、島民たちは石器時代の人々と変わらない暮らしをしていたと言われています。

いったい島民は何のためにモアイ像を造り、このような高度な技術を持った人々は、いったいどこへ消えてしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

モアイ像は絶海の孤島、イースター島で造られた

イースター島の謎の一つに、見渡す限り水平線しか見えない絶海の孤島に、なぜモアイ像のような巨石像を幾つも造るような文明が生まれたのか?という点が挙げられます。

最盛期の人口でも1万人程度の小さな島であり、このような孤島に世界の七不思議が生まれたこと自体が、最大の謎としか言いようがありません。

絶海の孤島、イースター島

絶海の孤島、イースター島の場所

イースター島の位置を確認してみると、現在はチリ領になっていますが、実際にはチリ本土からは3,800kmもの遠い距離に離れています。

最も近い有人島でも、直線距離で2,000km余りも離れています。見渡す限り水平線しか見えないのだそうで、まさにイースター島は絶海の孤島なのです。

このような場所に、モアイ像のような巨石像を造る民族が存在していたのですから、さらにミステリアスな要素が加わっています。

1772年にオランダ人のヤコブ・ロッフェーンが、この島を発見した日がキリスト教のイースター(復活祭)であっため、イースター島と名付けられたと言われています。

実は、イースター島の正式名称は「バスクア島」なのですが、やはり私たちにはイースター島のほうが馴染み深いですね。

イースター島の全景と、島民の暮らし

グーグルアースで見るイースター島の全景

グーグルアースで見たイースター島の全景です。面積は約163.6キロ平方メートルで、これは伊豆大島(91.06キロ平方メートル)の2倍弱の大きさ、北海道利尻島とはほぼ同じ大きさの島になります。

チリ政府により、島全体が「ラパ・ヌイ国立公園」として国立公園に登録されており、1995年には世界遺産に登録されています。

現在は約4,000人の島民が住んでいますが、そのほとんどは西洋人の奴隷狩りによって連れ去られ、その後に戻ってきた人々の子孫です。このため、残念ながらイースター島に伝わる古い文化の継承は途切れてしまっています。

現在の島にはレストラン、ホテル、ディスコ、ガソリンスタンド、ビデオレンタルショップ、学校、病院、博物館、郵便局、放送局(テレビ局3局、ラジオ局1局)等、必要なインフラは整備されているので、今の島民は現代的な生活をしています。

飲食店なども含めて、クレジットカードも使えるそうです。ちなみに、島内には一軒だけ日本食レストランもあり、メニューには寿司や刺身、味噌汁などがあるそうです。

神秘的なイメージが少し崩れてしまったかもしれませんが、現在では、人を寄せ付けない絶海の孤島にモアイ像が立ち並んでいるわけではないのです。

モアイ像はいつ頃、なぜ、どのようにして造られたのか?

アフ・トンガリキのモアイ像

アフ・トンガリキに立つモアイ像です。海岸沿いに15体のモアイが、ずらりと並んでいる姿が圧巻です。

実は、発見された当時のモアイ像は全て倒されており、1990年代に日本のクレーン会社の援助によって、このように復元されています。

なぜ島民にとって神聖なはずのモアイ像が倒されていたのか、これもモアイ像を巡る謎の一つです。

モアイ像はいつ頃に造られたのか?

モアイ像と聞くと、古代遺跡のようなイメージがありますが、実はそれほど古い時代のものではありません。

現在の調査では、7、8世紀頃からモアイ像が造られ始め、その後も17世紀までは造られていたと考えられています。ほぼ千年もの長い間、イースター島には巨石像を幾つも造るような高度な文明が栄えていたわけです。

なぜこのような小さな孤島に?」という疑問が出てきますが、逆に言えば、絶海の孤島ゆえに長らく外敵の侵入を防げたため、平和と繁栄を保つことが出来たのではないでしょうか?

また、巨石像を造るに当たっては、加工しやすい軟らかな岩石が、島に大量に存在していた点が挙げられます。巨石文化が生まれる環境としては、実際には恵まれていたわけです。

なぜモアイ像を造ったのか?

赤い帽子を被ったモアイ像

上の写真のように、プカオと呼ばれる赤い帽子を被ったモアイ像は、最盛期の1,500年代に造られています。日本で言えば戦国時代ですから、それほど古い時代ではありません。

巨大な石像の姿を見ると、「モアイ像は宇宙人が造ったのではないか?」「モデルは宇宙人ではないか?」などと想像したくなりますが、実際には、モアイ像は島を治めていた部族長や先祖の霊を祀ったものと考えられています。

上のモアイ像を見ると、赤い帽子の他にも、よく見るモアイ像とは異なる点に気付きます。そうです。「」があります(写真の像の目は実際のものではなく、イミテーションで入れた目)。

実はもともとモアイ像には、目がはめ込まれていたのです。白目は珊瑚製、瞳には赤色安山岩や黒曜石が使われていました。モアイ像の目には、霊力の「マナ」が宿っていると信じられていたのです。

モアイ像は先祖の墓や、信仰の対象としての意味もありますが、モアイ像の目に宿る霊力「マナ」の超自然的なチカラによって、自分たちの部族を守るためにモアイ像を造っていたものと考えられます。

その証拠に、モアイ像は、それぞれの集落を守るように立てられているのです。

では、なぜそのような大事なマナ(目)が、現存するモアイ像には残されていないのでしょうか? 実は、それがイースター島の文明が崩壊した理由に繋がっていると考えられているのです。

どのような方法で、モアイ像を造ったのか?

現在、イースター島のモアイ像は約900体ほどが発見されています。平均的なもので4~5m、重さは約20トンあり、最大の石像では10m以上のものあります。時代を下るにつれて巨大化し、細工も複雑化していったようです。

このような大きな石像を、どのようにして造り、運んで、立てたのか?という疑問が出てきます。

造りかけのまま放置されたモアイ像

実は、造りかけのまま放置されたモアイ像(写真)も300体ほど発見されており、道具なども一緒に発見されているため、「どのようにして造られたか?」については、かなり分かっています。

驚くことに、イースター島の人々は鉄器を持っていなかったのですが、イースター島のラノ・ララク火山には、玄武岩や黒曜石の石器でも容易に加工できる凝灰岩(ぎょうかいがん:細かい火山灰が固まったもの)が豊富にありました。

島東部のラノ・ララク火山の斜面から、モアイ像を削り出しながら、一説には石工20人が1年以上の長い時間を掛けて造ったと考えられています。

巨石のモアイ像を、どのようにして運んだのか?

但し、造った方法については分かっていても、どのようにして運んだのかについては、よく分かっていません。一番遠い場所になると、20kmも離れているのです。

モアイは自分で歩いてラノ・ララクからやって来た」という伝説が島に残されているので、立てたモアイ像を左右のロープで交互に引っ張りながら、まるでモアイ像が歩いているかのように運んだ可能性も指摘されています。

ロープで引っ張り、モアイ像を歩かせて運ぶイメージ

上の想像図を見ると、こんなふうに左右で絶妙なバランスを取り、ロープで引っ張りながら巨石を歩かすなんて可能だろうか?という感じはしますが…。

モアイ像を運ぶ検証

でも、実際に検証していました! 本当にモアイ像と同じ重さの像をこの方法で運んでいるのならば、たいしたものですね。単に運ぶというだけの目的ではなく、このように歩かせることで、モアイの威厳を高める目的もあったのかもしれません。

日本でも神輿を担いで練り歩くように、モアイを歩かせること自体が、神聖な祭事であった可能性はあります。

他にも、テコの原理で少しずつ前進させたか、木や石のコロを利用して運んだか、あるいは船を使って海岸から運んだなど、諸説があります。

実際にイースター島では、海に沈んでいるモアイ像も2体発見されています。運搬中に沈んでしまったのでしょう。場所によっては、船で運搬していたのは間違いなさそうですね。いずれにしても、大変な労力です。

運んで来たモアイ像を立てる時には、地面と像の間に少しずつ小石を積み上げて、起き上がらせたようです。実際にこの方法で、石像を立たせる実験が何度も行われて成功しているそうです。

地中に巨大な胴体が隠れていたモアイ像

地中に巨大な胴体が隠れていたモアイ像

2011年末から2012年にかけて実施された調査では、胸や首の位置まで土で覆われているモアイの一部には、地中に巨大な胴体が隠れていることが判明しています。

モアイ像の傍に立っている人間が小人に見えてしまうほど、全体像は巨大であることが分かります。霊力を宿したモアイ像のマナ(目)が、集落の全体を隈無く見渡せるように、これほど高く造られているのでしょう。

また、像の背中には、不思議なペトログリフ(文字や意匠など)が刻まれています。これは守り神の象徴を意味しているものと思われます。

多くのモアイ像が造られているということは、宗教的には多神教の形式になるでしょうから、「○○の神」のような意味が背中の文字に秘められているのではないでしょうか?

なぜイースター島の文明は崩壊したのか?

1774年にイギリス人探検家のジェームズ・クックは上陸した際のイースター島

上記の絵は、1774年にイギリス人探検家のジェームズ・クックが、イースター島に上陸した際の光景を描いたものとされています。

クックはすでに倒壊しているモアイ像の数々を目の当たりにしましたが、この時点では、まだ半数ほどは直立していたそうです。山肌には作りかけのモアイ像が、まるで作業を急に止めたように放置されていたとも伝えています。

島民たちは草葺きの貧しい家に住み、すでに高度な文明を築き上げた民族の面影はありませんでした。伝承では、1840年頃に最後のモアイ像が倒されたとされています。

このため現在、私たちが知っているモアイ像は、その後に掘り起こされ、立て直されたものになりますが、多くのモアイ像は今も倒れたままになっています。

およそ1,000年もの間、独自の巨石文化で繁栄していたイースター島の文明は、なぜ突如として崩壊してしまったのでしょうか?

島内の部族同士の争いで崩壊してしまった?

モアイ倒し戦争

絶海の孤島であるがゆえに外敵が侵入せず、長らく平和を保てたイースター島ですが、人口が増えて来ると、島内での部族間での衝突が起きるようになります。

島民たちは部族の守り神であるモアイ像を盛んに立てて、他の部族と覇を競うようになりました。しかし、モアイ造りのためには、運搬用の木材や船なども大量に使うため、島の森の資源もあっという間に枯渇したと考えられています。

森林がなくなると、肥沃だった土地も枯れてしまい、資源不足と食糧難が襲ってきます。これによって部族間の争いが激しくなり、敵の部族のモアイ像を襲撃しては、倒すという行為をお互いに繰り返すようになりました。

このモアイ倒し戦争によって、彼らは霊力が宿ると言われる敵のモアイ像のマナ(目)を破壊したのです。

ほとんどのモアイ像が倒された状態で発見され、モアイ像にもともとあった目がないのは、このためだと言われています。

イースター島は、絶海の孤島ゆえに長い平和を保てたとも言えるのですが、絶海の孤島ゆえに、一度争いが起きると崩壊するまで争いが止まなかったわけです。

しかし、この自滅とも言うべき愚かな戦いを、そのまま史実として鵜呑みにして良いのかな?という気もします。小さな島の住人同士が、共通の先祖が築き上げてきた文明が崩壊するまで争うだろうか?という率直な疑問が残ります。

島民同士の争いも一部には起きたでしょうが、絶海の孤島のイースター島にも、18世紀には西洋人たちがやって来ることになります。歴史の陰に、西洋人たちの略奪や破壊行為は隠されているかもしれないと思うわけです。

ヨーロッパ人による侵略で崩壊した?

前述したように、18世紀にヨーロッパ人がイースター島に到達したときには、島民の生活は石器時代と殆ど変わらないものになっていたと言われています。

しかし、モアイ像造りの最盛期が16世紀頃と考えると、あまりにも崩壊が早くないでしょうか?

900体もの巨石像を造っていた人々が、最盛期から200年後には石器時代の人々と同レベルの生活になっているわけです。

ロンゴロンゴの象形文字 Rongo-rongo_script

イースター島には、ロンゴロンゴ(上写真)と呼ばれる独自の象形文字があります。

そのロンゴロンゴを刻んだ木板は、ヨーロッパ人が訪れた当初には数千枚もありましたが、キリスト教布教のために焼き払われてしまい、現在では20枚程度しか残されていません

ロンゴロンゴは神官や支配者層にしか伝えられていないので、現在の島民の子孫では読むことができず、現在では解読不能になっています。

また、現在の島民の多くは、フランス人の奴隷狩りによってタヒチに連れ去られ、戻ってきた人々の子孫であるため、イースター島に伝わる文化も断ち切られてしまっています。

さらに帰って来た島民が天然痘を島に持ち込んでしまい、1877年には全島民が111人にまで激減してしまったという資料もあります。

そう考えると、西洋人との接触を機会として、イースター島の文明が裁断されてしまったことは事実です。

真実は物言わぬモアイ像だけが知っている

夕日を背景に立ち並ぶモアイ像

実際に西洋人たちは、島民の奴隷狩りをしたり、島の大事な文化遺産であるロンゴロンゴを刻んだ大量の木板を焼き払っているわけです。

そのような行為をする西洋人たちが、単なる来訪者であるはずがありません。他にも島内のありとあらゆるものを略奪し、破壊行為を行ったと考えるほうが自然です。

キリスト教の布教のためには、島民が信仰しているモアイ像は邪魔でしょう。島民同士のモアイ倒し戦争にしても、実際には、裏で西洋人が糸を引いて戦いを大きくした可能性は十分に考えられます。

内憂外患と言いますが、島内の争いに西洋人たちが乗じて、瞬く間に文明を崩壊させてしまったのではないでしょうか?

西洋人が訪れる前に滅んでいたのではなく、西洋人との接触を境にして、島民の生活はあっという間に石器時代と変わらないものになってしまったと解釈するほうが、本当は正しいのかもしれません。

ちなみに、ペルーのインカ帝国を征服したフランシスコ・ピサロ(1470年頃~1541年6)も、アステカ帝国を征服したエルナン・コルテス(1485~1547年)も、貪欲と残虐の限りを尽くして南米に栄えていた文明を破壊しました。

西欧が支配する植民地時代に、イースター島に訪れた西洋人だけは例外だったとは考えにくいですね。

イースター島の文明が滅んでしまった本当の理由は、今も物言わずに立っているモアイ像だけが知っているとしたら、物悲しさを感じます。

古き良き時代のイースター島に思いを馳せて、モアイは空を見上げているのでしょうか?

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

イースター島のモアイ像の謎。石像はいつ頃、どのように造られ、なぜ巨石文明は滅びたのか?
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。