未確認生物オゴポゴは実在する? 巨大生物がオカナガン湖で撮影される!

オゴポゴ(Ogopogo)と呼ばれる未確認生物をご存知でしょうか? カナダのオカナガン湖に棲息すると言われています。

ネッシーほどの知名度はありませんが、実在する可能性が高い水棲UMAと考えられています。古くから200件にも及ぶ目撃証言があり、写真やビデオでも撮影されているのです。

この動画は、その中でも信頼性の高いビデオとされており、なんと水上スキーヤーが湖面にうごめく巨大生物とニアミスを起こすという、衝撃的な場面が捉えられています!

湖面にうごめいている巨大生物は、未確認生物のオゴポゴだったのでしょうか?

実在の可能性が高い未確認生物オゴポゴとは?

オゴポゴはカナダの切手にもなっている

カナダ政府発行の切手に描かれたオゴポゴの想像図

上のイラストは、カナダ政府が発行した切手に描かれているオゴポゴのイメージです。魚のような尾ひれを持っていますね。実際に「三日月型に開いた尾がついていた」という目撃証言があります。

尾も含めて、全体的に妙にカラフルに描かれていますね。切手なので見栄えを良くしているのでしょうか(笑)

オゴポゴは切手にもなるくらい、カナダでは非常に有名な未確認生物です。1989年には、未確認生物にも拘わらず、国の保護指定動物まで受けているというから驚きです。

日本でも、ゲゲゲの鬼太郎や妖怪ウォッチの切手は発行されています。でも、それは国民的に人気のアニメキャラクターだからでしょう。

ガチな未確認生物であるイッシーやツチノコなどの切手はないですよね? もしもあったら教えてください。

オゴポゴは巨大蛇タイプのUMAか?

湖畔にあるオゴポゴのオブジェ

上記の写真は、湖畔にあるオゴポゴのオブジェです。オゴポゴの推定体長は、目撃証言からして約5~20mと言われています。巨大水棲UMAの平均的なサイズですね。

背中にはコブがあり、体は緑色でチョコレート色の斑点があると言われています。オゴポゴは、ネッシーのような首長竜タイプのUMAではなく、巨大蛇タイプのUMAのようです。

60cmほどの大きさの頭部は、山羊か馬に似ているとされています。同じく、下のイラストのカナダの水棲UMAキャディも、馬のような頭部を持っていると言われています。

キャディ、キャドボロサウルス

実在の可能性が高いUMA! 動物学者も認めるキャディを捉えた貴重映像!
これは2009年、米国アラスカ州ディリングハムのヌシュガク・ベイで撮影された、海の水棲UMA「キャディ(Caddy)」と思われる映像です。 キャデ...

偶然なのか分かりませんが、容姿が似ていますね。オゴポゴもキャディも、実在性が高いと言われているのですが、このような類型の巨大な水棲UMAが本当にいるのかもしれません。

但し、キャディの棲息場所は湖ではなく、バンクーバー島の沖合などで目撃されているので、キャディは海洋生物と考えられます。

巨大生物オゴポゴは、カナダのオカナガン湖に棲息

カナダのオカナガン湖

オゴポゴが棲息していると言われているのは、カナダのブリティッシュコロンビア州にあるオカナガン湖(Lake Okanagan) です。景観の美しい南北に長く伸びた湖で、多くの人々が訪れる観光地にもなっています。

オカナガン湖の総面積は351km2もあり、平均水深で76mあります。最大水深は232mあり、これはネッシーが棲むとされるネス湖とほぼ同程度です。しかしオカナガン湖の面積は、ネス湖の6倍以上もあります。

オカナガン湖は緯度的には寒い地域に属しますが、夏期には人間が泳げるほどの水温にもなります。また、湖には肉食魚のブラックバスも棲息していることから、小魚などの餌も豊富にありそうです。

オカナガン湖は、オゴポゴのような巨大生物が棲息できる条件を満たしているのではないしょうか?

オゴポゴの目撃数の多さは、UMAの中でも突出

オゴポゴのイメージ

オカナガン湖では、ヨーロッパ人が訪れるよりも以前から、すでに先住民の間で「ナティアカ」という怪物の存在が伝えられています。

記録として残されているオゴポゴの目撃報告としては、1972年にオカナガン湖を航行中の蒸気船上から、スーザン・アリソン氏が、オゴポゴらしき怪物を目撃しています。当時はまだ名称もなく、「謎の怪物」です。

その後、1926年にジョン・L・ローギー氏が目撃し、「7mほどの棒状の体で、頭部は50~60cm、羊のような顔をした巨大生物」という証言をし、これが現代に伝わるオゴポゴのイメージとして確定したようです。

それ以降も、現在までに200件以上の目撃報告が続いています。これはUMAの中でも突出した目撃数です。

また、オゴポゴは写真やビデオでも数多く撮影されており、その実績と信頼性は、ネッシーを軽く超えているのではないでしょうか?

残念ながら、オゴポゴという名前が良くなかったのか、日本ではUMAファンにしか馴染みがありませんが、次の写真やビデオをご覧ください。実在への期待が膨らんできます!