マヤ文明は宇宙人と接触していた! 証拠となるオーパーツの数々

かつて中央アメリカに栄えていたマヤ文明には、宇宙人たちが関与していたという話を、聞いたことがあると思います。

彼らは、非常に精緻な天体観測技術や数学、高度な建築技術、体系的な象形文字、そして独特の宗教観を持っていたことからも、有り得ない話ではありませんね。

実は、中央アメリカ・グアテマラ南部のマヤ遺跡から、驚くべきオーパーツの数々が発見されています。

これらのオーパーツには、とても人間とは思えない異星人らしき姿や、UFOのような飛行物体などが、はっきりと描かれているのです。

興味深い点は、突如としてマヤ文明が現れて、急速な発展を遂げた時期と、これらのオーパーツが作られたと推定される時代は、奇妙にも一致していることです。

古代マヤ人がエイリアンと接触していた証拠として、遂にメキシコ政府が発表に踏み切ったとも言われています。

まずは、にわかには信じがたい驚愕のオーパーツの数々をご覧ください!

マヤ遺跡、グアテマラの宇宙人・UFOオーパーツ

オーパーツとは、発見された場所や時代に全くそぐわない物品の意味で、その当時には有り得ないようなものが描かれていたり、姿が象られていたりします。

冒頭の動画で紹介されている謎のオーパーツから、いくつかの写真をご紹介します。

これらは中央アメリカ・グアテマラ南部のマヤ遺跡から出土したもので、紀元前900年頃に作られたものと推定されています。

宇宙人グレイを象った石像か?

エイリアンの像

宇宙人グレイのような工芸品

宇宙人グレイとオーパーツの比較

一枚目の写真は、人間とは思えない石像です。宇宙人グレイの特長であるアーモンド型の大きな目を持っています。

二枚目の写真の頭部には、UFOらしきレリーフも彫られています。

三枚目の写真では、宇宙人グレイのイラストと比較していますが、瓜二つですね!

ちなみにマヤ人には、2枚の板で頭を挟んで縛り、強制的に頭部を長く引き伸ばしてしまう頭蓋変形の風習がありました。上のイラストを見て分かるように、グレイも頭部が長いですよね。

頭蓋変形の風習は、宇宙人の容姿に近づいて、神のような力を得たいという願望の現れだったのかもしれません。

太陽のスターゲイトを通るUFO

UFOを描いたマヤ文明のオーパーツ

こちらの石板を見て、どう思われたでしょうか? これほど明確に、UFOが描かれているオーパーツも珍しいと思います。

石板の上部には、目の吊り上がった宇宙人らしき者も、UFOから拡大されて描かれています。

果たして古代人の想像だけで、このような絵柄が描けるでしょうか?

一説には、石板の中央に描かれている太陽のスターゲイト(太陽を時空テレポート装置として使い、異次元または平行世界からやって来る技術)から、UFOが出入りしている様子を描いたレリーフとも言われています。

ナシーム・ハラメイン

太陽のスターゲイト説は、スイス人の宇宙物理学者ナシーム・ハラメイン氏(上写真)が唱えて有名です。

近年、太陽周辺に超巨大UFOが出現している画像を、NASAも数多く撮影しているので、あながち荒唐無稽な話ではありません。

そう考えると、これは宇宙人たちが、どのようにして地球を訪れたのかを説明している石板かもしれませんね。古代マヤ人は、様々な天文知識を宇宙人たちから学んでいたわけです。

本物のオーパーツであるならば、これ一つでも、遙か昔からエイリアンが地球に来ているという証拠になり得るオーパーツだと思います。

アダムスキー型UFOか?

UFOのようなオーパーツ

こちらはUFOそのものにしか見えない工芸品です。UFOのミニチュア模型でしょうか?

機体には、窓のような穴も見えます。UFOのタイプとしては、古典的なアダムスキー型UFOに似ていますね。

アダムスキー型UFOは、UFOコンタクティの元祖ジョージ・アダムスキーが、1952年に撮影(下写真)しています。

UFOと聞けば、すぐにアダムスキー型UFOが思い浮かぶほど有名になりましたが、すでに古代マヤの時代から姿を見せていたのかもしれません。

アダムスキー型UFO

メキシコ政府が80年間隠していたオーパーツ?

これらのオーパーツは、古代マヤ人がエイリアンと接触していた証拠として、メキシコ政府が発表したものとも言われています。

メキシコ政府は、80年間もの間、驚くべきオーパーツの存在と情報を封印していたらしいのです。

その内容は、ドキュメンタリー映画「 マヤ2012年の新事実、そしてその後 」で、2012年12月に公開されたらしいのですが、残念ながら私は観ていません。

公開されたという映画の情報も、なぜか見当たらないのですが、期待していたほどの内容ではなかったのか、あるいは圧力が掛かって公開が見送られてしまったのでしょうか?

映画は置いておくとしても、このようなオーパーツが示している意味は、マヤ文明の人々がエイリアンと接触していたという以外に考えられませんね。

もちろん、オーパーツが本物であることが前提にはなりますが、他に解釈ができません。

次ページでは、同じくマヤ文明の遺跡から、宇宙人を描いたとも言われている奇妙な石碑を見てみます。