宇宙ゴミか、UFOか? 流星カメラも捉えていた謎の発光体、米国4州で目撃される!

米国・ジョージア州の上空に、謎の発光体が突如現れたそうです。
それを裏付けるように、NASAの流星カメラでも、強い光を放って横切っている発光体が捉えられています。

これは2015年6月29日の午前1時30分頃、NASA(アメリカ航空宇宙局)の5台の流星カメラが、毎時約2万3,000kmで上空を横切る謎の発光体を捉えた映像です。

かなり強い光を発している様子が確認できます。

この発光体は、同日の早朝に地上からも確認されており、米国・ジョージア州の目撃者は、「まるで飛行機が燃えながら墜落しているようだった。約1分間、落下しながらずっと発光していた」と語っています。

また、ジョージア州の他にも、ペンシルベニア州、オハイオ州、ニューヨーク州など、広範囲に渡って目撃されています。

「まるで火の玉のように明るく輝いていた」などという目撃報告が、NASAに120件以上も寄せられたということです。

報告数だけで120件以上ですから、実際には、もっと数多くの人々が目撃したと思われます。

スポンサーリンク

謎の発光体を、写真で確認してみると…

NASAの流星カメラが捉えた謎の発光体1

NASAの流星カメラが捉えた謎の発光体2

▲NASAの流星カメラが捉えた謎の発光体
時々、パッと強い閃光を放っている様子も見られます。

謎の発光体の正体は、宇宙ゴミなのか?

この発光体の正体について、NASAの流星環境局のウィリアム・クック氏は「時速2万3,000kmというスピードは流星としては緩やかすぎるため、宇宙ゴミで間違いないだろう」と、「ABC News」のインタビューに答えています。

NASAの定義では、流星として区分するなら時速約3万2,000kmが必要のため、宇宙ゴミとして考えられているようです。

「宇宙ゴミ(スペースデブリ)」とは、宇宙飛行士が落としたペンチなどの工具類や手袋などの小さな物から、打ち上げに使用したロケット本体や故障などで不要になった人工衛星などの人工物のことです。

宇宙塵と呼ばれる微小な隕石などは、これには含まれません。

大気圏に突入し、その一部が燃え尽きずに地上へ落下した宇宙ゴミ

▲写真は、「デルタ2(人工衛星打ち上げ用中型ロケット)」の燃料タンク(Wikiより)

大気圏に突入し、その一部が燃え尽きずに地上へ落下したものです。こんなものが街中に落下したならば、大惨事になっています。

広い宇宙だからと言って、ゴミを放置しておいても良いというわけではないのですね。21世紀は、宇宙ゴミの対策が求められている時代でもあります。

「宇宙ゴミでなない!」との主張もあります

ここまで読んで、NASAの見解通りに「やはり宇宙ゴミであったのか」と、納得してしまう人も多いと思います。

しかし、あの発光体は宇宙ゴミではなく、UFOであると主張している人もいます。

UFO研究家のスコット・ウェアリング氏は、宇宙ゴミにしては速度が遅すぎること、そしてNASAの対応が曖昧である点を、自身のサイト「UFO Sightings Daily」で指摘しています。

「仮に宇宙ゴミだとしたら、NASAはこれがどの破片であるか、いつごろ大気圏に突入したかなど、細かいデータを取り予測していたはずだ」と、主張しているそうです。

また、宇宙ゴミはすぐに燃え尽きてしまうのが普通ですが、米国4州にわたって眩い光が目撃されており、このことからもウェアリング氏は「宇宙ゴミではない」と結論付けています。

果たして、NASAが示している通りに宇宙ゴミなのでしょうか? それともUFO研究家が述べているように、UFOなのでしょうか?

NASAは大きな権威ではありますが、UFOや宇宙人の情報を隠蔽しているとも囁かれています。流されている情報を鵜呑みにするのではなく、未知への探求を続ける姿勢は、決して悪いことではありませんね。

宇宙ゴミであると推測する一方で、UFOである可能性も追求することが、正しい科学の発展に寄与するのだと思います。
(参考記事:http://tocana.jp/2015/07/post_6874.html

地球を取り巻く宇宙ゴミ

ちなみに、こちらの映像は、1957~2015年まで、宇宙ゴミが増加していく様子を可視化したイメージ映像です。
宇宙開発に伴って、宇宙ゴミの数は年々増え続けています。確認できるだけでも、これだけの宇宙ゴミが、地球の周りを浮遊しているとは驚きです!

『宇宙ゴミか、UFOか? 流星カメラも捉えていた謎の発光体、米国4州で目撃される!』へのコメント

  1. […] 光体 こちらの映像も、あわせてご覧ください。 ⇒ http://machiukezoo.biz/archives/2023 […]