月面の古代都市の建造物と、巨大UFOの謎! アポロ20号の真実

これは月の裏側で撮影されたと言われる流線型の物体の写真です。

なんと、明らかに宇宙船としか思えない謎の物体が映し出されています! 月面のノアの方舟として、ネットでも大きな話題になりました。

実際に月の裏側には、こんなものが存在しているのでしょうか?

スポンサーリンク

月の裏側で発見された宇宙船を、写真で確認してみると…

月面のノアの方舟?

月面の方舟

こちらは最初にアポロ15号が月の裏側で撮影したと思われる写真です。確かに、月面の「ノアの方舟」というイメージがぴったりですね。

人工的な構造物か?

月面の方舟2

拡大して見ると、明らかに周囲とは異質な物体であることが確認できます。人工的なものであり、岩などの自然の構造物とは思えません。ただ、これではまだ正体がよく分かりませんね。

こちらはアポロ20号が撮影した映像か?

こちらは、最初にアポロ15号が発見し、その後、アポロ20号が月面を再調査したと思われる映像です。

アメリカのベル研究所で働いていたという元宇宙飛行士が、映像を公開したようです。

アポロ20号が再調査してみると…

月面の方舟をアポロ20号が撮影

こ、これは…! 明らかに人工的な構造物に間違いありません。巨大な葉巻型UFOが月面に墜落して、そのまま放置されてしまったのでしょうか?

アポロ20号の極秘ミッション

巨大UFOの映像も衝撃ですが、二番目の動画を撮影したのが、存在しないはずのアポロ20号であったというのですから、さらに驚きですね!

NASA(アメリカ航空宇宙局)の公式発表では、アポロ計画は17号で終了しており、20号が打ち上げられたという記録はありません

存在しないはずのアポロ20号が、月面で謎の宇宙船を撮影しているわけです。なぜこのような不可解な話になっているのでしょうか?

もうお分かりのように、1971年に打ち上げられたアポロ15号が、月面を撮影した写真に「流線型の謎の物体」が写っていたのです。それは周囲の景色とは明らかに異質であり、巨大な葉巻型UFOを思わせるような物体です。

そこでこの謎の物体を調査するために、アポロ20号が極秘のミッションとして月に飛び立った結果、冒頭の動画で紹介した信じがたい映像を撮ってきたというのです。

月の裏側には、古代都市の建造物まであった!

さらにアポロ20号は、こんなものまで撮影していたらしいのです。宇宙人が月面に建てた古代都市の遺跡でしょうか?

今では廃墟になっていると思われる光景ですが、地球人ではない存在が作った建造物に見えます。

一説によると、1976年8月16日、アメリカとソ連の合同チームがアポロ20号に乗り、極秘で月の裏側を調査したそうです。それはコードネーム「ノアの方舟」と呼ばれています。

ロシアのプラウダ紙で暴露された月面の真実

実は、月面に関する暴露内容を、ロシア連邦の新聞 『プラウダ(PRAVDA)』が記事にしています(2002年10月5日付の記事)。

プラウダは、最盛期の発行部数は1,000万部を超え、世界一の発行部数を誇ったこともある有名な新聞です。

そのプラウダの記事によると、1996年3月21日にワシントン・ナショナル・プレスクラブで開かれた打ち合わせで、NASAの科学者とエンジニアたちは自分たちが発見した資料を報告したそうです。

ここで初めて、月の裏側に人工の建造物(月面古代都市など)と、物体(巨大UFOなど)が発見されていたことが発表されたようです。

驚く人々が、「なぜ資料をもっと早く提示しなかったのか?」と指摘すると、NASAの専門家たちは下記のように答えたそうです。

月に何か生き物が、過去に、あるいは今も存在しているという情報に対する人々の反応を予測することは難しかったのです。

加えて、それに対する理由は他にもあり、NASAの権限の範囲を超えていました。

これは、「事実を隠していました」と言っているようなものですね。このような発表が一部には知られていても、広く浸透しないのは何故でしょうか?

政府が隠蔽しているという背景もありますが、私たちの常識が邪魔をして、なかなか信じようとしないからなのだと思います。

NASAは月面で何を発見していたのか?

アポロ20号が撮影した月の裏の月面都市

では、前述した会議で何が報告されたのでしょうか? 以下、プラウダの記事より抜粋してご紹介します。

巨大な月面都市

  • 月面都市の廃墟は何キロメートルにも及ぶ。大規模な基地を覆う巨大なドームや、おびただしいトンネルがある。
  • ハドリー谷の上部で、アポロ15号が着陸したところからさほど離れていない場所では、高いD形の壁に囲まれた建造物が一つ発見された。これを機に、44の地帯で種々の人工物が発見されている。

テラス形をした岩山の遺跡

  • チホ・クレーターの近くでは、不可解なテラス形をした岩山の遺跡が発見された。
  • 同心状の六面体の遺跡と、テラスの側面にあるトンネルの入り口は、自然な地質学的作用の結果としてはあり得なくて、まさしく広大な鋳型の鉱山であるかのようである。

透明なドームと、直径約50メートルの円盤

  • コペルニクス・クレーターの近くでは、クレータの縁上に建てられた透明なドームが発見された。ドームは普通ではなく、内部から白と青が照り輝いている。
  • かなり特異な物体がファクトリー・エリアの上部には、壁に囲まれた正方形の地階の上に、直径約50メートルの円盤が置かれている。地面の中に黒っぽい円筒形をした朝顔口も見てとれるが、これは地下に潜った砦に通じる。
  • ファクトリーとコペルニクス・クレーターの間には、長方形のエリアが存在し、幅300メートル・長さ400メートルになる。

高さ14kの月面の城

  • アポロ10号は「Castle(城)」と呼ばれる1マイルの長さに及ぶ物体の写真を撮っており、これは14kmの高さがあって、月面上に明瞭な影を落としている。
  • この物体は、いくつかの円筒部と大きな接合部から構成されているように見える。城の内部の多孔構造が写真の一つにはっきりと見てとれるが、これは物体の一部が透明であるような印象を与えている。

NASAも月の構造物を、人工物であると認めている?

いかがでしょうか? NASAの科学者はかなり用心深く、そしてあいまいに、これらの物体について語ったそうですが、「人工物であるということは、あり得る」と絶えず言及していたそうです。

そして公表された情報は、まだ研究下にあって、公式結果は後ほど発表されるだろうと述べたそうです。

しかし、1996年からすでに20年が経っています。未だに公式発表はないですね。恐らく、ここで発表された内容は序の口で、もっと驚愕の事実が隠されているのではないでしょうか?

アポロ計画と、アポロ20号の真実とは?

月面基地のイメージ

アポロ17号で打ち切られたはずのアポロ計画ですが、実際には、このような極秘裏のプロジェクトとして続行されていたというのが、アポロ20号の真実なのでしょうか?

アポロ計画の本当の目的

実は、アポロ計画の本当の目的とは、科学調査でもなければソ連との競争でもなく、月の裏側にある「何か」を探ることであったとも言われているのです。

それはすなわち、地球外生物との接触も意味しています。

だからアポロ計画は無人偵察機ではなく、有人飛行である必要がありました。乗組員には17号の地質学者を除いて、すべて米軍出身の軍人であったことが、この真実を裏付けているかのようです。

月面でエイリアンとの接触があった?

もっと分かりやすく、ズバリ言うならば、アポロ計画とは、宇宙人が月の裏側に築いている建造物(基地)を偵察するための「軍事ミッション」であったわけです。

NASAとは、米軍の宇宙部門と考えたほうが分かりやすいのだと思います。

急に17号で打ち切りを発表したのは、当初の予測を超えた想定外の出来事が、月面で起きてしまったためかもしれません。恐らく、エイリアンとの接触があったのではないでしょうか?

その驚愕の内容を公表するわけにはいかないので、その後は極秘裏にアポロ20号までの計画を続行し、月面での軍事ミッションを進めるしかなかったのだと考えられます。

▼続編です。こちらの映像も、あわせてご覧になるとアポロ20号の真実が分かります!

アポロ20号が月の裏側の巨大宇宙船を調査! 月のミイラ・モナリザ、かぐや姫が発見された謎!
NASAのアポロ計画は、人類が達成した大きな偉業ですが、非常に謎の多い計画です。 月の裏側で発見された謎の宇宙船、その船内で発見された謎の女性ミイ...

『月面の古代都市の建造物と、巨大UFOの謎! アポロ20号の真実』へのコメント

  1. […] ていた!? こちらの映像もあわせてご覧ください。 ⇒ http://machiukezoo.biz/archives/2061 […]

  2. […] た!? こちらの映像も、あわせてご覧ください。 ⇒ http://machiukezoo.biz/archives/2061 […]