あり得ない生物! ワニと水牛のハイブリッドがタイに出現

ワニのようなウロコ状の皮膚を持つ、あり得ない生物が発見されました!
タイの農村で飼育されている水牛が産み落としたそうですが、その正体は何でしょうか?

果たして、本当にこんな生き物がいるのでしょうか?

これは「ワニと水牛」の間で交配が起きた生物ではないか?と考えられている謎の生き物の動画です。タイの農村で発見されたようです。

自然の環境の中で、ワニと水牛が交配するのだろうか?という疑問もありますが、姿形を見ると、その可能性も否定できませんね。謎の生き物は既に死んでいますが、その生々しい姿が映像に写されています。

スポンサーリンク

写真で確認してみると…

ワニと水牛のハイブリッド!? 謎の生物がタイに出現!!

▲うつ伏せにされた状態で置かれています。一番の特徴は、ワニのようなウロコ状の濃いグレーの肌で、全身が覆われていることです。哺乳類には有り得ないような肌をしていますね。

▲鼻は水牛のように見えますが、やはり顔もウロコ状の肌になっています。口の中はどうなっているのでしょうか? ワニのように鋭い牙を持っているのでしょうか…?

▲臀部です。ワニのようなシッポではなく、哺乳類のシッポに見えます。後ろから見ると、ウロコ状の肌が際立って見えますね。

▲こちらは足です。ワニのような短い手足ではなく、哺乳類のような長い四肢を持っています。蹄も見えていますね。でも、やはり肌はウロコ状になっています。

ワニと水牛のハイブリッドは、宇宙人たちの仕業?

この謎の生き物は、やはりワニと水牛の交配から生まれたのでしょうか?

2015年10月5日に第一報を報じた現地メディアによると、村で飼育されている水牛が産み落としたそうですが、誕生直後に死んだということです。

村の女性たちが集まって、この不気味な生き物を前にしていますが、恐がる素振りを見せていませんね。

当初は怯えていたそうですが、なぜか今では幸運をもたらす「おめでたい存在」として祀っているのだそうです。タイに伝わる神話の神様にでも似ているのでしょうか?

ちなみに、太古の地球には「トリティロドン」という爬虫類と哺乳類の中間動物が存在していたそうです。そう考えると、ワニと水牛の交配が起きても不思議ではないのかもしれません。

ただ、これは憶測に過ぎませんが、宇宙人にアブダクションされた水牛が、異種配合の生体実験をされた可能性はないのでしょうか?

宇宙人には爬虫類タイプのレプタリアン種族もいると言われているので、ひょっとすると、宇宙人の関与も考えられますが…。

そのような宇宙人の話とは無関係で、自然の中での配合で生まれたのならば、ちょっと不気味ではありますが、生命の神秘を感じさせる映像ではあります。
(参考記事:http://tocana.jp/2015/10/post_7510_entry.html)

トカゲ男の鮮明な写真

▲こちらの映像も、あわせてご覧ください。
トカゲ男が再び現れた!! 鮮明すぎる写真に驚愕

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

あり得ない生物! ワニと水牛のハイブリッドがタイに出現
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。