ブラックホールにUFOが吸い込まれた! スイスLHC実験が関連か?

2015年12月、スイスのジュネーヴ近郊で撮影された不可解な映像です。

渦巻き雲が発生した上に、UFOまで出現して、渦巻き雲に吸い込まれるようにして消えています。しかし、その後には何事もなかったかのように、もとの青空が広がっています。

実は、この場所には「大型ハドロン衝突加速器(LHC)」という施設があり、その関連性も含めて、大きな謎が浮かび上がってきます。

スイス上空にブラックホールが出現した?

まるでブラックホールが出現したかのような怪奇現象ですが、いったい何が起きたのでしょうか?

妖しげな渦巻き雲が発生

渦巻き雲

雲が一点に吸い込まれるようにして、妖しげな渦巻き雲が発生しています。
撮影者の声が入っているので、雲の流れを早送りをしているわけではありません。また、風の音が聞こえていますが、風でこのような渦巻き雲が発生するとは考えられません。

UFOが出現!

LHCの実験でブラックホール出現? 渦巻き雲にUFOが吸い込まれる!

なんと、画面の右下の雲の中から、UFOが出現しました! UFOは渦巻き雲に吸い込まれるようにして上昇していきます。

渦巻き雲に移動するUFO

UFOは渦巻き雲の中心まで移動しています。

UFOがブラックホールに吸い込まれた!

その瞬間、UFOとともに渦巻き雲が消えてしまいます。UFOごとブラックホールに吸い込まれたかのようです。後には、もとの青空が広がっているだけです。

大型ハドロン衝突加速器(LHC)の上空に、渦巻き雲が発生

この怪奇現象が発生したのは、スイスのジュネーブ郊外にある「大型ハドロン衝突加速器(LHC)」の上空ということです。

LHCとは、欧州原子核研究機構(CERN)が建設し、高エネルギー物理実験を目的とした施設です。これによってヒッグス粒子が発見されています。

スイス・ジュネーブ郊外の地下にある実験施設

大型ハドロン衝突加速器(LHC)1

LHCは、スイス・ジュネーブ郊外の地下約100mに設置された円形の大型加速器です。直径が約8.6km、1周約27kmの巨大な実験施設です。

LHCの目的は、宇宙の謎の解明

大型ハドロン衝突加速器(LHC)2

LHCでは宇宙のビッグバン直後に起きたことや、宇宙の質量の大半を占めながら未だに観測されていない暗黒物質(ダークマター)の解明に挑んでいます。

LHCの実験で、極小ブラックホールが出現したのか?

難しいことはよく分からなくても、冒頭の映像を見ると、「渦巻き雲の発生とLHCには、何か関連があるのか?」とは思いますね。

ちなみに、この大型ハドロン衝突加速器(LHC)の実験によって、極小ブラックホールが生成される可能性はあるようです。

危険性の理由から、フランス高等裁判所および欧州裁判所に、実験の中止を求める訴訟も起こされています。

実際にはそこまでの危険はないようですが、このような怪奇現象を見ると、やはりLHCとの関連性は疑ってしまいますね。

注目されるのは、上空に奇怪な渦巻き雲が発生しただけではなく、UFOも出現しているということです。

ひょっとしたら、宇宙人から技術提供を受けて、ブラックホール生成の実験を行っていたのでしょうか?

出来すぎた映像なので、フェイク映像の可能性もありますが、今のところ真相は不明です。

ノルウェーの渦巻き怪光

▲こちらの動画も、ぜひ併せてご覧ください!
ノルウェーやメキシコの上空に出現した、渦巻き怪光の正体は?

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

ブラックホールにUFOが吸い込まれた! スイスLHC実験が関連か?
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。