鎖型UFOの画像削除の疑惑。NASAの隠蔽工作を、英ハッカーのゲイリー・マッキノンが暴露!

こちらは、NASAのスペースシャトル・エンデバーが偶然に捉えたUFO写真です。

2001年4月に撮影されたものですが、一度はNASAのサイトに掲載されたものの、その後、知らぬまに削除されたという経緯が物議を醸し出しています。

NASAが隠蔽工作しているという話は本当なのでしょうか?

スポンサーリンク

問題のUFO画像を確認してみると…

金属的な5つの球体が数珠つなぎになって、地球の衛星軌道上に浮かんでいる様子が確認できます。

NASA職員も、うっかり見逃してしまったのか?

上部の赤丸で囲んだ箇所に、UFOと思われる物体が写っています。確かに、よく見ないと見逃してしまいますね。当初、NASAの職員も見逃して掲載してしまったという話も、本当かもしれません。

写真を拡大して見ると…

問題の箇所を拡大した画像です。等間隔に5つのUFOが横一直線に並んでいるように見えます。

やはり5つ並んだ球体のUFOか?

NASAの隠蔽工作は本当か? 鎖型UFOの画像隠蔽の疑惑

さらに拡大して、コントラストを強めた画像です。UFOの窓が5つ並んでいる可能性もあると思いましたが、こうして見ると、やはり球体の物体のようです。

NASA提供の元画像はこちら

こちらがNASA提供の元画像です。一度削除されたものの、現在ではサイト上で確認できるようになっています。一度は削除したものの、騒がれたために再掲載したのでしょうか?

しかし、UFOをエアブラシで消してしまうと、さらに大騒ぎになってしまうので、仕方なくそのまま掲載したのかもしれません。

問題のUFOは、「4127×4096pixels」の高解像で確認すると、よく分かります。

http://eol.jsc.nasa.gov/SearchPhotos/photo.pl?mission=STS100&roll=708A&frame=48

宇宙ゴミか、UFOか?

UFO研究家たちは、この「未確認飛行物体」についてNASAに質問をしましたが、NASAからの回答は一切ないそうです。

NASAのいつもの「だんまり」なのですが、この未確認飛行物体について、どのような見解がなされているのでしょうか?

UFOではなく、カメラ内部の光学的な現象なのか?

一部の専門家は「球体」はカメラ内部の光学的な現象で発生し、それが何らかの理由で重なり、5つの球体が連なる状態になったと説明し、それなりの説得力を持っていたそうです。

ところが、NASAが何の説明もなく画像を削除してしまったために、よけいに騒ぎになったという経緯のようです。

ただ、それなりの説得力があると言われている説明も、「カメラ内部の光学的な現象」と「何らかの理由で重なった」を再現できないのならば、それも憶測に過ぎず、科学的に説明できていません。

UFOが飛行していた可能性」と同じ立場の憶測なんですね。

宇宙ゴミの可能性は?

また、このような写真で必ず指摘されるのが、宇宙ゴミ(事故・故障により制御不能となった人工衛星、衛星などの打上げに使われたロケット本体や、その一部の部品など)です。

その可能性がないとは言いませんが、画像を見て、これが宇宙ゴミだと本当に思えるでしょうか

5つの球体の宇宙ゴミが、偶然にも横一直線に並んだと考えるのは、無理があると思います。ここは素直にUFOと考えた方が、よほど分かりやすいですね。

ちなみに、これはNASA提供の元画像に写っているので、第三者による捏造の可能性はありません

やはり、この画像に写っているのはUFOであって、NASAがうっかり内部の検閲で見逃してしまい、公式サイトに掲載してしまったというのが、本当のところではないでしょうか?

NASAの隠蔽を、英ハッカーのゲイリー・マッキノンが暴露

英国のハッカー、ゲイリー・マッキノン

2002年、英国のハッカー、ゲイリー・マッキノン氏(上の写真)が米国のNASA、軍、国防総省のネットワークに侵入してて逮捕された事件がありました。

その後、ゲイリー氏にインタビューした記事があります。彼は数年間もバレずにハッキング行為を続けていたそうで、驚くべき内容を述べています。以下、要約です。

NASAは、UFOをエアブラシで消している!

ジョンソン・スペースセンターの第八ビルの中では、写真に写っているUFOをエアブラシで消す作業が行われている。

そこには、フィルター済み(filtered)、未フィルター(unfiltered)、完了(prcessed)、未現像(raw)のフォルダーが存在している。

ゲイリー氏はNASAにハッキング中に、下記のような画像を見たそうです。

地球の上にあって、人工衛星のようなものだが、その形はシガー・シェイプ(葉巻型)で、半球型のドームがそれぞれ上下左右の端についていた。

クローズアップで撮影されており、宇宙に浮かんでいて、その下に地球がはっきりと見えた。物体にはリベットや継ぎ目といった通常の人工物に見られるような痕跡が一切見られなかった

作り話とは思えない具体的な証言をしていますね。ゲイリー・マッキノン氏がどこまで真実を語っているのかは分かりませんが、NASAが画像を加工しているという疑惑は昔からあります。

NASA元職員が暴露した「UFOを消すだけの簡単なお仕事」

こちらはNASA元職員の内部告発です。ドナ・ヘアさんは、ビルディング8と呼ばれる部署で働いていました。

この部署は「エアブラシ・ルーム」とも呼ばれており、彼女の仕事は、UFOをエアブラシで消す仕事だったのです。

ゲイリー・マッキノン氏は、「ジョンソン・スペースセンターの第八ビルの中では、写真に写っているUFOをエアブラシで消す作業が行われている」と述べていましたが、ドナさんの言葉と一致していますね。

ドナさんのインタビュービデオは2013年に公開されたものですが、彼女が最もアクティブに仕事をしていたのは1970年代で、トップクラスのセキュリティ・クリアランスを与えられていたそうです。

語っている内容には、虚言とは思えない真実味があります。

火星の空は、本当は青い?

実は、NASAが画像の解像度や色などを加工して公開しているのは事実です。

加工している」と書きましたが、それは捏造という意味ではなく、見やすいように色を強調するなど、あくまでも見やすさの観点から加工しているというのが、NASA側の見解になっています。

火星の画像を見ると、空や大地が赤茶けて見える写真が多いですよね? しかし、実際の火星の空は青くて、赤くないとも言われています。

万一、地表に生えている草木が見えてしまうとまずいので、不毛の大地のような赤茶けた色に変えているのではないか?と勘繰ってしまいますね。

火星探査車オポチュニティが撮影した火星

火星探査車オポチュニティが撮影した火星の地表

これは2016年6月14日、火星探査車オポチュニティが撮影した火星の地表です。⇒ 元画像

上下の写真ともにNASAのサイトに掲載されています。なぜか知りませんが、同じ場所の写真を、わざわざ色を変えて掲載しています。

上の写真は、お馴染みの火星カラーです。下の写真は、地球で撮影したような色に近いです。

いったい、どちらが本物の火星の色なのでしょうか?

NASAのサイトでは、下の写真に「Enhanced Color(強化された色)」と表示されています。

つまり、上の写真のほうが、本物の火星の色に近いのです。

でも、下の画像のほうが自然に見えるのですが、それは、私たちの目が地球環境の色に慣れているせいでしょうか?

NASAが隠蔽工作をする理由

ちなみに、NASAの火星探査機から送られてくる写真は、加工どころか、カナダのデボン島で撮影されたものという話さえあります。

さすがにそれはないとは思いますが、ひょっとすると、地球上の捏造画像も、一部紛れているのかもしれません。

そもそもNASAは、軍事目的で設立されています。宇宙のロマンを求めて、膨大な国家予算がつぎ込まれているわけではないのです。

国家機密として、公開できない情報があれば隠すでしょう。NASAは、れっきとした政府機関であり、米軍の宇宙部門なのだと考えれば、秘密を隠すのは当然といえば当然です。

また、UFOや宇宙人の存在は、今までの常識を一気に塗り替えてしまいます。そんな情報を公開することは、NASAだけの判断では出来ないのでしょう。

そうした事情は理解できるものの、やはり人類が新しい時代を迎えるためにも、近い将来、UFO情報が開示されることを願いたいものです。