南極大陸にマンホールの蓋のような円盤型UFO! グーグルアースで発見される!

南極大陸の岩場の陰に、マンホールの蓋のような円盤型UFOがグーグルアースで発見された!として、ネットでも話題になっています。

南極大陸は平均2,500mもの分厚い氷に覆われていますが、所々には、剥き出しになっている岩肌が見えている場所もあります。

その岩場の陰に隠れるようにして、今回の円盤型UFOのような不可解な物体が発見されています。

実は、今回発見された場所の近くには、以前にも話題になったUFO地下基地の入口と思われるような大穴も存在しています。

やはり南極大陸は、よく言われるように、UFO基地の一大拠点になっているのでしょうか? 今回の円盤型の物体の正体と、南極大陸の謎について考察してみます。

岩場の陰に隠れる円盤型UFOを、画像で確認してみると…

自然物とは思えない円盤型の物体

グーグルアースで発見された南極大陸のUFO

グーグルアース座標:-66.273354, 100.984661

よく見ないと見逃してしまうほど、周囲の景色に馴染んでいます。しかし、明らかに自然物とは思えない円盤型の物体が、氷上に確認できます。

マンホールの蓋のような形状

グーグルアースで発見された南極大陸のUFOの拡大写真

円盤型の物体を拡大した画像です。岩場の下に隠れているのか、半分しか見えていませんが、まるでマンホールの蓋のような形状をしています。

しかし、縁に沿って影が見えているので、全くの平面ではなさそうです。

UFOならば、無人の小型偵察機か?

地上から見た円盤型UFO

地面レベルのビューで見た画像です。確認できるほどの厚みはないようです。これをUFOと考えると、かなりの薄型UFOになりますが、無人の小型偵察機でしょうか?

物体の大きさは直径30m以上

円盤型UFOの大きさ

この物体が円形だと仮定して、半径を測ってみると15m以上はありました。直径30m以上の円盤型の物体ということになりそうです。

UFOだとすると、けっこう大型です。そうなると無人の小型偵察機ではなさそうですが、機体の厚みがかなり薄く見えるので、何とも言えませんね…。

ひょっとすると、故障などの事情で乗り捨てられたUFOであり、氷に埋まっている部分もあるのでしょうか?

時系列で画像を確認してみると…

グーグルアースには、過去に撮影された画像もストックされているので、時間を遡って確認することができます。もしも乗り捨てられたUFOならば、過去の画像にも、同じ場所にUFOが確認できるはずです。

以下、時系列では3枚の画像を確認することができました。

グーグルアース:1999年12月31日の衛星画像

▲1999年12月31日の衛星画像
こちらの画像では雪に覆われていて、何も確認できません。画像の解像度も低いですね。

グーグルアース:2006年2月23日の衛星画像

▲2006年2月23日の衛星画像
こちらが円盤型の物体が写っている今回の画像です。2006年に撮影された写真でした。

グーグルアース:2011年12月5日の衛星画像

▲2011年12月5日の衛星画像
こちらが直近の写真です。白く見えているのは雪ではなく、ちょうどこの辺りが運悪く雲に覆われていたようです。

残念ながら、円盤型の物体を確認できる画像は一枚しかありませんでした。ここに着陸していたUFOが偶然、衛星写真に写っていたのか?については、不明のままです。

円盤型の物体の正体として、考えられる可能性は?

円盤型の物体の正体は、いったい何なのでしょうか? グーグルアースの一枚の画像しかないので、あとは想像するしかありませんが、以下、考えられる可能性について考察してみます。

凍った池が、偶然UFOのように見えている?

南極大陸の凍った池

この画像は、周辺に写っている岩場の写真です。真ん中に見えているのは、凍っている池です。

普通はこのように、いびつな形をしているものですが、偶然にも、半円の形に池が出来上がった可能性はないでしょうか?

先ほどは、輪郭に影が見えているので池ではないという見方をしました。しかし、自然に出来た氷の池にも、縁には白く凍った部分が出来ています。見る角度によっては、その外側の輪郭が影のように見えるわけです。

下の写真を再確認すると、自然物とは思えない半円を形成してはいますが、あえて懐疑的に見れば、凍った池の可能性もゼロではないと思います。

グーグルアースで発見された南極大陸のUFOの拡大写真

ナチス・ドイツが開発していたUFOか?

ネットでは、ナチス・ドイツが開発したUFOではないか?という見解も出ています。南極の謎と言えば、ナチスの存在は切り離せませんね。

総統であるヒトラー自身が、オカルトに深く傾倒していましたし、ナチス・ドイツはUFOの開発を始め、国家として真面目にオカルトに取り組んでいたのです。

1938~42年までは、毎年のように南極遠征を実行し、研究者や技術者の探索隊を派遣しています。しかし、軍事目的だけで考えれば、南極はヨーロッパから遠く離れており、重要な場所ではありません。

では、なぜヒトラーは南極に固執したのでしょうか?

それは、ナチスの真の目的は、北極と南極に入口があるという伝説の地底世界を探索し、そこに第四帝国を建設する野望があったからだとも言われています。

上記の動画は、北極点から1,000kmほど離れたアレクサンドラ島で発見されたというナチス・ドイツの遺留品です。1942年に建設されたナチスの気象観測所と言われています。

動画は南極ではありませんが、ナチスが南極に秘密基地を建設していたという噂も、現実味を帯びてきますね。

今回グーグルアースで発見された円盤型の物体は、ナチスが開発したUFOという可能性もあります。UFOにしては、やけに薄っぺらい構造をしているのは、開発中のUFOだと考えれば納得できます。

もしもそうならば、ナチス・ドイツの崩壊とともに、南極大陸に置き去りにされてしまったのかもしれません。

本当にUFOが着陸している?

ナチスではなく、本当に宇宙人のUFOである可能性も、もちろんありますね。

実は、同じくグーグルアースで発見されて、大きな話題になったUFO基地の入口のような大穴が、今回の発見場所の近くにあります。

60~70kmほど離れていますが、UFOの飛行性能を考えれば、すぐ近くと言ってもよいと思います。

南極のUFO基地の入口

南極大陸の謎! グーグルアースで古代文明の遺跡と、UFO基地の入口が発見される!
南極大陸には以前より、謎の古代遺跡があると言われ続けています。 今回はグーグルアースで発見されたという古代遺跡と、南極大陸の謎について検証してみた...

二つの穴ともに、30mを超えるUFOでも容易に出入りできる大きさがあります。一つは、明らかに人工的なシールドで、穴(地下の出入口)が覆われているように見えますね。

今回発見された円盤形の物体がUFOである根拠は、その形状以外にありません。「UFOに見えるだけ」と言われてしまえば、それまでの話です。

しかし、今までの情報も併せて考えてみると、ナチス製なのか宇宙人のものなのかは置いておくとしても、UFOである可能性は、やはり捨てきれません。この辺り一帯の地下には、大規模なUFO基地が存在しているかもしれないのです。

南極大陸には、南極ピラミッドを始めとする超古代文明の遺跡や、ヒトラーも追い求めていた地底世界への入口、UFO基地の一大拠点など、多くのミステリーが秘められています。

本当は、UFOの発見くらいで驚くのは早いのであって、南極大陸の分厚い氷の下には、もっと驚くべき真実が隠されているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

南極大陸にマンホールの蓋のような円盤型UFO! グーグルアースで発見される!
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。