願いを叶えるレインボー水晶、クォーツ。パワーストーンに効果はあるのか?

水晶玉

パワーストーンで願いを叶えたい! パワーストーンを身に付けることで、不幸や災いを遠ざけたい

パワーストーンに興味がある人は、そのように思っていることでしょう。

しかし、実際のところ、「本当に効果があるのか?」と考えるのが普通だと思います。科学的に実証できるものではないとしても、やはり何かしらの根拠が欲しいところです。

そこでパワーストーンの効果はある・ないを考える前に、人間の運命や、宇宙の法則と呼ばれるものについても併せて考えてみました。

よく言われるように、パワーストーンの効果は気の持ち様でしかないのでしょうか?

興味のある人は、ぜひ続きをお読みください!

パワーストーンに効果はあるのか?

様々なパワーストーン

パワーストーンに効果がないと言う人は、実際に身に付けて効果を感じなかった人もいれば、そもそも否定的に捉えているので効果がないと言っている人もいます。

これには、パワーストーンの販売者が、あたかも運命を変えられる魔法の石の如く、過大な効果を謳っていることも原因かもしれません。

まずは、人間の運命は変えられるのか、変えられないのか、この点について考えてみたいと思います。

「宿命」と「運命」は異なる

運命と似た言葉に、「宿命」という言葉があります。宿命とは、生まれ落ちた環境のことです。生まれた国や両親は、自分の意志で今から変えることはできません。これに異論はないでしょう。

これを前世から定まっている運命と捉えても良いのですが、要するに、本人の努力で変えることの出来ないものが宿命です。

運気の上昇のイメージ

その一方で、これら先の「運命」については変えられるのではないでしょうか?

なぜならば、本人の意志や努力に関係なく、あらかじめ運命が決まっているのならば、それは原因結果の法則と矛盾しているからです。

物事には必ず原因があって、結果が生まれます。どの世界を見渡してみても、この法則に反した事象は起きないことになっています。

原因結果の法則は、多次元世界を貫いている

近年の量子力学では、原因結果の法則が適用されないという見解もあります。しかし、これはまだ科学が量子の世界を、十分に解明できていないためではないでしょうか?

この三次元世界だけでなく、人間がまだ探究できていない時空(多次元世界)を含めれば、原因結果の法則は見事に完結しているという見解もあるのです。

蛇足になりますが、死後の世界に天国と地獄があるという考え方も、原因結果の法則に基づいています。

天国と地獄の別れ道

この世では、正直者が馬鹿を見て、悪者が栄えているように見えても、あの世に行けば天国と地獄に振り分けられて、きっちりと帳尻が合うようになっているわけです。

少なくとも私たちの人生においては、良い種を蒔けば良い実が成り、悪い種を蒔けば悪い実が成るという、「善因善果・悪因悪果」の考え方は受け入れたほうが賢明です。

これは約2,600年前に悟りを開いた仏陀の教えでもあり、運命を変えるための大前提になります。

宇宙には波長導通の法則が働いている

宇宙には原因結果の法則と同様に、もう一つ重要な法則があります。

それは波長導通の法則です。分かりやすく言えば、「類は友を呼ぶ」ということです。同じ波長を持つモノ同士は、互いに引き寄せ合います。

人間で言えば、気が合う人とは友達になれますが、気の合わない人とは友達になれません。

よく知られている「引き寄せの法則」は、この波長導通の法則にかなっています。

引き寄せのイメージ

引き寄せの法則について書かれた本を読んだ人は分かると思いますが、どの本でも、「願いが叶ったイメージを強く描き続けなさい」と指導していませんか?

これが何を意味しているのかと言うと、願いが叶ったイメージを描き続けることで、その願いに応じたエネルギー(想念)を引き寄せようとしているのです。豊かになりたければ、実際に豊かになった時の具体的なイメージを、心に強く描くのです。

波長導通の法則がうまく働き始めると、引き寄せた同類のエネルギー(想念)が、やがて現実化していくことになります。

パワーストーンの効果を得る方法

実は、パワーストーンの効果も、宇宙を貫いている法則のもとに働いています

まずは原因結果の法則として、パワーストーンを身に付けたり、身近に置くことから始まります。当たり前のことですが、持っていなければ効果は得られません。

運命好転のための善因となるのが、パワーストーンなのだと考えてみてください。

次に、波長導通の法則を働かせることが大切です。

天使の願い

自然の鉱物は、全て何かしらのエネルギーを放出しています。その中でも、人間に良い影響を与えるエネルギーを持っている石がパワーストーンであり、それぞれの石にも特長があります。

金運を高めてくれるパワーストーン、恋愛を成就させてくれるパワーストーン、邪気や邪念を祓ってくれるパワーストーンなどが様々にあるわけです。

パワーストーンは、魔法の石ではない

但し、パワーストーンは、何でも願いを叶えてくれる夢のような「魔法の石」ではありません。

人間が放出しているエネルギー(想念)も、大きく関係してきます。パワーストーンの所有者が、その石と波長導通していないと効果は高まらないのです。

所有しているだけでは駄目なのですね。これは、周波数を合わせないと受信できないラジオと同じ理屈です。

パワーストーンの効果は、身に付ける・身近に置くことから始まり(原因結果の法則)、自らの波長も整えること(波長導通の法則)によって発揮されることになります。

石そのものに霊力は備わっている

パワーストーンが好きだと言う人でも、石そのものに力はないと言う人もいます。

その考えでは、パワーストーンの効果は自己暗示であり、パワーストーンが好きだから心が癒やされるという程度のことになります。もちろん、それも効果には含まれるでしょう。

しかし、もしも石に力がないのならば、パワーストーンと綺麗なガラス玉は、実質的には同じになってしまいます。材質としての違いしかありません。

水晶のブレスレット

石そのものにも、霊力は宿っているのです。だからパワーストーンなのです。人間のエネルギーを高めたり、心の波長を調整してくれる力があります。

その霊力(エネルギーの大きさや波動)は、石によって異なります。これが人間的な解釈として、金運や恋愛運、魔除けであったりするわけです。

すべての物質は振動しており、それぞれに周波数を持っています。今よりも科学が進めば、パワーストーンの持つエネルギーが、人間に与える影響についても解明されるのではないでしょうか。

パワーストーンの選び方

石の効果は人間が勝手に決めたものなので、効果で選んでも意味がないという意見もあります。しかし、パワーストーンそのものに霊力が宿っているのならば、効果で選ぶことには大きな意味があります。

効果で選ぶということは、願いが叶ったイメージを描きやすくなるため、パワーストーンとの波長導通もしやすくなります。

古来より、人間はパワーストーンの効果を真面目に学問として研究し、必要に応じて最も適した石を用いていたわけです。効果で選ぶのは、現代人の心のやましさだと考える必要はないでしょう。

パワーストーンの研究イメージ

石の効果を余りにも過大評価して、魔法の石のように考えなければよいのです。あくまでも運勢を変えるのは、人間の意志と努力であり、パワーストーンはその助けとなるパートナーのような存在です。

そのように考えるならば、見た瞬間、純粋に心が引かれた石を選ぶというのも正しい選び方です。

この忙しい現代社会において、神妙な気持ちになれる瞬間というのは、それほど多くはありません。その機会を逃さず、自分の心に素直に耳を傾けるという事も、運勢を変える秘訣です。

今の自分に本当に必要なパワーストーンを、潜在意識が教えてくれている可能性があるためです。

スポンサーリンク

Amazonプライムビデオ30日間無料

シェアして頂けると嬉しいです!

願いを叶えるレインボー水晶、クォーツ。パワーストーンに効果はあるのか?
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。