800万年前の美女のミイラ、ロシアで発見! 人類最大のミステリー

800万年前はどんな時代か?

そもそも800万年前とは、どんな時代でしょうか? Wikiによると、約1,000万年前にヒト亜科が、ヒト族とゴリラ族に分岐したと推定されています。

その後、約700万年前にヒト族は、ヒト亜族とチンパンジー亜族に分岐し、猿人が出現します。ヒトとしての象徴でもある直立二足歩行は、この頃から始められます。

現在、最古の人類の化石は、700~600万年前に中央アフリカで発見されたサヘラントロプス・チャデンシスとされています。

サヘラントロプス・チャデンシス

上の写真はサヘラントロプス・チャデンシスの復元イメージです。最古の人類と言っても、いわゆるヒトという感じではありませんね。

有名な猿人アウストラロピテクスでも、ようやく370~100万年前に出現しており、これが道具を使用する最初の人類とされています。

つまり、800万年前には、直立二足歩行ができる猿人すら存在していなかったことになります。むろん、ミイラを作れる高度な技術を持った人類など、いるはずもありません。

人類最大のミステリー、800万年前のミイラの謎

800万年前の美女のミイラが実在しているとなると、これは人類最大のミステリーです。現在の常識は通用しないことになります。

この謎を解くためには、どのような可能性が考えられるでしょうか?

① 地球外生命体のミイラである

エイリアンの女性のイメージ

もっとも合理的な考えでありながら、もっとも受け入れられそうにないのが、地球外生命体のミイラであるという説です。

人類が存在していないのですから、地球外から来たヒト型の生命体ということになります。エイリアンということになりますが、彼らが特殊な方法で仲間の遺体を埋葬したのかもしれません。

棺の中に満ちていた「ブルーの透明な液体」こそ、彼らの特殊技術を用いたのものであり、生きたままのような状態で800万年間も保存できる液体だったのではないでしょうか?

当時のソ連政府は、その魔法のような液体の研究のために、事件を隠蔽し、人々の話題に上らないように情報統制をしたとも考えられます。

現在になってようやくミイラを公開したのは、800万年前の「棺の中に眠れる美女」などではなく、普通のミイラであったのだと思わせるためなのかもしれません。

さらに疑うならば、本物の棺の中に眠れる美女は、他の場所に隠されているのかもしれませんね。

② 進化論が間違っている

ヒトの進化

そもそも、猿人から進化を経て、現在の人類が誕生したという進化論が間違っていることも考えられます。

例えば、アトランティス文明は1万年以上前に滅んだとも言われていますが、人類はたった1万年前の世界のことすら、よく分かっていないのです。

人類は、数百~数千年の短い時間の中でも、文明の栄枯盛衰を繰り返しています。800万年も昔の世界が、どのような世界であったのか、本当に正確に答えられる人がいるでしょうか?

800万年には、今の人類よりも、高度に発達していた別種の人類がいなかったとも限らないのですね。

そんな大昔の人類の化石など発見されていないという意見もありますが、本当は発見されているのに発表されていないだけ、という可能性もあります。

それが知られると、現在の文明が根底から覆されてしまう恐れがある発見は、政府だって迂闊には公表できません。

仮に、大昔の人類は、ピラミッドパワーによるフリーエネルギーを無尽蔵に活用していたなんて判明したら、今の世界を牛耳っているエネルギー産業は壊滅してしまいます。UFO情報が開示されないのも、同じ理由によるものです。

こちらも地球外生命体の説と同様に受け入れがたい説にはなりますが、800万年前のミイラの存在は、進化論が間違っている証拠なのかもしれません。

進化論のイメージ

「ヒトと他の類人猿は、共通の祖先から進化した」という進化論のほうが間違っている?

③ そもそも800万年前のミイラではない

ミイラのイメージ

これはもっとも現実的な考えになりますが、そもそも本当に800万年前のミイラなのか疑わしいという見解です。

いろいろと調べてみても、800万年前という時代だけが強調されていますが、その根拠が書かれている記事が見当たりません。

発見された地層が800万年前の地層であったということかもしれませんが、実在するミイラがあるのですから、科学的に分析をすればおよその年代は測定できるはずです。

発見された場所がロシアで、ソ連の時代ですから、なかなか情報が出て来ないという背景もあるとは思いますが、800万年前のミイラと言うのならば、具体的な根拠を知りたいですね。

棺に満ちていたという「ブルーの透明な液体」というのも、確かな情報源が不明であり、後から付け足されたデマ情報の可能性も否めません。

美女のミイラの続報に期待!

800万年前のミイラではなかったという事になると残念な話にはなりますが、ロシアでミイラが発見されたということ自体は興味深い話ですね。

ロシア連邦内の自治共和国・南アルタイで発見された「ウコクの王女」と呼ばれる若い女性のミイラはありますが、人為的に作られたロシアのミイラはあまり聞きません。

本当に800万年前のミイラであることを願いつつ、保存状態も良さそうなので、新たな分析結果が届くことに期待したいと思います。

ウコクの王女のミイラ

ウコクの王女のミイラ1

ウコクの王女のミイラ2

ウコクの王女のミイラは1993年、アルタイ共和国のパジリク古墳群で発見されています。紀元前5~3世紀に埋葬されたミイラで、6頭の馬と2人の男性と共に埋葬されています。

推定年齢は25歳で「ウコクの王女」と呼ばれていますが、王女のわりには埋葬が質素であることから、一説にはシャーマンであったとも考えられています。

映画『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』

ハムナプトラ/失われた砂漠の都1

ハムナプトラ/失われた砂漠の都2

ハムナプトラ/失われた砂漠の都3

映画『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』は、1932年製作のホラー映画「ミイラ再生」のリメイク作品です。「ミイラ再生」は何度もリメイクされているホラー映画の元祖です。

ハムナプトラ1~3のシリーズが、U-NEXTで今すぐ観られます!(原稿執筆時)

さらにU-NEXTをお試しするだけでも600円分のポイントも貰えるので、他の新作映画も観られます! 詳しくは下記をご覧ください。

U-NEXTを今日から31日間、無料体験! 映画、ドラマ、アニメが見放題!
もしも、あなたの見たかった映画が、無料で見られる!としたら、嬉しいですよね? U-NEXTなら、それが今スグに可能になります。 無料体験に登...

『800万年前の美女のミイラ、ロシアで発見! 人類最大のミステリー』へのコメント

  1. 名前:うつぎれい 投稿日:2017/09/10(日) 02:24:21 ID:a03a8e922 返信

    こんにちわ。 うつぎれいです。

    この800万年も昔の「ロシアの大理石の棺の中の損傷無き美女の遺体」…というのは、全く初めて聞きましたが、実に興味深い話です。

    1969年9月というとメキシコオリンピックの1年後で、アポロ11号の月面到達の直ぐ後ぐらいですが、その頃に発見された件の棺の出て来た場所がケメロヴォ州の地下70メートルというので大いに興味を持って読み始めたのですが、残念ながら2014年3月に発見された同じケメロヴォ州の超巨石遺構「ゴルナヤ・ショリア」との関係性についての言及はありませんでしたね。

    正確な出土場所・位置についての情報が無いので直接的な関係は分かりませんが、ケメロヴォ州自体がロシアの中では小さな州なのでゴルナヤ・ショリアを築いた種族の貴人の棺なのかも知れませんね。

    既にこちらのサイトでも扱われてるかも知れませんが、広大なロシアにはサハ共和国内の「死の谷」のように、明らかに人類外知的生命体の棲息地域として知られてる場所も色々あるようで、興味が尽きません。

    因みに、最近グーグルアースとグーグルムーンの表示が変わり、ズームアップすると途中で立体表示に変化してしまう為、少し前までのように航空写真が方位を保持したまま歪むことなく拡大出来る機能が失われ、私がアンデス・キアカ周辺やチコクレータやモスクワの海で見つけた異常構造物の特徴 ( 東西南北・直角構造 ) を以前のように明確にスクリーンショットで保存する事が難しくなりました。

    アンデスのキアカとルサニとリンコナダ辺りで見出される異常構造物について私のサイト以外に取り上げてるサイトが無いので、出来るだけ多くの人に知ってもらう為にも、動画ではありませんが、一度「怪奇動画ファイル」さんのページでも取り上げていただけると有り難いのですが。 どうか宜しくお願い致します。

    • 名前:管理人 投稿日:2017/09/12(火) 07:26:27 ID:d6afa3152 返信

      ゴルナヤ・ショリアとの関連性は、確かに興味深いですね。ロシアには、まだまだ未発表の情報が出て来そうです。
      グーグルアースとグーグルムーンは最近あまり見ていなかったのですが、表示の方法が変わりましたか? 改善なのか改悪なのか分かりませんね。
      アンデスのキアカとルサニとリンコナダ辺りで見出される異常構造物については詳しく知りませんが、南米一帯の文明は、アトランティス文明から流れてきた文明なのではないかと個人的には考えています。
      もっと詳しく調べてみるとおもしろそうですね。

  2. 名前:うつぎれい 投稿日:2017/09/12(火) 14:31:03 ID:d7ef79d81 返信

    返信をありがとうございます。うっかりURLを入れ忘れました。

    http://www.geocities.jp/netreal_bookbox/utzugi/OpenLetters_016.htm#003b
    ここに出て来る画像をクリックすると、キアカ村の東10キロ辺りで一番新しく発見した「東西南北 異常構造物」の夫々を、方位の歪み殆ど無しでキャプチャーした画像をスライド表示します。

    丁度これを発見して画面保存した直後ぐらいのタイミングで「グーグルアースの最接近表示が擬似立体表示に変わって」しまったので、今ではここまでアップにしようとすると方位が歪んでしまい、それらの各々がほぼ東西南北線に沿った直角構造となってることが確認しにくくなってしまいました。

    上のページのもっと前の箇所でスライド化してある「リンコナダ市西側の山頂部に認められる異常構造地帯」の様子は、最早いまの新しいグーグルアースの表示法では確認のしようが無くなってます。其処とその更に西側の「ハンコカラ地区の構造物群」についてはグーグルによって意図的に隠されるようになった可能性が高いと感じます。
    ( 異常構造物の痕跡が根こそぎ無くなってるからです。)

    それでも、「ルサニ周辺の山々の異常な形状の冠雪群」と上の「キアカ周辺の異常構造物群」は現在でも隠されておらず、そのまま確認が可能なのですが、その多くが山頂から続く急峻な斜面上の構造物なので、上述の通り詳しく見ようとアップにすると途端に擬似立体化表示に変わってしまい、同じ画面内の至る処で高度の違い故に方位が歪んで来てしまうのです。

    但し、ロシアの ( 核爆発の痕跡だらけで異常な構造物を地形としては確認する事の殆ど不可能な )「死の谷」地区などと比較しますと、このキアカやルサニ周辺の顕著な様相は、「散在する稼動中の人類外知的生命体の巨大な拠点群」と思しき構造物が、月面や火星に在るそれらと同じように、かなりハッキリと ( スケール線まで入れて ) 確認可能であるという点で、まさしく特筆大書されるべき超特ダネ地区であると考えます。

    これらの存在は無論、テレビ局各局、こうしたネタを扱いそうな番組の各々、制作プロダクション、新聞各紙、紙マスコミの各雑誌編集部 ( 学研ムー含 ) 、そしてペルーやボリビアのツアーを実施してる各旅行代理店などほぼ凡てに対して通知済みなのですが、残念なことに私の名前が絡んでるとなると日本のマスコミではもう全部がタブー扱いの話となってるものらしく、( 例の「集積回路湖」などは必ずしもETと関連付けなくても、その単純明解な特徴だけからも紹介価値は十分にある筈なのですが ) 完全にシャットアウト状態です。( 学研「ムー」までがですよ。多分「911のCG映像の暴露」と「かぐや画像の嘘の大量暴露」のせいでそうなってるのでしょうが。 )

    というワケで、他には殆どこれらの構造物についての情報はみつからないかも知れませんが、上のページと現在のグーグルアースでの件の場所を「怪奇動画ファイル」さんご自身で確認されての新しい記事を是非宜しくお願い致します。完全に孤立無援なもので。