発光しながら変幻自在に形を変えるUFOが、モスクワに出現!

近年、様々なタイプのUFOが数多く目撃されています。
モスクワに現れたUFOは発光しながら、まるで装飾品のように変形しています。

これは2011年1月、ロシアのモスクワ上空に現れたUFO映像です。これはいったい何でしょうか?

UFOは空飛ぶ未確認飛行物体という意味ですが、このUFOは物体という概念を超えています。夜空に光を放って、変幻自在に形を変えていきます。

その光の色と形が美しく、まるで夜空に浮かぶ装飾品のようです。

スポンサーリンク

モスクワ上空に現れた形を変えるUFOを、写真で確認してみると…

発光しながら形を変えるUFO(ロシア・モスクワ)1

▲最初は、このような細長い光であったのですが…。

発光しながら形を変えるUFO(ロシア・モスクワ)2

▲菱形に形を変えました。窓のようなものも見えます。
近年、ピラミッド型のUFOが多く目撃されていますが、その変形タイプでしょうか?

発光しながら形を変えるUFO(ロシア・モスクワ)4

▲さらに形を変えて、光の量も増しているように見えます。

本体のUFOから光を放って、夜空にイリュージョンを浮かび上がらせているのでしょうか?
そうだとすれば、何かのメッセージを伝えているのだとも考えられますが…。

UFOの種類と形状

UFOの10種類の形状を分類

▲UFOの10種類の形状

UFOと言えば、まずは「円盤型」が思い浮かびますが、他にも様々なタイプがあります。

上記は、1964年にアメリカのUFO研究団体「NICAP」が、UFOを10種類に分類した図です。
UFOと宇宙人の謎 (ほんとうにあった! ? 世界の超ミステリー) 並木伸一郎 監修より)

UFOの存在が人々に広く知られるようになったのは、1947年に起きたケネス・アーノルドのUFO遭遇事件の以降だと言われています。そして1964年には、早くも10種類のタイプにUFOが分類されています。

それだけUFOの目撃情報が、急激に増えたことを意味しています。

急激にUFOの目撃が増えている理由は?

しかし、近年では、とてもこの10種類の分類では収まらなくなりました。

今までに報告されていない異形のUFOや、UFOとすら言えないような生き物の(UFC:未確認飛行生物)のようなタイプまで、多種多様なUFOの目撃報告が増えています。

様々なUFOが目撃されているということは、様々な宇宙人が地球に来ている証拠とも言えますね。

但し、ここ数十年に限って、大挙して宇宙人たちが飛来してきたと考えるのは、ちょっと不自然です。そうではなくて、今まで存在を隠していた宇宙人たちが、意図的に姿を多く見せるようになってきたと考えるほうが、自然だと思います。

そうであるならば、あえてUFOが姿を現すようになった理由は、何でしょうか?

考えられる第一点は、宇宙人たちが「人類に向けてメッセージや警告を発しようとしている」ということです。

アメリカが原爆を使用した1945年以降から、急激にUFOの目撃が増えている点を考えると理解できます。
核兵器による地球滅亡の危惧を抱いている宇宙人たちが、地球上での小さな争いから目を覚まさせるために、自分たちの存在を示しているのかもしれません。

そしてもう一点は、「宇宙人たちが人類と接触しようとしている」ということです。

人類の成長を見守りながら、接触可能な時期を待っていた宇宙人たちが、これから本格的に接触を図るための下準備として、姿を見せ始めているのかもしれません。

この映像のUFOは、大国ロシアの首都に現れて、摩訶不思議な光のイリュージョンを見せています。自分たちの存在を、強く印象付けようとしたのかもしれませんね。

宇宙人も一種類ではないので、その現れ方も様々だと思います。今後もこのような変わったUFOが数多く現れて、世界の注目を集めていくのだと思います。

ネプチューン型のUFO

▲こちらの記事もあわせてご覧ください。
UFO? それともUFC? ネプチューン型のUFOを召還したロバート・ビンガム氏

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

発光しながら変幻自在に形を変えるUFOが、モスクワに出現!
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。

『発光しながら変幻自在に形を変えるUFOが、モスクワに出現!』へのコメント

  1. […] 現!! こちらの映像も、わせてご覧ください。 ⇒ http://machiukezoo.biz/archives/1684 […]