空飛ぶマシュマロマン? フライング・ヒューマノイド? 謎の未確認飛行物体

近年は、UFOも多種多様なタイプが目撃されていますが、今回、ご紹介するのは映像は、
UFOなのか、フライング・ヒューマノイドなのか、表現に困る奇妙な謎の未確認飛行物体です。

いったい何でしょうか? 奇妙な飛行物体が浮遊しているのですが……。

これは米国ロサンゼルス東部のセコイア国立公園の上空に現れた、謎の未確認飛行物体の映像です。2015年8月16日にYouTubeで公開されています。

ネットでは「ヒューマノイド型UFO」として紹介されています。でも、その姿からして、フライング・ヒューマノイドそのもの?と言っても良いのかもしれません。普通に見たならば、少なくともUFOの機体には見えませんね。

表現に困る謎の飛行物体ですね。映画『ゴーストバスターズ』に登場するマシュマロマンや、『スター・ウォーズ』に登場するストーム・トルーパーかミシュランマンなど、ネットでも様々に表現されています。

スポンサーリンク

写真で確認してみると…

フライング・ヒューマノイド

▲姿からすると、フライング・ヒューマノイドです。文字通り、空飛ぶ人間のような未確認生物なのですが、しかし、地上から肉眼でも確認できているようなので、かなり巨大ですね…。

特徴的なのは、光り輝いていることで、姿も変化しているように見えます。生き物のようでもあり、ロボットのようでもあり、まさに未確認飛行物体です。

20150907+2

▲今回の映像は、少なくとも3人がさまざまなアングルから撮影しています。他にも、多くの目撃者がいたそうです。

そうなると、CG編集によるフェイク映像ではないのだと思います。

類似の映像と比べてみると…

こちらは海外の映像のようですが、2015年に撮影されたフライング・ヒューマノイドの最新映像です。

ビルの横を浮上していくフライング・ヒューマノイドが捉えられています。ただ、ちょっと動きが不自然な感じなので、この映像自体にはフェイクの匂いが漂っていますね…。

こちらは以前、空飛ぶ馬(フライング・ホース)として話題になった映像です。UFC(未確認飛行生物)の一種として考えられていました。

しかしその後、フェラーリ社の広告用の跳ね馬のバルーンが、風に飛ばされて空中に浮遊していたことが判明したようです。

今回の映像も、映画などの宣伝用のバルーンが、風に飛ばされたと考えられなくもありません。

但し、バルーンであるならば、通常は映像のように光ることはありません。太陽の反射光ではなく、明らかに自ら光を放っているように見えます。

諸説いろいろと議論されているのですが…

キリスト教原理主義者たちの間では、この謎の飛行物体は「反キリスト」ではないかと疑い、近くキリストが再臨するに違いないと興奮しているそうです。

(反キリストとは、キリストの再臨を前にして、この世を悪で満たすと考えられているキリストの敵、すなわち悪魔のこと)

また、ある陰謀論者は、この謎の飛行物体は「ブルービーム計画」の一環であり、「とうとう“彼ら”が本気で動き出したのではないか」と戦慄しているそうです。

“彼ら”とは、世界を影で操る秘密結社のことで、大衆を奴隷化する「新世界秩序(ニューワールドオーダー)」という理想に向かって、人類に恐怖や危機感を植えつける「ブルービーム計画」を画策しているのだそうです。

UFOやフライング・ヒューマノイドだけでなく、このような様々な憶測を呼ぶこと自体、今回の未確認飛行物体が、いかに特異であるかを意味しているのだと思います。

宣伝用のバルーンであることが最も平和的に落ち着くのでしょうが、オカルトファンとしては、世界の常識を覆すような真実の解明に期待したいところです。
(参考記事:http://tocana.jp/2015/09/post_7255_entry.html