怪奇な姿のドラゴンが、イギリス上空に出現した! UMAか? 翼竜の生き残りか?

伝説のドラゴンを彷彿させる怪鳥が、イギリスの港町に現れました。
大きな翼を広げて飛んでいるリアルな映像が撮影されているのですが…

これは2012年10月、イギリスのコーンウォール地方の都市、トゥルーロで撮影された動画です。

雨を降らす灰色の空を背景にして、ドラゴンのような謎の生き物が、まるで獲物を探し求めているかのように、大きな翼を広げ、低空を飛んでいます。

襲おうと思えば、人間も襲えそうな大きさに見えます。その不気味な姿に驚いて、辺りが騒然としている様子が聞こえます。

ドラゴンの姿を、写真で確認してみると…

ドラゴンがイギリスに出現1

▲頭部には翼竜プテラノドンを思わせるトサカのような部位も見えます。あまりのリアルな映像に、捏造ではないか?との意見もあります。

ドラゴンがイギリスに出現2

▲大きな爪のついた長い翼を左右に大きく広げて飛んでいます。

しかし、進行方向に対して羽ばたいている動き方が生物学的には不自然であり、翼の動きに対して、なぜか逆らうようにして飛行しているように見えます。普通ならば、これでは進まないのではないか?ということです。

この点がCG合成の捏造映像ではないか?と疑われているようです。確かに、不自然な飛行ではありますが…。

ドラゴンは想像上の生き物ではなく、本当に実在していた?

想像上の生き物と考えられているドラゴンですが、イギリスには数多くのドラゴン伝説が伝えられています。実際にイングランド地方には、ドラゴンが家畜を襲って食い殺していたという文献も残されています。

1405年にイングランド地方スタウア川流域のピュアレスという町に、「ピュレスドラゴン」と呼ばれる凶暴な怪物が棲んでいたことを、当時の僧侶が書き残しているそうです。

ピュレスドラゴンは胴が太く、頭にはたてがみが生えており、ノコギリのような鋭い歯と、長い尾を持っていたと具体的に伝えられています。

また、この動画と同じくコーンウォール地方のモウマンという村に、1976年4月から1978年にかけて、大きな翼を広げて飛ぶ怪物「オウルマン(フクロウ人間)」が地元住民に目撃されています。

オウルマンは真っ赤な目をして、カギ爪の手足を持ち、体長は1.5~1.7mほどで、人間とフクロウが合体したような姿であったとのことです。

オウルマン(コウモリ人間)の目撃スケッチ

▲1976年の最初の目撃者である12歳のジェーン・メリングが描いた目撃スケッチ

イギリスはオカルト大国であり、UFO、宇宙人、幽霊、UMAと、何が現れてもおかしくはないお国柄であるため、このドラゴンの映像に対しても懐疑的な意見ばかりではないようです。

果たして、古くから言い伝えられている伝説のドラゴンが現れたのでしょうか? それとも翼竜プテラノドンの生き残りなのか、あるいはオウルマンのようなUMAなのでしょうか?

今後の研究が進んで、正体が解明されることに期待したいと思います。

▲謎のドラゴンが出現した英国コーンウォール地方の都市トゥルーロ

トゥルーロは、港を介しての貿易の中心地として栄え、その後、炭鉱産業の発達による「錫の街」として成長しました。
14世紀の初頭までには重要な港町となっており、オウルマンが出現した町としても知られています。

未確認生物を溺愛する研究者たちが大議論!
山口敏太郎氏の秘蔵UMA資料から450体を紹介する貴重なデータベース付き!

スポンサーリンク


シェアして頂けると嬉しいです!

怪奇な姿のドラゴンが、イギリス上空に出現した! UMAか? 翼竜の生き残りか?
この記事が、おもしろいと思ったら、
いいねをお願いします。
「怪奇動画ファイル」の最新投稿をお知らせします。

『怪奇な姿のドラゴンが、イギリス上空に出現した! UMAか? 翼竜の生き残りか?』へのコメント

  1. […] 出現した!? こちらの映像も、あわせてご覧ください。 ⇒ http://machiukezoo.biz/archives/360 […]